FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

当ブログは、以前からフォビドゥン澁川先生推しですが、
前回の掲載に続き、なんと二週連続本誌掲載という僥倖!

七度目の僥倖がここに! 禁断のセブンスヘブンでせう!

今のこの勢い、今までの代原枠常連の月イチ連載からも、
単行本の刊行も、決して夢じゃなく現実味を帯びてきて、
というか、もう既に本誌購読者からすれば常連さんです。
フォビドゥン澁川先生は本誌の巻末の顔になりつつある!

もう「連載」で良いじゃないですか(切実)。

何か掲載されること自体がネタみたいな扱いですけれど、
それはそれでオイシイのかもしれませんが、
連載希望で!
無論、今週のアンケートハガキでも言わずもがなの推し。
浦田*カズヒロ先生とフォビドゥン澁川先生は本誌希望!

というか、自分の周りのヤンジャン繋がりの方のブログ、
あるいは、ツイートなどでも散見される話題なのですが、
ヤンジャンのギャグ作品、どうも定着しない感が強くて、
だからこそ、フォビドゥン澁川先生の七度目の僥倖には、
そして、変則的な形ながらも続けて掲載された事実には、
喜ぶべき、期待すべきことが沢山あると思うのですよね。
『となりのヤングジャンプ』行きという可能性もあるか。
どうもウェブコミック含めた可能性も考慮すべきか……?



ちなみに、フォビドゥン澁川先生の奇跡の軌跡は以下に。

三度目の正直(2012.11.10)、

四度目の復活(2012.12.06)、

五度目の覚醒(2013.01.04)、

六度目の幻聴(2013.02.15)、

いかがでしょうか。げに連載希望したくなったでしょう。
フォビドゥン澁川先生を応援してきたくなったでしょう。

と言う訳で、以下に今回の感想を書きたいと思いますが、
いつものようにニ分割せずに、一気に公開しようかなと。
分割が面倒なのではなく、ネタばれ配慮したという話ね。
それでも色々な意味で怖いという方は、以下はご注意を。



以前からつくづく痛感しておりますが、毎回秀逸ですね。
特にタイトルからも明白な、本作ならではの独自センス、
更に過剰にして箇条な美と破壊を添えるキャラクター性。
唯一の常識人であるツッコミの夏海ちゃんの絡みが最高。
厳密に言えば、常識人以前に登場する人物自体がそうで、
毎回のコンビ(?)なので、どの回からも楽しめますね。

今回の攻勢の構成で、もう少し突っ込んだ感想を書くと、
式部のあの時のしてやったり感なりきりんぐなドヤ顔と、
その後に解除して、息を吐いた時の表情が堪らなくツボ。

そして、最後のページでもやられたわと唸らされました。
このオチ、正に式部のゴーイング・マイ式部感が強くて、
式部らしい、脳みそパープル感で上手い締め方でしたね。

※何気に、読者にとって最後のページは要注目&期待大。
何故なら、ここで次の掲載を匂わせるアオリ文や柱文や、
何らかの情報か、希望があることにも期待するからです。

と思って、最後のページに胸をときめかせてみたら……。






起きろよ。

「息切れ…?してないっす!!」

じゃなくて! 次の告知をしてょ!!
次に期待してます! ずっ友だょ!!

今までの流れからすると、三月に掲載されるのが順当なところ?
ただ、新連載が増えてきて本誌自体が革新されてきているので、
今までの代原枠ポジション月イチ連載が該当するかどうか……。

さて、今回の感想記事はいつもと違った仕掛けを文章の外側に。
そのヒントは、フォビドゥン澁川先生と、セブンスヘブンです。

七度目の掲載を祝して。これからの飛躍とご活躍を願って……。

ずっ友だょ!!
関連記事
コメント

キャワワワが来週終わるみたいなので
ギャグ枠が1つ空きますしね!
(キャワワワもすごく好きなのであまり喜べませんが)
ただ、代原枠で高頻度の不定期連載という面白ポジションも捨てがたい…

ってか、いつからか分かりませんが
読みきり作品は「感想お待ちしております!」が通例である
目次の質問に対して普通に回答していることを今回知ってふきましたw

アカネ #- | URL
2013/02/25 03:58 | edit

来週から『ふたりはジョバババ』希望。

きみだらコンビで。

>キャワワワもすごく好きなのであまり喜べませんが
わかります。自分も全く同じです。
これはショックでしたよね……。

各作品の感想記事が遅れていますが、
実は、キャワワワの記事もひとつ予定しています。

>ただ、代原枠で高頻度の不定期連載という面白ポジションも捨てがたい…
ですよね。妙なポジションですよね(笑)。
載ること自体がネタみたいな。

>目次の質問に対して普通に回答している
式部は大概このパターンだったはず(笑)。
大石先生の『中2神アッテーナ』も、確か似たような柱文&普通に回答だったような。

ともあれ、ヤンジャンでギャグがあまり定着しないこともそうですが、
それ以前に、また本誌そのものが変革の時期のような気もしますよね。
次号から梅澤先生の新連載も始まりますしね。
『短期集中連載』というのがひっかかりますけれど。

如月 #ksMIDlhw | URL
2013/02/25 23:14 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/1308-7364a6bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top