日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天空侵犯』第26話 あなたのために  

私以外にはどうでも良い話だと思われますが、
やっぱりL'Arc~en~Ciel『あなたのために』が瞬時に浮かびました。
大好きな楽曲です。

ちなみに、コミックスの単独記事はこちら。

原作/三浦追儺 漫画/大羽隆廣『天空侵犯』第1巻(講談社コミックス デラックス)

こちらは紹介記事を意識したコミックス単独記事ですけれど、
判断はご覧になる方に委ねようかなと。
一応、未読の方はご注意くださいと、注意書きはここでしておきます。



さて、以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。



マンガボックス公式サイトで絶賛連載中!!

待望のコミックス第1巻も好評発売中!!


原作:三浦追儺
作画:大羽隆廣


天 空  犯


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

日中のテンションをハイにして保つ方法。  

駄文と日記です。

月末で帰宅が遅くなり、晩酌しているうちに寝てしまうパターンですね。
今日はそうならないように、今のうちにブログを開いておこうかなと。

まあ、今も呑みながらですけれどね。

ビールとレモンエナジーチューハイのちゃんぽんで、
おつまみにパブスティックです。まったりと良い感じです。

さて、件名について触れます。

自分は日中に運転している時間が長いので、
やっぱりカーラジオは欠かせない旅のお供です。

もう一つは、自分で歌うことですね。

今日はヒロミ・ゴーが延々脳内ループで、これが効果絶大。

バラードはさておき、アップテンポな楽曲における彼の魅力って、
誤解を怖れず換言すれば「病的なまでの根拠なき躁なパワー感」なんですよね。

真面目な話、これってとっても大切なことだと思うのですよね。

俯いて不貞腐れているだけの人や愚痴ばかり零す人と、
辛くても笑顔でいる人と、どちらが幸せを呼び込むかは言わずもがなですしね。

その意味でもヒロミ・ゴーは本当の意味でのエンターテイナーであり、
スーパースターです。真のプロフェッショナルです。格好良すぎます。憧れますね。

今日も脳内でヒロミ・ゴーコンサートでした。
脳汁ダダ漏れでハイなのが、自分でもはっきりわかります(変なクスリはやってません)。

ちょうど99枚目のシングルリリースでゲスト出演が多いタイミングですが、
それを差し引いても、この暑さになると、あの名曲が流れることが多いですからね。

つまり、換言すると「良いこと、楽しいことだけ考える」訳ですね。

音楽や歌、ラジオなどの聴覚以外のことであれば、
「あともう少しで、楽しみな漫画やCDの発売日だなあ」とか。

強引だろうと、無理矢理だろうと、前向きな思考を意識すること。
そうすると、感化されて行動もそれに引き摺られるような気がするんですよね。

特に自分は単独行動が大半なので、自分を動かすのも止めるのも自分次第ですし。



そんなことを思いながら過ごした一日でした。



帰宅して夕食に夏野菜カレー。その後に、上述の通り、晩酌。

■今日の音楽

FLYING KIDS
アルバム『FLYING KIDS』

やっぱり、いつ聴き返しても堪りません。
よくもまあってくらい私のツボな名曲だらけの大好きな名盤です。

今聴いても新しいです。

本当に堪らないのは、今の彼らが一番格好良いことですけれどね。

『極黒のブリュンヒルデ』第102話 傷痕  

何だかんだで遅れてしまったので、さくっと行きます。

ここで、例によって同じ愛読者様の感想ブログのご紹介を。

□本誌感想ブログ

■或 犬良さんの『夕暮れナンセンス ネクサス』

■ALORCさんの『ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook』

■アカネさんの『しょせん、吹き溜まりinスペース』

□アニメ版感想ブログ

■白河清巳さんの『白河屋』

■らっちさんの『路地裏散歩』

それぞれのブログについての紹介文は、こちらこちらに書いたことがあります。

宜しかったらご参照くださいませ。そして、それぞれのブログへレッツゴー。

以下は今回の内容に触れた感想となってます。
本誌未読の方は、くれぐれもご注意ください。



『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

既刊全巻重版出来! コミックス第1~9巻絶賛発売中!!


TVアニメ絶賛放送中!!

『週刊ヤングジャンプ』本誌で特集コーナーも開始!!
『極黒のブリュンヒルデ アニメ報告書 TELESCOPE』も好評連載中!!


ノベライズ版も好評発売中!!



極黒のブリュンヒルデ

第102話 傷痕



-- 続きを読む --
本誌公式サイトにて、第一話目を無料公開中ですので、興味がある方はご覧ください。

以下は今回の内容に触れた感想となっていますので、未読の方はご注意を。



“新華”繚乱!
ヤングジャンプ
創刊35周年記念

新連載
第1弾


少女が勇気を灯す時、この世界は光り始める。

剣光妃

日ノ国大帝國軍
くれない一騎当千隊


野口こゆり

第六話入隊選抜試験<五>


-- 続きを読む --
諸々の感想記事が遅れているので、さくっと行きます。

■『横浜線ドッペルゲンガー』とは?

以下に、本作の特色とあらすじを。

一応、ネタばれに配慮したつもりですので、
未読の方でも、ここまでは大丈夫でしょう。

「まだ起きてもいない殺人事件の捜査を開始する」という堪らない作劇、
「死んだ自分が11年前にタイムスリップして過去の自分と組む」設定、
「過去から来て、未来に介入して、事件を防いで、未来を変える」展開。

本作ならではの切り口に、連載開始当初から期待が高まっていました。

そこに来て、遂に被害者となる人物に犯人が……というのが今の展開。

気になった方は是非とも、ヤンジャン本誌をご覧くださいませ。
宜しければ、アンケートでプッシュして頂けると私が喜びます。

今回の本誌では『横浜線ドッペルゲンガー REPORT -1-』という特集記事もあります!!

これは嬉しい!!

私の下手なあらすじなんかより、そちらを読んだ方が良いです。
ナンバリングがあるということは、当然今後も期待できそうです。

それでは、感想を。

以下は今回の内容に触れた感想です。本誌未読の方はご注意を。

2011年新人賞グランプリ作家連載デビュー!!

衝撃のクライムサスペンス!!


 横 浜 線
YOKOHAMA LINE Doppelgänger
ド ッ ペ ル ゲ ン ガ ー

玉木ヴァネッサ千尋
Tamaki Vanessa Chihiro



-- 続きを読む --

『妖怪少女 -モンスガ-』第11怪 八つ肢姫!!です♪  

毎週毎週面白くて堪りません!

本編は勿論のこと、今回の本誌も嬉しい展開の連発です!

以下は今回の内容に触れた感想ですので、
本誌未読の方は、ご注意くださいませー。

ヤンジャン本誌公式サイトにて第1怪から第3怪まで公開中!です♪
誰でも試し読みができますから、気になっている方にオススメです。

特別読切『もももけSUPER』も読めますので、是非ともご賞味を♪



ふなつかずき先生の新連載!!

『華麗なる食卓』のふなつかずき先生が描かれるアキバ発バトルラブコメ!!!

大 絶 賛 連 載 中 !!

第3怪まで本誌公式サイトで配信中!!

轆花ちゃんのツイッター公式アカウントも開設!です♪



更 に 熱 い 新 展 怪 に 突 入 !!

更に重大ニュース!!

本誌25号では巻頭カラー!!

更に、特製超豪華両面スペシャルピンナップ付き!!


これはヤンジャン本誌として極めて珍しいことですので、
いつもはコミックス派という方も、気になるようであればゲットを推奨します。



うちのへっぽこビギナーズガイドは、こちらです。

『妖怪少女 -モンスガ-』第例怪 モンスガのビンビンビギナーズカイド!です♪

無論、上述の通り、本家本元のふなつ先生の本編&公式サイトが一番ですよー。

本作は、どの回から読んでも、充分に楽しめると思いますし、
今なら、どこからでもすぐに追いつきやすいと思いますので、気になる方は、是非ご一読を♪

リニューアルされた先生の公式サイトも必見!!

こちらもモンスガ仕様で、めっちゃ綺麗で愛らしいデザインです。堪りません!
正に、きゃわわ祭り仕様ですし、先生の公式情報、公式ブログも充実してますので、是非♪



それでは、感想を。

ふなつ先生の漫画で、あなたもぱにゃにゃ~ん!

よっしゃぁ~いくぞぉ~!!

ぱにゃにゃ~ん♪



-- 続きを読む --

『僕のおじいちゃんが変な話する!』第24話  

五月も残すところ僅かとなりました。

連載も半年を越えた訳で、実に感慨深いですね。
もう一か月と少し待てば、待望のコミックスも手に入りますし、
下半期も浦田先生祭りで、ますます盛り上がるでしょう。

嬉しい限りです。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、ご注意くださいませ。



-- 続きを読む --

『BLEACH』581.THE HERO 2  

正に怒涛の展開が続いていますね。
ここ数ヶ月間盛り上がりっぱなしで堪らないです。



以下は今回の内容に触れた感想です。未読の方はご注意を。



-- 続きを読む --
東映さんの特撮YouTube Officialで配信中でござりますです♪

とても想い入れがある作品なので、やっぱりいつ視てもときめきます。

今回は「一度(いや何度も)視て結末を知った上で、再度視て感想を綴る」試みです。

予めご了承くださいませ。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意を。



-- 続きを読む --
東映さんの特撮YouTube Officialで配信中でござりますです♪

とても想い入れがある作品なので、やっぱりいつ視てもときめきます。

今回は「一度(いや何度も)視て結末を知った上で、再度視て感想を綴る」試みです。

予めご了承くださいませ。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意を。



-- 続きを読む --
東映さんの特撮YouTube Officialで配信中でござりますです♪

とても想い入れがある作品なので、やっぱりいつ視てもときめきます。

今回は「一度(いや何度も)視て結末を知った上で、再度視て感想を綴る」試みです。

予めご了承くださいませ。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意を。


-- 続きを読む --
東映さんの特撮YouTube Officialで配信中でござりますです♪

とても想い入れがある作品なので、やっぱりいつ視てもときめきます。

今回は「一度(いや何度も)視て結末を知った上で、再度視て感想を綴る」試みです。

予めご了承くださいませ。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意を。


-- 続きを読む --

NON先生の新作『ハレ婚。』が6月23日から新連載決定!!  

この時をずっと待っていました。

NON先生ご本人様から公式発表がありました。

6月23日発売の『週刊ヤングマガジン』30号から、

『ハレ婚。』

新 連 載 決 定 !!



バンザイ!

バンサイ!!

バンザーイ!!

6月23から『週刊ヤングマガジン』定期購読&アンケート毎週投函ラヴ推し確定。

タイトルと告知イラストからして、もう期待が高まる一方です。

そこからどんな作風になるのか、想像が膨らみますね。

『デリシン祭り』の時に話してくださった構想を思い返したりもして、ニヤリとします。

歴史的名作『デリバリーシンデレラ』で、辛くても今を戦う女の子を描かれたNON先生。

『BENI ~くのいち2250~』でまた違った女性像を掘り下げられ、
デリシン連載終了後の特別読切『フーコの黄色い靴』では、心あたたまるお話を描かれ、
NON先生の次回作はずっと楽しみにしていました。

ほぼ毎日足を運ぶ行きつけの書店でも、
店長様と打ち解けてお互いのオススメなどを話すようになった時に、
真っ先に私のバイブルだと申し上げたのがデリシンでした。

『デリバリーシンデレラ』は私の人生のバイブルであり続ける生涯の名作です。

そして、そんな名作である「デリシン越えを達成できるのはNON先生だけ」です。

今がその時なのだと感じました。

NON先生にしか描けない女と男のドラマになると確信しています。

私にとっては6月23日は歴史的瞬間になると断言しておきます。

まさか、ヤンジャンとヤンマガのダブル定期購読になるとは。
嬉しい悲鳴です。私の身体中の細胞が喜んでいるようなときめきです。



NON先生、おかえりなさいませ。『ハレ婚。』を愛読します。

二歩先の視点  

ロックバンドC4のTOKIさんが仰っていたお言葉を思い返した日でした。

自分は日々の生活をやりくりするのでいっぱいいっぱいなので、
ついつい目先のことだけに囚われたり、視野が狭くなりがちですけれど、
今日はそのお言葉を思い返し、ぐっと我慢しました。

この我慢が明日に、明後日に繋がると前向きに解釈しています。

そして、敬愛するGargoyleのKIBAさんのお言葉も思い返しました。

5000円しか持ってない人が10000円の服を買うことはできないけれど、
Gargoyleというバンドは、その5000円の中で好きな服を選んで、
その中で思う存分とことん愉しむバンドなのだと、
以前のインタビュー記事で例えて仰っていたことを思い返しました。

分不相応な贅沢ではなく、手の届く範囲のことこそ、発想や工夫次第で幾らでも愉しめる。

改めて思い返しました。ここで散財してしまってはいけないなと。

趣味もブログも、背伸びせず、できる範囲でまったりやろうと改めて思いました。
勿論、今までもそう思ってやってきたし、何ら変わらないのですけれどね。

『ギャングース』第4巻を購入して帰宅。

今日は気兼ねなく呑めるので、晩酌。

と思いきや、家の用事は朝一からだと言われて、あららと。
なので、一本だけで留めておきます。

呑みながら、東映さんの特撮YouTube Officialを観賞しています。

『電磁戦隊メガレンジャー』も良いですね。今でも全く変わらず愉しめます。

さて、寝て起きたら朝一から用事なので、更新はそんなにできないかなと。

『仮面ライダーキバ』第10話「剣の舞・硝子のメロディ」  

東映さんの特撮YouTube Officialの配信と共に、感想を。

今回は「一度(いや何度も)視て結末を知った上で、再度視て感想を綴る」試みです。

予めご了承くださいませ。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意を。

キバって視るぜ! ウェイクアップ!


-- 続きを読む --
東映さんの特撮YouTube Officialの配信と共に、感想を。

今回は「一度(いや何度も)視て結末を知った上で、再度視て感想を綴る」試みです。

予めご了承くださいませ。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意を。

キバって視るぜ! ウェイクアップ!


-- 続きを読む --

ここに来て、周回遅れ要素が皺寄せ。  

五月も何とかやりくりできました。

我ながら第一声がそれかよって思いますが、
胸を撫で下ろしているのが本音だったりも。

今日は仕事が遅くなるのがわかりきっていたので、
更新できても一件くらいだよなあと思っていたら、
車の調子が良くないことが気になってヒヤリ……。
オイル交換をするにも、帰りのこの時間だと……。
ちょうど帰り道に、まだ開いていましたから直行。
警備のおじさんだけいるタイプじゃなくてセーフ。

と言う訳で、ただいまガソリンスタンドにいます。



日曜は家の用事で潰れることが確定していたりと、
何だかんだで用事が入ってきて、何だかなあです。
明日が更新できるチャンスだなと、意識しました。

でも、明日から『キカイダー REBOOT』公開なんですよね。

これだけは欠かせません(無論、前売り券は購入済み)。

あ、オイル交換終わったので帰りまーす。

『東京喰種‐トーキョーグール‐』#127[堅縁]  

今夏のアニメ化の前から、嬉しい展開が続きますね。

連載開始からずっと愛読してきて、堪らない想いです。



コミックス第11巻、緊急重版決定!!

コミックス第12巻は6月19日発売予定!!

TVアニメは7月放送開始!!

そして、待望の小説版第2弾が、
コミックス第12巻と同時発売決定!!


『東京喰種-トーキョーグール-[空白]』

発 売 決 定 !!



更に、新創刊第3号『ミラクルジャンプ』Jul.で、
本誌表紙&新連載・小説版第3弾!!


『東京喰種-トーキョーグール-[昔日]』

原作・イラスト/石田スイ先生 小説/十和田シン先生

新 連 載 開 始 !!



以下は今回の内容に触れた感想となります。
本誌未読の方は、ご注意くださいませ。



血は止まらない。生きる為に喰らう。生きる為に殺す。

東 京 喰 種
トーキョーグール

#127[堅縁]


-- 続きを読む --
『ミラクルジャンプ』新創刊第2号で、げに重大発表あり!!

犯 行 声 明 文 掲 載 !!

フォビドゥン澁川先生の『パープル式部』

長き代原連載を経て、遂に事件の時!!

『週刊ヤングジャンプ』27号(6月5日発売)より、

新 連 載 開 始 !!



代原連載をプッシュし続けた日々……。
思い返す度に目頭が熱くなります。この時をずっと信じて応援してきました。

本当に長い戦いでした。感無量であります。


今までに掲載されたフォビドゥン澁川先生の『パープル式部』、その魂と奇跡の軌跡、
そして、代原連載を愛読してきて、今までに綴ってきた感想は以下の通りです。



※式部もMJ出身ということで、バックナンバーを掘り返さなくてはなりません。
以上の理由から、間違いがあれば、ご指摘ください。掲載回数書き直しかも……。

■2012年No.27 (通巻1586号)2012年5月31日(木)発売
『たよりGUY』掲載!!

■2012年No.42 (通巻1600号)2012年9月13日(木)発売
祝・本作初掲載!!

■2012年No.44 (通巻1602号)2012年9月27日(木)発売
まさかの反響につきYJ2度目の過ち

■2012年No.50特大号 (通巻1608号)2012年11月8日(木)発売
三度目の正直(2012.11.10)

■2013年No.2 (通巻1613号)2012年12月13日(木)発売
四度目の復活(2012.12.06)

■2013年No.5・6合併特大号 (通巻1615号)2013年1月4日(金)発売
五度目の覚醒(2013.01.04)

■2013年No.11 (通巻1620号)2013年2月14日(木)発売
六度目の幻聴(2013.02.15)

■2013年No.12 (通巻1621号)2013年2月21日(木)発売
七度目の僥倖(2013.02.24)

■2013年No.15 (通巻1624号)2013年3月14日(木)発売
八度目の直撃(2013.03.19)

■2013年No.17 (通巻1626号)2013年3月28日(木)発売
九度目の究極(2013.03.31)

■2013年No.21・22合併特大号 (通巻1630号)2013年4月25日(木)発売
十度目の重症(2013.04.28)

■2013年No.25特大号 (通巻1633号)2013年5月23日(木)発売
11回目のパープルイノベーション(2013.05.25)

■2013年No.29 (通巻1637号)2013年6月20日(木)発売
12回目の掲載で4コマ変化としきぶったー(2013.06.23)

■2013年No.30 (通巻1638号)2013年6月27日(木)発売
13回目の掲載にして、週跨ぎの快挙再び(2013.06.30)

■2013年No.31特大号 (通巻1639号)2013年7月4日(木)発売
14回目の掲載にして、遂に記録更新で「三週連続掲載」!(2013.07.07)

■2013年No.39特大号 (通巻1646号)2013年8月29日(木)発売
15回目の掲載! コンティニューは続く!(2013.09.05)

■2013年No.52特大号 (通巻1659号)2013年11月28日(木)発売
(※ヤンジャン公式サイトのYJヒストリーのページ及び本誌目次ページに、
いつもなら記載されるはずなのに、今回は記載なしです。けしからんです)
16回目の掲載! 放置プレイから遂に復活!(2013.12.01)

■2014年No.2特大号 (通巻1661号)2013年12月12日(木)発売
17回目の掲載! 今回は次号予告で掲載告知!(2013.12.20)

■2014年No.3 (通巻1662号)2013年12月19日(木)発売
18回目の掲載! 今回「も」次号予告で掲載告知!(2013.12.26)

■2014年No.10(通巻1667号)2014年2月6日(木)発売
19回目の掲載! 一足先取りバレンタイン式部!(2014.02.16)

■2014年No.13(通巻1670号)2014年2月27日(木)発売
20回目の掲載! 人間の年輪だったら成人だょ!!(2014.03.08)

□『ミラクルジャンプ』新創刊第1号 2014年4月15日(火)
事前告知なしのミラクルなリターン!(2014.04.16)

■2014年No.20(通巻1677号)2014年4月17日(木)発売
大蒜増々! ページ数は同じ!(2014.05.11)

■2014年No.21・22合併号(通巻1678号)2014年4月24日(木)発売
結婚式前の感想更新! 式部のおかげで身内が嫁入り!(2014.05.11)

□『ミラクルジャンプ』新創刊第2号 2014年5月20日(火)
再びミラクルなリターン! げに重大な犯行声明文掲載!!

フォビドゥン澁川先生の更なるご活躍、『パープル式部』の更なる面白さに期待しています。

これからは毎週アンケートで式部をプッシュできます。式部図書カード欲しいです。

ずっ友だょ!!
ヤンジャンと同じく定期購読している『ミラクルジャンプ』も晴れてリニューアル新創刊です。

その記念すべき第1号に我らが『パープル式部』が掲載!!

続いて第2号にも再び式部リターン!!

これぞ『ミラクル』ですね。嬉しい限りです。

そして、本誌ではげに重大発表もありました。


以下は今回の内容に触れた感想です。未読の方はご注意を……。

ちなみに、今までの感想記事と掲載データは以下の通りです。

※式部もMJ出身ということで、バックナンバーを掘り返さなくてはなりません。
以上の理由から、間違いがあれば、ご指摘ください。掲載回数書き直しかも……。

■2012年No.27 (通巻1586号)2012年5月31日(木)発売
『たよりGUY』掲載!!

■2012年No.42 (通巻1600号)2012年9月13日(木)発売
祝・本作初掲載!!

■2012年No.44 (通巻1602号)2012年9月27日(木)発売
まさかの反響につきYJ2度目の過ち

■2012年No.50特大号 (通巻1608号)2012年11月8日(木)発売
三度目の正直(2012.11.10)

■2013年No.2 (通巻1613号)2012年12月13日(木)発売
四度目の復活(2012.12.06)

■2013年No.5・6合併特大号 (通巻1615号)2013年1月4日(金)発売
五度目の覚醒(2013.01.04)

■2013年No.11 (通巻1620号)2013年2月14日(木)発売
六度目の幻聴(2013.02.15)

■2013年No.12 (通巻1621号)2013年2月21日(木)発売
七度目の僥倖(2013.02.24)

■2013年No.15 (通巻1624号)2013年3月14日(木)発売
八度目の直撃(2013.03.19)

■2013年No.17 (通巻1626号)2013年3月28日(木)発売
九度目の究極(2013.03.31)

■2013年No.21・22合併特大号 (通巻1630号)2013年4月25日(木)発売
十度目の重症(2013.04.28)

2桁台NEXT DIMENSION突入。

■2013年No.25特大号 (通巻1633号)2013年5月23日(木)発売
11回目のパープルイノベーション(2013.05.25)

■2013年No.29 (通巻1637号)2013年6月20日(木)発売
12回目の掲載で4コマ変化としきぶったー(2013.06.23)

■2013年No.30 (通巻1638号)2013年6月27日(木)発売
13回目の掲載にして、週跨ぎの快挙再び(2013.06.30)

■2013年No.31特大号 (通巻1639号)2013年7月4日(木)発売
14回目の掲載にして、遂に記録更新で「三週連続掲載」!(2013.07.07)

■2013年No.39特大号 (通巻1646号)2013年8月29日(木)発売
15回目の掲載! コンティニューは続く!(2013.09.05)

■2013年No.52特大号 (通巻1659号)2013年11月28日(木)発売
(※ヤンジャン公式サイトのYJヒストリーのページ及び本誌目次ページに、
いつもなら記載されるはずなのに、今回は記載なしです。けしからんです)
16回目の掲載! 放置プレイから遂に復活!(2013.12.01)

■2014年No.2特大号 (通巻1661号)2013年12月12日(木)発売
17回目の掲載! 今回は次号予告で掲載告知!(2013.12.20)

■2014年No.3 (通巻1662号)2013年12月19日(木)発売
18回目の掲載! 今回「も」次号予告で掲載告知!(2013.12.26)

■2014年No.10(通巻1667号)2014年2月6日(木)発売
19回目の掲載! 一足先取りバレンタイン式部!(2014.02.16)

■2014年No.13(通巻1670号)2014年2月27日(木)発売
20回目の掲載! 人間の年輪だったら成人だょ!!(2014.03.08)

□『ミラクルジャンプ』新創刊第1号 2014年4月15日(火)
事前告知なしのミラクルなリターン!(2014.04.16)

■2014年No.20(通巻1677号)2014年4月17日(木)発売
大蒜増々! ページ数は同じ!(2014.05.11)

■2014年No.21・22合併号(通巻1678号)2014年4月24日(木)発売
結婚式前の感想更新! 式部のおかげで身内が嫁入り!(2014.05.11)


パープルセンシズ突入。怒涛の21式部世紀へ。



それでは、感想へ。

以下は今回の内容に触れた感想となっております。未読の方はご注意を。



代 原 枠 か ら 大 幻 惑 !!

狙った隙間は逃さない!

フォビドゥン澁川先生のハンティングタイム! 目指せヤンジャンジャック!
もうコミックス化も夢じゃない! 集英社さん・春のパープル祭りが始まる!

更に今回は、げに重大発表あり!!



げにだょ!!



-- 続きを読む --

『天空侵犯』第25話 対仮面  

現在の展開も緊張と白熱で、堪らないものがあります。

以下は今回の内容に触れた巻頭となります。
未読の方は、ご注意くださいませ。

ちなみに、コミックスの単独記事はこちら。

原作/三浦追儺 漫画/大羽隆廣『天空侵犯』第1巻(講談社コミックス デラックス)

こちらは紹介記事を意識したコミックス単独記事ですけれど、
判断はご覧になる方に委ねようかなと。
一応、未読の方はご注意くださいと、注意書きはここでしておきます。



マンガボックス公式サイトで絶賛連載中!!

待望のコミックス第1巻も好評発売中!!


原作:三浦追儺
作画:大羽隆廣


天 空  犯


-- 続きを読む --

アニメ版『極黒のブリュンヒルデ』#7「希望のかけら」  

うちはアニメ版も原作の感想も掘り下げが全然甘ちゃんです。
特にアニメ版に関しては、率直な感想をそのままに綴っていこうと思ってます。

そこで、他のファンの方々の感想ブログをご紹介。

■原作を未読の方にも読みやすいブログ

白河清己さん『白河屋』
(ヤンジャンもリアルタイム購読の読者様です)

らっちさん『路地裏散歩』
(原作未読でのアニメ感想ながら、実に鋭いです)

■ヤンジャンリアルタイム購読者様であり、原作の感想も充実しているブログ

ALORCさん『ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook』
(独自の文体とボケ、一覧表、それぞれの言及と掘り下げには唸らされるばかり)

アカネさん『しょせん、吹き溜まりinスペース』
(考察が実に鋭く、文章も読みやすいです)

■これぞ極黒と言う他なし。岡本先生ファンが集う天文学部

或 犬良さん『夕暮れナンセンス ネクサス』
(間違いなくAAAクラスの熱狂的な岡本先生ファン。
脳汁ダダ漏れドライヴ感全開の独自の長文は中毒性とトリップ感ありなので、是非)



うん、つまり、うちが一番ちゃんとしてないんです(笑)。



それでは、感想を。

以下は内容に触れた感想です。アニメをご覧になってない方は要注意。



『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

既刊全巻重版出来! コミックス第1~9巻絶賛発売中!!


そして……!

2014年4月
遂にTVアニメ放送!!


TOKYO MX、読売テレビ、中京テレビ、BS 11で絶賛放送中!!

その他、ニコニコ生放送、ニコニコチャンネルでも毎週公式配信!!



-- 続きを読む --
と言う訳で、掲載に留まらず、本誌表紙から思いっきり寧子ちゃんですね。

表紙&特製ピンナップで、岡本先生祭り。巻頭から極黒カラーに染まっています。
これぞ正に『極黒』ですね。

特製ピンナップの方は、『君は淫らな僕の女王』でのタッグでもお馴染みの横槍メンゴ先生、
そしてヤンジャン本誌から『干物妹!うまるちゃん』のサンカクヘッド先生が描かれています。

夢のコラボレーションが実現していますので、これだけでもゲットする価値ありだと思います。

この特別編は、コミックスに収録されるかどうか、現時点では確定していませんし、
岡本先生ご本人様もそのようなことを仰っていましたので、
気になる方は抑えておいた方が良いと思われます。



それでは、特別編の感想を。

以下は内容に触れた感想となりますので、未読の方はご注意を。

『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

既刊全巻重版出来! コミックス第1~9巻絶賛発売中!!


TVアニメ絶賛放送中!!

『週刊ヤングジャンプ』本誌で特集コーナーも開始!!
『極黒のブリュンヒルデ アニメ報告書 TELESCOPE』も好評連載中!!


ノベライズ版も好評発売中!!



限られた空の下。限られた時の中。
少女は『今』を羽ばたき、笑顔で生きる。


極黒のブリュンヒルデ 特別編


-- 続きを読む --

アニメ版『アカメが斬る!』キャスト公式発表!!  

私はアニメには全く無知な方で、殆ど視てないですけれど、
原作コミックスも買い揃えたので、これは視る気満々です。

ツイッター公式アカウントと、リニューアルされたサイトでも公式発表されましたね。

『東京喰種』&『極黒のブリュンヒルデ』とかなり被っていて、思わずニヤリとしました。

そして、燃え上がりました。

アカメは雨宮天さん(『東京喰種』のトーカちゃん)。

シェーレは能登麻美子さん(『極黒のブリュンヒルデ』の真子ちゃん)。

その他、特撮者にも堪らない方もいらっしゃって、感激でした。

そして、何よりも燃えたのが……!

ブラートが小西克幸さん!!

ゴセイナイトで原作ファンの小西さんが亜門鋼太朗さん(『東京喰種』)で、ブラートとは!!

正に私のイメージ通りでしたし、これ以上ない適役だと思います。
小西さんは特撮ヒーロー経験者の方ですし、堪らなく嬉しいですね!!

小西さんなら魂で叫んでくださるはずです!!

インクルシオォォォォォォッ!!!

現実と遊迷の狭間で…  

と言う訳で、昨夜は夜中に目が覚めて、そこからまさかの四度寝。

色々更新する気満々だったのですが、夢と行ったり来たりでした。

早く帰宅もできましたし、気持ちにも余裕があったのですけれど、
余裕がありすぎて、油断したからこうなったのかもしれませんね。

昨日は『ミラクルジャンプ』を開店直後にゲットして、
重大発表で圧倒的な悦びに打ち震えていましたからね。



今日は『グランドジャンプ』の日です。

待ちに待った『天間荘の三姉妹 スカイハイ』の日です。

これでまたあれこれ書きたいことも増えましたね。
いつも通りのマイペースで、まったり更新します。

後藤逸平先生の『Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-』感想  

『週刊少年ジャンプ』の作品では『BLEACH』と『ワールドトリガー』が好きなのですが
(逆に言うと、最近はそれ以外殆ど把握できていない情けなさ。苦笑)、
今回の本誌は、表紙を眼にした瞬間に「おおおおお!!」と飛び上がりました。

後藤逸平先生の読切が掲載! しかも『六攻特課』!!

私の記憶が確かなら、以前に本誌掲載された『六攻特課』の後藤先生だよなと。

本作のタイトルにも『六攻特課』の表記が確かにあるし。

と言う訳で、これは読み逃せないなと。

以前の読切について記憶が薄れているのが残念なところですけれど、
本作は充分に楽しめました。これはアンケートでもプッシュしたいですね。

そして、感想も書いておこうと思い立った次第です。

以下に、ネタばれにならない程度のあらすじを。



※それも見たくないという方は、ここまでで引き戻してくださいませ。






それでは、あらすじを。

舞台は、今よりも少し未来。2045年の東京。

この世界には〝才能(アビリティ)ラベル〟という道具があり、
貼ることで「アプリ化された才能を誰でも気軽にダウンロード」できます。

その気軽さと便利さゆえに、瞬く間に浸透して、なくてはならないものになりました。

そんな、生まれ持った才能で差がつくことのない公平で平等な社会、
人呼んで〝才能社会(アビリティソサエティ)〟が、この社会です。

本作は、そんな『世界』で〝才能〟に躓き悩む少年の物語です。




それでは、感想を。

以下は今回の内容に触れた感想となりますので、記事を分割します。
未読の方は、くれぐれも以下にご注意くださいませ。



-- 続きを読む --

『BLEACH』580.THE LIGHT  

怒涛の展開が途切れることなく続きますね。

以下は今回の内容に触れた感想です。未読の方はご注意を。
今回は本文以外にも、久々となるあちらの方も更新します。



-- 続きを読む --
東映さんの特撮YouTube Officialの配信と共に、感想を。

今回は「一度(いや何度も)視て結末を知った上で、再度視て感想を綴る」試みです。

予めご了承くださいませ。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意を。

キバって視るぜ! ウェイクアップ!


-- 続きを読む --
東映さんの特撮YouTube Officialの配信と共に、感想を。

今回は「一度(いや何度も)視て結末を知った上で、再度視て感想を綴る」試みです。

予めご了承くださいませ。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意を。

キバって視るぜ! ウェイクアップ!

-- 続きを読む --

『僕のおじいちゃんが変な話する!』第23話  

コミックス発売も近付いてきて、わくわくします。
思えば、今まで長かったような、あっという間だったような。

連載開始から半年経ちましたね。感慨深いです。




以下は今回の内容に触れた感想です。未読の方は、ご注意を。

一応、今回もサブタイトルは件名で触れないでおきます。


-- 続きを読む --

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。