日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三月も嬉しいことがいっぱい  

ただいま帰宅しました。

これを書いているのは日付けが変わる13分前です。
と言う訳で、これが二月最後の更新になりそうです。

一週間の中では金曜が、一ヶ月の中では月末が、
それぞれ、仕事で最も手間が掛かるタイミング。

先月もそれが重なるパターンだったのですよね。

昨日は、PCの調子が芳しくなかったですので、
更新は控えて、おとなしく身体を休めてました。

明日からは三月ということで、毎日を前向きに。

ふなつかずき先生の新連載も遂に始まりますし、
三月も嬉しいことがあるので、ワクワクですね。

『妖怪少女 -モンスガ-』が新連載開始!!

『週刊ヤングジャンプ』14号は3月6日発売!!


これから毎週愛読して、プッシュしていきます。
無論、アンケートでも毎週推し続けていきます。

『東京喰種-トーキョーグール-』
『横浜線ドッペルゲンガー』
『パープル式部』

これらと共に、プッシュ確定です。
さあ、ふなつ先生祭りの開幕です!



CHIHIROさんのアルバムも発売で、嬉しいことが重なって堪りません♪

ニューアルバム『LOVERS』は3月5日発売!!

溜まりに溜まっている未読の本の読書と感想、部屋の片付けなどは、
日曜に少しずつやっていきたいところですね。ダウンしちゃう前に。

あ、あと一分で日付けが変わる。
ギリギリセーフみたいな更新ね。


追記:落ち着いて音楽をじっくり聴けないという情けない日々が続きましたが、
月末も乗り切ってようやく余裕ができましたので、これでじっくり味わえます。

■BGM

米倉利紀『rough lux』

やっぱり本物は違うなあ。

こちらを聴き込んでから、前作を聴き返すのも味わい深いでしょう。
ギリギリといえば、前作からはギリギリ一年以内で一日違いの発売。

前作『sTYle72』も、
本作『rough lux』も、
どちらも二月発売というのが、私的に嬉しいところでもありますね。
スポンサーサイト

一年分くらい話したかも  

昨日は晩酌して、そのままダウンでした。



今日は昼間からトラブルで、電話を掛けたり掛けられたり。

Aさんと話している間にBさんから着信があったりだとか、
それをCさんに伝えて、待機して折り返しの着信を受けて、
その内容をAさんとBさんに、それぞれ話すみたいな感じ。

電話が大嫌いで、ほぼ着信専用ですので、
今日だけで一年分くらい話したかもなと。

良くないことって重なるものだなと思ったり。

その分、良いことも続けてあったので良いか。

さて、後半戦も済ませて早く帰宅したいです。
充実した第1話で、期待は高まる一方です。
今後、感想は書き遅れるかもしれませんが、
視聴の方は、一年間欠かさずに、続けます。

それでは感想を。

以下は、今回の内容に触れた感想となりますので、
番組をご覧になっていない方は、ご注意ください。

アバンタイトルよーし。

主題歌よーし。

サブタイトルよーし。

えー、間もなく感想を書き始めますので、
白線の内側まで下がってお待ちください。







-- 続きを読む --
いよいよ始まった『スーパー戦隊』シリーズ最新作!

こちらのシリーズについては感想が書けていなかったのが現状で、
例外として非公認の方を以前にちょっと書いてきたくらいでした。

漫画の感想がメインになると、どうもそちらで手一杯なのですが、
そもそも、感想って短文であっさりしたものでも良い訳であって、
自分が感じたこと、書きたいことを吐き出せば良いのですからね。

そう考えると気が楽なもので、まったり書いていこうと思います。

無論、シリーズは全作品視てきていますし、今後も愛し続けます。

それでは感想を。

以下は、今回の内容に触れた感想となりますので、
番組をご覧になっていない方は、ご注意ください。

アバンタイトルよーし。

主題歌よーし。

サブタイトルよーし。

えー、間もなく感想を書き始めますので、
白線の内側まで下がってお待ちください。







-- 続きを読む --

車掌の関根勤さんが素晴らしいです。  

気持ちとしては、既に三月スタートといったところです。

ブログやツイッターで極力ネガティヴなことは書きたくないですけれど、
正直、仕事も家庭の事情も、楽観視していられる状況でもないですので、
時に厳しく、時に肩の力を抜きながら、思い詰めないように過ごします。

先々のことに不満や不安ばかりを並べ立てても、何も愉しくないですし、
それより、今の一つ一つを大切に愉しんで過ごした方が良いですからね。

とは言え、根拠のない楽観や、現実逃避で生きるのも、また違いますが。

大切なのは前向きな「イマジネーション!」なんですよね。



明日の仕事に差し障りそうだったので、今夜は晩酌を控えてまったりと。
『仮面ライダー鎧武』と『烈車戦隊トッキュウジャー』を観賞してます。
どちらも最後まで視て、また冒頭から視て味わうことを繰り返してます。

『仮面ライダー鎧武』は更に盛り上がる一方の白熱の展開が堪らないし、
『烈車戦隊トッキュウジャー』はポップ感と随所に見られる工夫がツボ。

どちらも、正に「イマジネーション!」の結晶である名作です。



それはそうと、また気持ちの悪い検索語句で来る輩が増えて何だかなと。
うちは画像など使わないポリシーですし、そもそも使ったら駄目ですし。
あまりにも目に付く悪質な輩は、担当様への報告も考えていると警告を。

自分で読みたい漫画、欲しい作品は、自分でお金を出して買いましょう。

これは今までに何度も言ってきたことで、これからも何度でも言います。

思考を放棄して「イマジネーション!」が欠落した輩には辟易しますね。



あと、どうもうちの記事って勝手にどこかに貼られたりしているようで、
恐らくまとめサイトか、個人のブログであろうところからのアクセスも。
個人的には非常に気持ちが悪いです。私なら絶対に無断では貼れません。
事前に一言あるだけで、印象は全く変わりますのにね。何だかなあって。

たまにアクセス解析を視ると、大概嬉しくない事実を知ります(苦笑)。

自分が思う以上に、ネットには礼儀礼節が欠落した人間が多いのだなと。

反面教師として受け止め、今以上に関わらないように注意します(笑)。



愉しい話題に変えましょう。

と言う訳で、上記のプチ感想めいた駄文をここでひとつ。

以下に書きますので、白線の内側までお下がりください。






『烈車戦隊トッキュウジャー』の長官ポジションは、あの関根勤さんで、
『秘密戦隊ゴレンジャー』以来のシリーズご出演で、今回はレギュラー!

関根さんが車掌さんだなんて、正にハマリ役で、もう嬉しくて嬉しくて!

「イマジネーション!」

関根さんの最高に可愛いスマイルと共に、この台詞が毎週の楽しみです。

「勝利のイマジネーション」という本作のキャッチコピー且つ決め台詞、
実に素敵で、夢があって良いじゃないかと。ポジティヴな想像こそ大切。

略称が『TQG』なのも、『東京喰種-トーキョーグール-』読者としてニヤリなところ。

基本的に紳士的で人当たりも良く、お子さんにも親しみやすい人物像で、
それでいて謎が多かったり、核心をはぐらかしたりするのが興味深くて、
胡散臭さが良いスパイスでありながら、それが不快に見えないバランス。

これぞ関根さんならではの素晴らしさだと思うのです。

『仮面ライダー電王』のデンライナーのオーナー役の石丸さんの場合は、
「あの堅苦しさが良い」役柄でしたし、それがちびっ子心も擽るお芝居。

誤解を恐れず言えば、関根さんはちょっとハイで躁っぽい見せ方も秀逸。
この辺りはヒロミ・ゴーにも通じる魅力だと思います。今後も期待です。

関根さん、可愛くて最高。

『東京喰種‐トーキョーグール‐』#115[破崩]  

毎週お馴染みの『東京喰種週報』のアニメ化続報は、
次号に掲載されるようですね。一応、ここで訂正を。

勿論、今回の『東京喰種週報』も、必見の内容です。

以前から触れた通り、こちらも本誌の大きな楽しみ。

こちらも「一度として全く同じページは無い」ので、
気になった方は本誌を欠かさず毎週購読するのが吉。



それでは、今回の感想を。

以下は今回の内容に触れた感想となっていますので、
本誌未読の方はご注意を。上記の通り、購読を推奨。



謎めく千里眼が見つめる先は……。

今、新たなる『線』が、交差する。




東 京 喰 種
トーキョーグール Tokyo Ghoul

#115[破崩]



-- 続きを読む --
連載開始から今までずっと愛読して本誌も保存してきて、
「私の心には、もう一点の曇りもない」と書いた通りで、
正にその通りの最終話であり、サブタイトルであります。

私にとって色々な意味で忘れられない作品になりました。

また、何度も、何度でも読み返したい大好きな作品です。

以下は今回の内容に触れた感想です。
未読の方は、以下にご注意ください。



広げろ! マドカマチコ先生の魅力!!

『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!!

最新コミックス第6巻大絶賛発売中!!

コミックス既刊第1~5巻売れ行き絶好調!!


完結コミックス第7巻 3月19日発売!!


『WxY ダブリューエックスワイ』に
かかる火の粉は

私が払う!




それでは、今回の感想を。以下はご注意ください。

-- 続きを読む --

『BLEACH』569.The White Haze  

味方も敵も盛り上がる展開で、更に白熱です。

これぞ少年ジャンプって熱さで、燃えますね。

以下は今回の内容に触れた感想となってます。
本誌を未読の方々は、以下にご注意ください。



-- 続きを読む --

『天空侵犯』第12話 ゲームで撃ったことあるし!  

いよいよ、状況がハードになってきましたね。
謎だらけでありながら、少しずつ見えてきて、
この感覚がまた堪らなく魅力的でもあります。

以下は今回の内容に触れた感想となってます。
本作を未読の方は以下にご注意くださいませ。

未読の方は『マンガボックス』公式をどうぞ。



-- 続きを読む --

『僕のおじいちゃんが変な話する!』第12話  

まず、最初に一点触れておきます。

※今回の感想で、サブタイトルがないのは、意図的なことです。
決して書き忘れでも怠惰でもありません。意味があることです。
我らが浦田カズヒロ先生の世界の真実に関わる重大なことです。


という書き出しは、第7話、第8話、第10話と同様でしたね。

それでは、感想を。

以下は、今回の内容に触れた感想となります。
本作を未読の方々は、以下にご注意ください。

未読の方は『マンガボックス』公式をどうぞ。
毎日無料配信中で誰でも気軽に読めますので。



-- 続きを読む --

『仮面ライダー鎧武』第18話「さらばビートライダーズ」  

ますます盛り上がる一方の第2クールで、
ここに来て、一つの区切りと言える展開。

これは見逃せません。素晴らしい回です。

以下は今回の内容に触れた感想ですので、
番組をご覧になっていない方はご注意を。



-- 続きを読む --
もうサブタイトルの通り! うちの感想もお祭りです。

待ちに待ったこの時! 遂に、待ちに待った魅せ場が!

皆美さん光臨! 満を持して……!

と言う訳で、期待していた私にとって堪らない回です。

皆美さんの美貌、お芝居、アクションが堪能できる回!

皆美さん祭り開幕!!

皆美さんには本当に憧れますね。期待以上の回でした。
臆面もなく言うと皆美さんメイクと髪型は真似したい。
そう思わせるだけの魅力で、心底惹かれた回でしたね。

さあ、テンションフォルテッシモのまま、感想へゴー!

以下は今回の内容に触れた感想&祭りの会場(開錠)!
番組をご覧になっていない方は、ご注意くださいませ。

「ここだ。祭りの場所は」



-- 続きを読む --

巴亮介『ミュージアム』最終話/ハッピーバースデー  

第1話から欠かさず読み続けてきて、想い入れも強い作品です。
私的には『革命戦士犬童貞男』以来のヤンマガ熱再燃の名作で、
連載を毎週愛読できた日々は、今も印象深く、良い体験でした。

ネタバレという検索を執拗に繰り返す輩には辟易していますが。
自分で作品にお金を出さないクズがシーンを衰退させるのです。
自分で自分の首を絞めていることに気付けない愚かなクズです。


自分で買って読め。



と言う訳で、今回の感想を。

以下は今回の内容に触れた感想となってます。ご注意ください。



『週刊ヤングマガジン』で遂に〝最終回〟!

連続殺人犯〝6月の蛙男〟の〝私刑〟は終わらない。もう誰にも止められない!

殺人犯を追う刑事・沢村久志。悪魔に破壊された彼の心が、悪魔の色に染まる!


話題騒然、恐怖濃縮ッ!!
YMCK『ミュージアム』第1&2巻
超絶絶望大解禁中ッ!!



本誌連載、遂に〝最終刑〟!!



The serial killer is laughing in the rain.
 [museum]
ミュージアム

 PRESENTED BY
巴 亮介
 RYOSUKE TOMOE


最終話/ハッピーバースデー


-- 続きを読む --

『BLEACH』568.Hear.Fear.here 2  

サブタイトルが実にニクイですね。なるほど、そう来たかと。
ナンバリングからも明白で、以前に使われたタイトルが再び!

以前に使われたのがいつだったかと言えば、下記の通りです。

『BLEACH』501.Hear.Fear.Here

サブタイトルも毎回の楽しみの一つですが、
思わずニヤリな仕掛けで、やられましたね。

以下は今回の内容に触れた感想となります。ご注意ください。



-- 続きを読む --

今日もWinkの日  

ショーコさんお誕生日おめでとうございます。

「さん」は不自然っぽいですが、そこはそれ。

昨日も今日もWinkの日で、2月最大のイベント到来です。
つまり、Winkのお二人は、お誕生日まで並んでいる引力。

やっぱりWinkは今聴いても「新しい」です。素敵ですね。


今のアイドル者のキッズが聴いたら新鮮に感じるはずです。
パブリックイメージだけで語られがちなのは勿体無いぞと。
中期以降はご自身で作詞や作曲まで手掛けておられますし、
先入観に囚われず、素直に聴いてみれば理解ができるはず。

現在のアイドルシーンの隆盛と時代も意味合いも違う時に、
異例の活動年数と作品数ですからね。今からしても大偉業。

金輪際、もう二度と、こんなデュオはシーンに現れません。
方法論以外にも、お二人が極めてしまった感がありますし、
時代的にも彼女たちを越える存在は絶対出てこないですし。

アイドルも、歌謡曲も、音楽シーンも本当に面白い時代で、
歌番組が本当に歌番組だった時代を過ごせて良かったです。



勿論、Winkを聴き返して休日を過ごしています。

ノスタルジーではなく、現在も当たり前に聴いていますし、
これは私が死ぬまで変わらないことであると思っています。

今日と明日はWinkの日  

サッチンお誕生日おめでとうございます。

と言う訳で、遂に2月最大のイベント到来です。



以前から書いてきたけれど、またWinkについて色々書きたいところ。
Winkについては全楽曲レビューを書きたいくらい。今も大好きです。

Winkは今聴いても「新しい」です。

『KIG⊃R∩MI ‐キグルミ‐』第5話 二人[Rabbit&Hero]  

ずっと気にしてながらも、何だかんだと更新が遅れてしまって、
まさか、コミックス発売のタイミングで今回の更新になるとは。

と言う訳で、ここで最終話の感想を。

無論、『思春期のアイアンメイデン』と共にコミックスは購入。
コミックスの単独記事は、遅くならないうちに書きたいですね。

それでは、感想を。

以下は今回の内容に触れた感想です。本誌未読の方はご注意を。



『ミラクルジャンプ』で大絶賛連載中!

かつてない異形愛玩サスペンスファンタジー!


よ う こ そ 、 異 形 愛 玩 の 世 界 へ

遂にクライマックス!

最終話は『ヤングジャンプシード』に掲載!



-- 続きを読む --

『不能犯』第10話 夫の素顔  

連載開始から愛読してきて、連載も二桁台に突入で嬉しい限りです。
本編の読み応えは勿論のこと、カラー扉の回数も多いのが嬉しいし、
本誌を毎回購読していく中で、神崎先生のカラーは大きな喜びです。

と言う訳で、今回も巻中カラー!! バンザイ!!

いつもながら、神崎先生のカラー扉は堪りません。宇相吹、大好き。

同時刊行されたコミックスが両方告知されているのも良いですねー。

1月にコミックス第1巻も発売され、今年の良いスタートでしたね。
この勢いで盛り上がって、浸透していけば良いなあと思っています。


以下は、今回の内容に触れた感想です。未読の方はご注意ください。
本誌購読を推奨します。カラー扉がまた絶品ですし、損はしません。



不能犯×ウロボロス

集英社×新潮社!
グランドジャンプ×@バンチ!
2誌合同 神崎裕也先生スペシャルフェア!!

『不能犯』第1巻、絶賛発売中!!

『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-』第17巻も好評発売中!!





集英社『グランドジャンプ』で大絶賛月イチ連載中!
驚愕のサイコサスペンス! 今、最も恐るべき真実。


その赤き瞳は総てを飲み込み、視界の総てに狂喜する。
依頼人と赤き瞳が交わった時、世界が狂気へと染まる。

抉り出されるのは、欲望か、絶望か、あなたの真実か。



原作:宮月 新
作画:神崎裕也


 能  impossibility defence

10話 夫の素顔


-- 続きを読む --

入荷遅れなし。何だかんだで4000円。  

今回の大雪で、流通にも影響がありましたね。
これは全国的にそうだったのではないかなと。

入荷が遅れるとのことでしたが、情報が一転。

結局、無事に通常通りの入荷で良かったです。

と言う訳で、大本命の『グランドジャンプ』&『週刊ヤングジャンプ』も購読。

『天間荘の三姉妹 スカイハイ』第1巻

『白雪姫と7人の囚人』第5巻

『WxY ダブリューエックスワイ』第6巻

『テラフォーマーズ』第8巻

『KIG⊃R∩MI ‐キグルミ‐』

『思春期のアイアンメイデン』第3巻


無事に購入できて、気分良く帰宅できました。
週末に読み返して、またじっくり味わいます。
本誌で新連載の告知があった時点で惹き込まれました。
これは絶対ツボに来るであろうと、期待していました。

その通りでした。これはもう、私はプッシュ確定です。
玉木ヴァネッサ千尋先生のデビューと共に、心機一転!



それでは、今回の感想へ。

以下は今回の内容に触れた感想です。
本誌を未読の方は、ご注意ください。



2011年新人賞グランプリ作家連載デビュー!!

衝撃のクライムサスペンス!!


 横 浜 線
YOKOHAMA LINE Doppelgänger
ド ッ ペ ル ゲ ン ガ ー

玉木ヴァネッサ千尋
Tamaki Vanessa Chihiro


-- 続きを読む --

『東京喰種‐トーキョーグール‐』#114[絡身]  

本誌次号では、更に新情報が解禁予定とのことで、
本編と共に『東京喰種週報』も毎号の楽しみです。

ふと気付いたことがあったので、ここでひとつ。

本誌公式サイトのYJヒストリーにて間違いが。

本作が初の本誌表紙を飾った記念すべき号にて、
発売日の表記が間違っていますので、訂正希望。

No.16 (通巻1625号)
2013年2月21日(木)発売 

とありますが、2月ではなく3月のことでした。

No.16 (通巻1625号)
2013年3月21日(木)発売

ちょうど今と日付けも近いネタなので、ひとつ。

その号の発売時、春分の日の関係から前倒しで、
珍しく本誌が水曜に入荷で、印象深かったです。

担当様とその話題になったのも良い想い出です。



ちなみに、本作の公式サイトにも誤表記が一点。
うちも誤字脱字だらけで人のこと言えませんが。



さて、それでは感想へ。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
本誌を未読の方は、以下にご注意ください。



美少女と野獣。

美女と微笑。


東京喰種
トーキョーグール

#114[絡身]



-- 続きを読む --

『極黒のブリュンヒルデ』第91話 壊れゆく世界  

とんでもない展開が続いて、もう堪りませんね。

以下は今回の内容に触れた感想となっています。
未読の方は、以下をお読みになりませんように。



『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

既刊全巻重版出来! コミックス1~7巻絶賛発売中!!


2014年4月
TVアニメ化決定!!


『週刊ヤングジャンプ』本誌で特集コーナー開始!!
『極黒のブリュンヒルデ アニメ報告書』がスタート!!




極黒のブリュンヒルデ

第91話 壊れゆく世界



-- 続きを読む --
いよいよ佳境です。連載開始から今まで愛読してきて本当に良かったです。
この作品と過ごした日々は、私の宝物ですね。最後の最後まで愛読します。

以下は、今回の内容に触れた感想となります。未読の方はご注意ください。



広げろ! マドカマチコ先生の魅力!!

『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!!

最新コミックス第5巻大絶賛発売中!!

コミックス既刊第1~4巻売れ行き絶好調!!




『WxY ダブリューエックスワイ』に
かかる火の粉は

私が払う!




それでは、今回の感想を。以下はご注意ください。


-- 続きを読む --

入荷遅れ?  

結局『グランドジャンプ』と『週刊ヤングジャンプ』の入荷が遅れそうで、
自分でどうにかできることではないとは言え、もどかしいところです……。
いえ、自分でどうにかできないからこそ、尚更もどかしいとも言えますね。

当然、雑誌に限らず、コミックスや書籍、CDにも影響があるようですね。

感想が元々周回遅れがちだったので、ここは前向きに解釈して待ちますね。
時間の猶予ができて、焦らされたら尚更燃え上がる、ということでひとつ。

2月19日! 『天間荘の三姉妹 スカイハイ』の日!  

いよいよ『グランドジャンプ』最新号&『天間荘の三姉妹 スカイハイ』第1巻発売!

水曜日ということは、毎週のヤンジャン感想が周回遅れ寸前でもありますけれど、
「もう水曜日」と思うより、上記の通り「遂に来てくれた水曜日!」と前向きに。



感想もさることながら、頂戴したコメントの返信も遅れていて、申し訳ないです。
コメントくださった方、ここをご覧になっているかわかりませんが返信はします。

と言う訳で、しておきました。こっそり追記。

そもそも、罵詈雑言や嫌がらせの類など、返信する気もないコメントであったら、
承認せず、通報など相応の対処をしますので。そちらは、気にされませんように。



今日こそは気持ちの良い睡眠にしたいんだよなあ。
特に、起きてからの爽快感と日中の覇気の為にも。

このまま感想を朝まで書く意欲もありますけれど、
もうそろそろ就寝するのが正解なのでしょうねー。

短時間でズドーンと深い眠りに就けるのが最高で、
芸能人だと、さんまさんや所さんがそうみたいで、
自分はその反対ですから、羨ましいところですね。

歴史上の偉人も、調べてみると極端なようですね。
ナポレオンが短時間なのはとても有名なところで、
よく比されるアインシュタインが長い方ですよね。

眠りに落ちる寸前まで意識して、まどろむ感じや、
毛布であたたまっている状態は大好きなのですが、
やっぱり、自分は起きてからの状態が問題ですね。

荻野純先生の『γ‐ガンマ‐』がNHKの番組で特集決定!  

と言う訳で、放送まであと少しとなりましたね。

このままで、放送を待機することにしています。

第12話の感想を書いてから、この記事を書こうとしていましたけれど、
間に合いそうになかったのと、うっかり番組を見逃すのが怖かったので、
感想の方は、慌てずとも、またおいおい書いていこうかと思っています。

全国の書店さんの応援メッセージ企画に、VOMIC化決定、
ここに来て、更に朗報が届くとは嬉しいですね。

ツイッターの本誌公式アカウントの方も仰っていましたが、
まさか国内番組より先に、海外向け番組が特集するとはね。

NHKの海外向け番組『imagine-nation』にて放送されます。

imagine-nation 特集:荻野純『γ-ガンマ-』

放送日:2014年2月19日(水)
初回放送時間:0:30~1:00
リピート放送:4:30~5:00、8:30~9:00、
12:30~13:00、16:30~17:00、20:30~21:00


放送開始まで、あと10分を切りました。
一旦ブログを離れて、番組に集中します。

『天間荘の三姉妹 スカイハイ』#12 血の糸  

猛プッシュのアンケートは早めに出せましたけれど、
感想が遅くなりがちなのは毎度ながら情けないです。
これは意識して改善していきたいことの一つですね。
リヨンにしばかれないように改善したいところです。

さて、先生の公式ブログと発売中の本誌で重大発表!

今回の本誌、そして次号で嬉しいことの連発ですね!

“ 魂 ” を 癒 す ! 天 上 の 温 泉 旅 館 物 語 !!

髙橋ツトム先生の新たなる挑戦!! 魂の意欲作!!

ヤングジャンプコミックス『ヒトヒトリフタリ』全8巻
集英社文庫(コミック版)『スカイハイ』『スカイハイカルマ』
『スカイハイ新章』全3巻
大好評発売中!!






『グランドジャンプ』で大絶賛連載中!!

大人気御礼! 今回は巻中カラーで登場!!



そして、更に朗報!!

本誌次号No.6は2/19(水)発売!!

本誌巻頭カラーで登場!! 巨弾32ページ!!


更に、遂に彼女が孵って来る!!
本誌巻頭グラビアにもイズコが光臨!!
漫画とグラビアの本誌・夢のコラボレーションが実現!!



そして、同日には超待望のコミックス第1巻も発売!!



人類の新たなる魂の軌跡が2.19から始まる!!




読者にとって堪らない喜びの連発ではありませんか。
これはもうお祭りですよ。嬉しくて仕方がないです!

無論、今までの本誌と共に、次号も永久保存版です。


それでは、今回の感想へ。

以下は今回の内容に触れた感想です。ご注意を……。



presented by Tsutomu Takahashi
髙橋ツトム

天間荘の三姉妹 スカイハイ

#12 血の糸


-- 続きを読む --
ニコニコ生放送の『漫画空間高円寺店オープニング記念生放送!!』に、
我らが浦田カズヒロ先生がスペシャルゲストとしてご出演! バンザイ!!

2月18日 午後19時からニコニコ生放送開始でした。

と言う訳で、仕事を急いで片付けました。
寄り道せず、猛ダッシュで帰宅しました。

居ても立ってもいられないってこのこと!

開始20分前に無事に帰宅できて、安堵。

以下に今回の感想とレポートを書きます。



まず、『漫画空間』とは、従来の漫画喫茶やネットカフェとは違う方向性のお店とのこと。
「世界に誇る日本漫画文化の担い手(読み手と書き手)の裾野を広げる」という意思の元、
名古屋店に続く第2号店として、初の東京進出。その記念として今回の放送がありました。

「読める」
「描ける」
「広がる」


それらをコンセプトに、漫画ファンは勿論のこと、プロの先生が集まる拠点にもしたいと、
かなり斬新な方向性で、冗談抜きで漫画界の未来において非常に重要なお店じゃないかと。

事実、店内を作業場として使って、それを一般公開されるプロの先生もいらっしゃいます。



そんな『漫画空間』高円寺店がめでたくオープンということで、
浦田カズヒロ先生がゲストでご出演! 堪らなく嬉しいですね!

感想としましては、正直司会者の方の進行がぎこちないかなと。
先生も含めて、皆様緊張されていたのは否めない感じでしたが、
放送自体はまったりとした空気で、とても良かったと思います。

浦田先生の幼少期から、持ち込み時代、そして今に至るまでも、
しっかりと聞き取ることができたのは、読者として僥倖でした。

以下に、簡単に列挙してみます。

■幼少期

鳥山明先生、漫☆画太郎先生、つの丸先生に強く影響を受けたとのこと。

本格的に出版社に持ち込み始めたのは大人になってからというお言葉に、
「子供の頃には漫画を描いていなかったのか?」という視聴者の質問が、
子供の頃から「自由帳に、コマを割って描くことはしていた」とのこと。
当時は『ダイの大冒険』のようなバトルものを描いていたとのお言葉が。

余談ですが、浦田先生はNON先生のアシスタントをされていたことがあり、
NON先生の『デリバリーシンデレラ』第2巻に浦田先生が登場されてます。
そのNON先生が初めて手にした漫画本が『ダイの大冒険』のコミックスで、
この辺りは、お二人の読者としてニヤリと。引力を感じた瞬間でしたね。

また、書き文字や芝生の描写など、鳥山明先生が参考になったとのこと。
幼少期の執筆についても知ることができたのは、とても嬉しかったです。

影響を受けた漫画家の先生として浦田先生が挙げられた方々については、
先生の『アンパンマン』3部作を愛読した読者ならば、悶絶だったはず。

詳しくは、先生が公開されている『ANPANMAN FOREVER』をご一読くださいませ。



■大学時代

大学時代は就職活動をされており、デザイン会社の面接も受けられたとのこと。

就職が上手く行かない中で、「そう言えば俺、漫画家になりたいんだった」と、
そこから持ち込みを始めることに。ヤンジャン読者として胸が熱くなりました。

持ち込みの時点で、既に作品としてはギャグだったそうで、現在の布石ですね。
理由は、ストーリー漫画と比較した際の難易度、ページ数などだったようです。

「子供の頃にギャグは描かなかったのか?」という質問に対しても、お答えが。
〇〇〇〇と××××が付いた人間を書いたら、親が先生に呼び出されたとのこと。

正に三つ子の魂百まで。浦田先生は当時から『天才』だったとわかる逸話です。 



■現在

言うまでもなく、現在は『マンガボックス』で『僕のおじいちゃんが変な話する!』連載中!

ネームは、主にカフェなどで練り込まれ、6時間くらい居ることもあるとのこと。
司会者とのやり取りで「キャラメルマキアートやフラペチーノを飲みながら」と、
ナイスな切り返で場を和ませ、笑いに包んだのも良かったです。お見事でしたね。

現在は(ツイキャスを視聴したファンには説明不要ですが)デジタル作画であり、
デジタル作画については「特に拘りはないです。作業効率が良ければ」とのこと。

アシスタントさんは一人で(これも公式ツイートを拝読する読者には説明不要)、
『マンガボックス』の運営、収益構造、原稿料など突っ込んだ話題にも、質問が。

その辺りも思っていた通りのご回答でした。読者ならコミックスは必読! 重要!

私的な印象は「なるほど、やっぱり『裏サンデー』と同じ収益構造なのかな」と。



番組開始当初から司会の方が「下ネタ」と口にされており、そこは浦田先生です。

期待は裏切りません。探り探りっぽい様子ながら、ちゃんとトークもありました。

ちなみに、先生はアナル君のTシャツを着て出演されたことも併記しておきます。



「眼鏡を外してみてほしい」というリクエストに対して、先生から見事なお返事!

「眼鏡を外すのは、女性がブラジャーを外すのと一緒」

とのことで拒否。

素晴らしいですね。流石は浦田カズヒロ先生!!

そこからノリが良くなってきたのか、訊かれてもないのに、
「〇〇〇は舐めるより舐められる方が良い」とのお言葉も。

どこのKinki Kidsかと。

「好きな〇〇は?」という質問に対しては、
『ハイパー〇〇〇』と、流石の即答でした。

その後、浦田先生の「オススメの漫画は何か」という話題になり、
「最近は『バクマン』を筆頭に『漫画家漫画』が増えている」と。
そこで、浦田先生は『描かないマンガ家』を挙げられていました。


「彼女は?」という質問には、先生も苦笑され、
バレンタインのチョコは「1、2個」とのこと。

モテたのは、小5がピークで、中学は男子校で、
と謙虚な浦田先生ですが、イケメンですからね。

モチベーションに関する問いに対しては、
有名になりたい、お金持ちになりたいと。
モテたいですけどね、と(ボソっとね)。

その時の照れた先生も愛らしかったです。

この生放送を見逃さなくて本当に良かったです。
司会のお三方、そして浦田カズヒロ先生に感謝!



最後に朗報も。浦田先生ご本人様より発表です!

『僕のおじいちゃんが変な話する!』
コミックス第1巻は、5月か6月に発売予定とのこと!!

バンザイ! バンザイ! バンザーイ!!


これで更に布教がしやすくなる! 時代がやっと先生に追いついてきた!

読者なら、迷わず購入しましょう! 読者のアクションが大切なのです。
浦田レボリューションと『マンガボックス』の未来に繋がる大切な一票。

ここから卍解するぞー  

今日こそは読んで感想を書きたいです。

……と思ったら、『週刊少年ジャンプ』がまたも入荷遅れとは。
今回の大雪で、物流へのダメージも改めて思い知らされますね。



大本命である明日の『グランドジャンプ』と明後日の『週刊ヤングジャンプ』が心配。

大丈夫なのかしら……。

問い合わせてみたら、水曜発売の雑誌は大丈夫で、
それ以降は問題ないでしょうとのお言葉でしたが、
当然ながら、それぞれの地域で異なってきますし、
気になる方は自分で調べてみるのが確実でしょう。

いつものお店で毎回取り置きなので気は楽ですが。
定期講読を申し込んでいて良かったと改めて実感。

更新しないことを更新  

昨夜も体調が優れなかったので、早めに就寝しました。
しっかりと栄養も摂って、熟睡できたつもりのはずが、
久々に怖い夢を見て、四時に目が覚めてしまいました。

そこで更新しようかとも思ったのですが、控えました。
妙に生々しく怖い夢が胸に沈殿しているのが嫌なので、
素直にもう一度就寝しました。起きたらいつもの時間。

夢以外は最近のパターンですが、久々に怖い夢を見たなあ。
内容は書きませんが、はっきり記憶している夢は久々です。

ブログで極力ネガティブな話題は避けたいので、そういった類のことは避けてきました。

ツイッターなどでも延々と不満、愚痴、罵詈雑言を書く人など、
リツイート経由で結構見ますが、みっともないだけですからね。
反面教師にして即ブロックして、自分は気を付けようと意識を。
私はタイムラインもブログも常に清潔を保っていたいですので。



件名はそういう意味からです。

ブログは毎日更新していながらも、
書くべきではないことは書かない。
それも続けてきたってことですね。

書くべきことが溜まりに溜まって、
遅れに遅れちゃってますけれどね。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。