FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

『ストロベリーナイト-見えない雨-』第10話 接近  

ここに来て、このサブタイトルとは。
私が過剰反応しないはずもないです。

今までの感想記事(勿論、それぞれに総て別の作品)で、
『接近』と来たらナンノだと(南野陽子さんのことね)、
言わずにいられない世代ですので、これだけでニヤリと。

連載の話数も二桁に突入。これは嬉しい限りです。
まあ、そのくらい続けないと描ききれませんしね。

前回の構成も非常に丁寧だと感じていますけれど、
今回もまた同様の印象を抱きました。良いですね。

さて、以下は今回の内容に言及した感想ですので、
未読の方々は、これ以上ご覧になりませんように。




実写版とはまた違った感じで、玲子ちゃんの愛らしさが巧く描かれていますねー。
何気ないようなコマでも、そういった味わいがあるのが私的に好きなところです。

そして、あのお偉いさんが登場したとなれば、
ここで、更なる登場人物に期待するところで、

いよいよガンテツ登場!

実写版の武田鉄也氏の演技や、髪型や服の着こなしなども非常に好きだったので、
漫画版ではどんな感じかと、今までの人物ち同様に楽しみな要素の一つでしたが、
漫画版のガラの悪さとイカツイ感じ、いやー期待を裏切らない風貌で良いですね。

ガンテツの捜査(違法捜査、金で物言わすやり方、暴力)、
個人的には好きじゃないですが、ドラマの味付けとしては、
こういう刑事がいるといないのとでは、全く変わりますし、
その意味では、味のある人物です。スパイスが強いですが。

武田鉄也氏のガンテツだから自分はあそこまでしっくり来たと思うのですが、
それを差し引いた漫画版でどんな印象を抱くか、それも自分で楽しみでした。
実写版を抜きにしたなら、やっぱり嫌な奴という印象が強いですね。
って、実写版でも充分嫌な奴ですし、そもそもそういう役所ですが。

そして、ラストは当然ながら、あの二人が……。
展開や結末がわかっていても、毎週楽しみです。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1373-30b602c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top