日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『白雪姫と7人の囚人』第20話 死力-1-  

こちらも何か特集記事を組みたいと思っています。
毎週の感想記事を何とかするのが先ですけれどね。

さて、尊くんのあの一件から、更に燃り上がって、
ここで、こんな展開とは。ますます堪りませんね。

これより先、未読の方はご覧になりませんように。



追う者と、追われる者、
追う者と、背負った者。


- 東 京 闘 争 戯 曲 -
白 雪 姫 と 7 人 の 囚 人
SNOW WHITE & SEVEN DWARFS

第20話 死力-1-


当然のことですが、「逃げながら戦う」今の戦況は単純に燃えますね。
圧倒的に不利であればあるほど、当然大逆転に期待も高まりますしね。

正に『東京闘争戯曲』であり、
また『東京逃走戯曲』である。

そう思って読むと味が増して、
一度で二度、三度と楽しめて、
色々な表情や心情を浮かべて、
想像を巡らせるのも一興です。

シリーズ第一作目の『仮面ライダー』や、
荒木飛呂彦先生の『バオー来訪者』など、
一度は悪の手に掛かった正義が、組織から逃げながらも立ち向かう、
という展開が堪らなく好きな私にとって、正にストライク直撃です。
あとは、逃走とはまた違うのですが、『セーラー服反逆同盟』とか。

そして、逃走に続いて、お約束の検問の場面がまた良いですね。
仲間が集まっていく過程も好きですが、こういう場面も好きで、
こうして本作ならではの設定や世界観が味わえるのが良いです。

前回までの尊くんの展開が最高だった訳ですが、
今回は敵側のあの二人の展開がまた良いですね。
煙草を吐き捨てる赤銅隊長の瞳の鋭さが最高で、
更にその直後のポーズも最高に格好良いですね!
それに対する天城屋副隊長も良い味出してます。
男前で長髪と来たら『悪魔城ドラキュラ』の彼、
あの血族&アルカードを連想したりもしました。
まあ武器は天城屋副隊長の方とあべこべですが。

更に、尊くんたちの方にも、ここで次の展開が。

この名医も、順当に考えて7人の囚人の一人か。
『名医』と『ちょっと変わった人』のどちらも、
『適合者』であることを思わせるところですし、
何にせよ、これでまた戦況が少しは変わるかと。

勿論、宗一くんや今のメンバーのチームプレイ、
そこにも期待していますけれどね。もう楽しみ。

他力本願や都合の良い救済などないでしょうし、
それよりは、今ある力や連携で切り抜ける方が、
私は好みですし、私なんぞが言うまでもないし、
期待はあれど、不安も心配もなく楽しみな毎週。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1374-53a5862c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。