日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヒトヒトリフタリ』Life65 冷温停止へ  

先日の『セックスワーク・サミット2013@渋谷<デリバリーシンデレラ祭り>』の為、
渋谷まで足を運びましたので、帰ってきてから再読すると、また違う読後感がありましたね。
止まらない狂気、悪魔の暴走で、荘一郎の元に集まった国民にも魔が降り注ぐ地獄絵図……!

以下は今回の内容に言及した感想となりますので、
未読の方はご覧にならないようにご注意ください。


眼に見えない放射能。

眼に見えない魔の嵐。



眼に見えない守護霊。

この国の希望は、ヒトに見えない生命と少女に託された。

日本国民必読。今、ヒトに見えない真実が可視化される!

審判の瞳の奥へ。

選ばれしヒト・身の奥へ。



ヒトヒトリフタリ

Life65 冷温停止へ



冒頭でも触れたことですが、駅や電車、国民の集まりなどが描写され、
また、電車の中で読まれる新聞の見出しなど生々しい描写が堪えます。

こういう描写はリアルでとても良いですね。凄く突き刺さってきます。



久保光司による無差別大量虐殺は止まりません。
誰彼構わずに魔の嵐が襲い掛かる地獄なのです。



ここで、その久保光司に文字通り「毒された」大希くんが久々に登場。
やはり、『瞳』もその周りも翳っており、生彩を欠いた傀儡の姿です。

そこに、真峰さんが接触。

荘一郎の使いであることを告げて、彼の伝言を伝えようとするも、
荘一郎の伝言など聞く耳を持たないという態度。去ろうとします。

待って
ください

重要な話
なんです


日本と

あなたの
お父さんに
とって

彼の父親である泉美純元総理の名前を挙げると、
立ち止まって、真峰さんに視線を寄越しました。

ここで真峰さんは、泉美元総理を倒したのは他ならぬ久保光司だと告げるのでしょうが、
大希くんは百も承知で、恐らく驚きもせずに淡々と応えて跳ね除けてみせるのでしょう。

そして、彼にヒトの心がまだ残っているかどうかが、重要な気がします。
久保光司と同様、完全に闇に堕ちてしまうか。それとも留まれるか……。

親子の確執も(大希くんからの一方的な形ですが)、
ここに来て最高に活きる形になったのは流石ですね。
このフタリもまたヒトとヒトとの対峙の構図ですし、
この皮肉な関係性もまた実に秀逸な魅せ方だと痛感。



そして、国民の大歓声が響く中で、
リヨンがライフボールを浮かべて、
それどころか残りの寿命の総てを、
一挙に並べてみせたのは圧巻です。

予め覚悟して、わかってはいても、
やはり、こうして視覚に迫るのは、
また違うもので、思わず絶句です。

ライフボールを眼にした時、以前の感想でも書きましたが、
やはりBUCK-TICK『ヒロイン』のジャケットを思い返すところです。

469個…

これが
おっさんの寿命
すべてや



改めて見ると
あっけないもん
だな

少ないのか
多いのか
よくわからん

けど
キレイや

ヒトの
命ってのは
輝いとる



おっさん

久保は
原発の近くから
こっちへ向けて
魔を打っとる

ほな この命…
ヤツに ぶちこみに
行ってくるわ



ああ

頼んだぞ
リヨン

けど
おっさん

確実に
2012年は
来いひんよ



この大震災の


この国のために
命を使えるなら
本望だ




このシーン、やはり泣いてしまいました。
この時の荘一郎の表情がまた、もう……。
微塵も揺らがず、前を向く強い瞳がもう。

第1話でグラスを持っていた時のあの表情とは本当に『別人』ですね。

第1話と言えば、あの時点で荘一郎の寿命は既に『518日』でした。

これでさえ我々の感覚からすれば『短すぎる』のに、なんという決意。


思えば、彼も『一度は死の淵まで落ちた』ヒトであります。
そして、そこから文字通り『引き摺り上げた』のがリヨン。

このフタリの絆、この時に強く深まったことを改めて痛感。

このまま
ほっておいたら
513日 何にもせんで
済む

そやけど 黙って
見とくような
ズルはせェへんで

えーか
おっさん

人は
一人でも

一人や
ないんやで

必ず守って
くれる守護霊が
おるんや


感謝せぇよ

(『ヒトヒトリフタリ』Life3 ブラックアウト参照)

あの荘一郎が、
あのリヨンが、
それぞれに傷つき、立ち上がり、
それぞれに成長して、フタリで、
今やこうして素晴らしいコンビになりましたし、
荘一郎がリヨンを支えた場面も多々あって感激。

正に望んでいた最高のフタリになってくれましたから、感慨深いです。
そして、今からまたコミックスを最初から再読すると、物凄く興白い!

これは懐かしさだけではなく、序盤の展開や、フタリの関係性なども、
大きな要因でしょう。読めば読むほど、無駄がないことがわかります。

これまでのフタリの道程や戦いは、決して無駄ではありませんでした。
そして、勿論これからも。ヒトの生き様はこんなにも輝くのかと脱帽。



次の場面で、リヨンが空から舞い降りるのも、
第1話や序盤を想起して、胸が熱くなります。




ここが
魔の発信地や




わりと
早かったね

さすが
総理大臣…
覚悟するのが
早い…



遂に、運命の対峙です。

そして、次の場面がまた実に秀逸なのですが、
真峰さんが大希くんに伝言を伝えようとして、
こちらはこちらで、リヨンからメッセージを!
実にニクイ構成です。これは唸らされました。

久保…
総理大臣からの
メッセージや

へェ

聞きたい




「お前も大切な
国民の一人」…

「必ず救い出す」
ってな



嬉しいね

国民として
認めてくれて

でも リヨン

キミは総理に
伝えたのかい?

このまま
ボクと
戦うと
キミの魂は…

消滅して
無になるって



ククッ

総理は
死んだ後 霊界に
上がれるのに



そんなことは

お前に
関係あらへん



揺るぎなきMESS-AGE。切り拓くPASS-AGE。白と黒。ヒトとヒトの戦い――!



なるほど、リヨンが言えずにいたのはこのことだったのですか……。

Gargoyleで言うところの『kakera reincarnation』と、『消滅』や『破裂願望』の違いなど
想起しますね(そのまんまなのですが)。

『空』とは「あるべきものがそこにない」こと。
『無』とは「最初からそこには何もない」こと。

この違いは、あまりにも『大きい』です。

存在そのものが『ゼロ』になるとは……。

ここで思ったのですが、荘一郎が総てのライフボールをぶつけて久保光司を倒し、
そして浄化させ、荘一郎は寿命がゼロになって死んだ後に霊界で守護霊になって、
リヨンを後から助けるという展開なら、正にゼロとゼロで∞になるのですけれど。

そう都合良くは行かないのか……。

どうしても『無』がネックですね。

霊界の教頭先生や校長先生などが、
無になる前に救ってくれたら……。

でも、きっとそうはならないかと。

「終わりがあるから今を必死に生きる」のだと思いますしね。

リヨンも最早『修行』と別の次元で荘一郎と繋がってますし、
この『フタリ』ならどんな最期でも悔いは残らないはずだと、
そう信じて最後の最後の最後までゼロまで見守りたいですね。
関連記事
コメント

Shining Tears

フタリを照らし

闇に 白く咲いた

bV

伝えて 感じて

出会えて 愛して

君と いれば 君が いれば

本当の 心に 繋がる?

bV

「死」が、フタリをわかつまで

たとい“死んでも、生きられる”としても

誰が、永久の別れを免れえよう

『人間が 幸せを感じる 数少ない瞬間がある』

たとい肉無き霊の身であっても、それを成しえるのなら

彼女は今、其処に「生きて」存在する

そして相棒と共に、為すべき事に「命を懸ける」。その、光


はたして無とは、消滅とは。存在が、その痕跡までもが?

“見えざるもの、形無きものは必ず忘れ去られる”

だが何もかもが消し去られても、誰もその存在を知らなくとも

フタリがフタリだったことは、そのあかしは、きっと

ALORC #GpJA0K56 | URL
2013/03/21 01:10 | edit

内から外へ。

目に視えない『守護霊』というところ(『放射能』もそうですが)、
改めて痛感する事態ですよね。

仰るように、『フタリの証』は、
誰も知らなくても、
誰もわからなくても、
誰も気づくことさえできない現実の中でも、
我々『読者』の心には届いています。

そして『読者』の心から、
この作品が、今以上にもっと『現実』に響けば嬉しいです。

私はそれを信じて、今後も応援していきます。

如月 #ksMIDlhw | URL
2013/03/22 00:00 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1336-225f746e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。