日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『KIG⊃R∩MI ‐キグルミ‐』第4話 裏表[Enemy&Classmate]  

待ちに待った最新話です。前回が読者に謎を投じる展開だっただけに、尚更楽しみでした。
そして、その謎が遂に明かされようとしています。<召喚者>は、3人のうちの誰か……?

以下は今回の内容に言及した感想となります。未読の方はお読みになりませんように……。



敵と味方。
嘘と真実?
死と生命!

オマエの後ろで笑ってる。
オマエの後ろで狙ってる。



『ミラクルジャンプ』で大絶賛連載中!

かつてない異形愛玩サスペンスファンタジー!





  よ。

で。



-- 続きを読む --
スポンサーサイト

『極黒のブリュンヒルデ』第63話 繋いだ手と手  

或 犬良さんによる『第一回・夕暮れネクサス版『極黒のブリュンヒルデ』人気キャラ投票』も、
休載の救済どころか二週間盛り上がりっぱなしで大盛況! こちらも記憶に新しい中で更に朗報!

本誌表紙に、きゃりーちゃんと寧子ちゃんのダブルヒロイン!

巻頭グラビアは言わずもがなのきゃりーちゃん。
きゅりーちゃんに続くタイミングとは最高です。
そして次のページで岡本倫先生の写真集告知が!
いえ、本誌表紙も記憶に新しい岡本玲ちゃんが。
その次のページには我らが人気者・寧子ちゃん!

なんという美少女三連発。

と言う訳で、きゃりーちゃんの次の巻頭グラビアは寧子ちゃんです。

さて、以下は今回の内容に言及した感想となりますので、ご注意を。
本誌を未読の方は、以下をくれぐれもご覧になりませんように……。



『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!
コミックス第5巻まで、全巻絶賛発売中!


pureness in the (NOT) darkness.

極黒のブリュンヒルデ

第63話 繋いだ手と手


-- 続きを読む --

『ヒトヒトリフタリ』Life79 生命の火  

小沢健二氏にお子さんが誕生とのことで、実に喜ばしいニュースです。
お名前がリヨンと一文字の違いらしく、本作の読者として反応したり。

以下は、今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、以下をご覧になりませんように。



日本国民必読。

命の尊さを活目せよ。

その瞳に、その心に、
この国に刻みつけろ。


ヒトヒトリフタリ

Life79 生命の火


-- 続きを読む --

『白雪姫と7人の囚人』第32話 信心-5-  

盛り上がりっぱなしで留まることを知らない展開ですね。
毎週毎週、とにかく楽しみで仕方がない作品の一つです。

以下は今回の内容に触れた感想ですので、ご注意を……。
本誌未読の方は、これより先をご覧になりませんように。



『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

『週刊ヤングジャンプ』公式サイトで、『白雪第一閲覧室』も毎週公開中!

『集英社ヴォイスコミックステーション-VOMIC-』で、声で読む漫画【VOMIC】も配信中!



望まれない存在。

捨てられた存在。

失敗作の適合者。



死にたくはなかった。
生まれたくなかった。

呪いの力を何に使う?


今こそ、呪いの鎖を引きちぎれ!
囚人たちよ、その生命を燃やせ!




- 東 京 闘 争 戯 曲 -
白 雪 姫 と 7 人 の 囚 人
SNOW WHITE & SEVEN DWARFS

第32話 信心-5-


-- 続きを読む --
前回の作家バトル(?)も一区切りで、
今回からまた新たなる展開に突入です。

以下は、今回の内容に触れた感想です。
未読の方は、ご覧になりませんように。



-- 続きを読む --
『三度目の正直』ならぬ『三度目のハードロック』。これは人間椅子。
と言う訳で(?)、『二週連続掲載』も、これで通産『ニ度目』です。

FLYING KIDSの『天国まであと3歩シリーズ』も思い返します。

人間椅子まであと少し! 天国到達まであと1歩!
『連載』とコミックス化も、あと一歩の正念場に!

でも、ここで三週連続では載せてくれないんだよなあ。



そう、今回(も)、前回から連続掲載です。
もう一度申し上げますよ。連・続・掲・載!

まるで『仮面ライダーフォーゼ』のサブタイトルみたいですけれど、真実です。

連続掲載!

連・続・掲・載!

連続掲載!!


続掲!!



ちなみに、今までの感想記事は以下の通りです。

三度目の正直(2012.11.10)、

四度目の復活(2012.12.06)、

五度目の覚醒(2013.01.04)、

六度目の幻聴(2013.02.15)

七度目の僥倖(2013.02.24)

八度目の直撃(2013.03.19)、

九度目の究極(2013.03.31)、

十度目の重症(2013.04.28)、

2桁台NEXT DIMENSION突入。

11回目のパープルイノベーション(2013.05.25)

12回目の掲載で4コマ変化としきぶったー(2013.06.23)

もう、短期集中連載クラスの掲載回数だったりします。
もう少しでギャングスターやキャワワワに並ぶ話数に。

着々とコミックスのストックがキープされている勝機!

ある意味で『月刊パープル式部』と言える本誌の活況!

下半期も推します。

以下は、今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、以下をご覧になりませんように。

げにだょ!!


-- 続きを読む --

『GOKUSAI』Art.037 [法鏡の絵]  

『東京喰種-トーキョーグール-』総選挙#002開催中です。

ヤンジャン愛読者の方々も、お気軽にご参加くださいませ。

そちらの準備(と修正と謝罪)をしていたら、もう日曜日。
いつもは、それでも金曜くらいには下書きを始めてますが、
いやはや、今週のレギュラー感想は周回遅れかも(苦笑)。

閑話休題。

さて、今回は嬉しいことにセンターカラー! バンザーイ!
まるでコミックス第3巻の加門くんと対になるような構図!

この扉ページのジョーが格好良い! 強い瞳が素敵ですね。

以下は今回の内容に触れた感想です。未読の方はご注意を。
本誌を未読の方々は、以下をご覧になりませんように……。



『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

かつてないアートコミックがここにある!

総てを超越する究極のアートに挑むジョー。
その瞳は何を見る。少年よ、奇跡を起こせ!



GOKUSAI

Art.037 [法鏡の絵]


-- 続きを読む --

『東京喰種-トーキョーグール-』総選挙#002速報とお詫び  

『東京喰種-トーキョーグール-』総選挙#002開催中です。

石田先生、ご参加くださった皆様、ありがとうございます。
残り9日間も追加投票できますので、宜しかったらどうぞ。

今回、皆様にはお詫びしなければならない重大なことがあります。
参加された方も、これから参加予定の方にもお詫び申し上げます。




この文章を書き始めた6/29 23:19の時点で、ちょうど100票でした。

初日で50票に到達したら嬉しいなあと思っていましたが、
その倍の票数とは、帰宅して驚きました。皆様に感謝です。

なお、投票された方も24時間に一回、追加投票が可能で、
同じ候補者だけを10日間ひたすら神単推しもできますし、
ニ推し、三推しに振り分けることも可能ですので、是非~♪

初日の速報ということで、以下に列挙します。

カネキ(金木研)/主人公 26票/26.0%

ウタ(4区のマスク屋「HySy Art Mask Studio」店主) 11票/9.8%

トーカ(霧嶋董香)/〝ラビット〟 9票/9.0%

月山習/〝美食家〟/MM 8票/8.0%

鈴屋什造(〔CCG〕二等捜査官 所属:1区 担当:20区) 5票/5.0%

真戸暁(〔CCG〕二等捜査官 所属:1区 担当:20区) 4票/4.0%

真戸呉緒(〔CCG〕上等捜査官 所属:1区 担当:20区) 4票/4.0%

万丈数壱(元11区リーダー/反「アオギリ」) 4票/4.0%

リゼ(『神代利世』)/〝大喰い〟 4票/4.0%

ヒデ(永近英良)/カネキの親友 2票/2.0%

ニシキ(西尾錦) 2票/2.0%

古間(「あんていく」スタッフ。〝自称〟『20区の魔猿』) 2票/2.0%

平子丈(〔CCG〕上等捜査官 所属:1区 担当:21区) 2票/2.0%

馬渕(〔CCG〕捜査官/丸手の部下) 2票/2.0%

吉田カズオ(おまけ漫画の常連) 2票/2.0%

ヤモリ(「アオギリの樹」 11区幹部) 2票/2.0%

亜門鋼太朗(〔CCG〕上等捜査官 所属:1区 担当:20区) 1票/1.0%

丸手斎(〔CCG〕特等捜査官 「P.O.D!」) 1票/1.0%

ニシキの姉 1票/1.0%

西野貴未(ニシキの恋人) 1票/1.0%

タタラ(「アオギリの樹」 組織の仕切り) 1票/1.0%

ノロ(「アオギリの樹」 11区幹部・11区の臨時的な仕切り)1票/1.0%

瓶兄弟・兄(「アオギリの樹」 11区幹部) 1票/1.0%

瓶兄弟・弟(「アオギリの樹」 11区幹部) 1票/1.0%

霧嶋アヤト(「アオギリの樹」 11区幹部) 1票/1.0%

〝隻眼の王〟(「アオギリの樹」を率いる王/???) 1票/1.0%

〝梟〟(SSSレート喰種/???) 1票/1.0%



以下、私の所感です。

まず、企画者の自分の投票について申し上げます。
前回と同様、迷わずカネキくんに一票投じました。

前回の総選挙は、11区「アオギリ」編より前でした。
今回は『アオギリの樹』の面々にも票が入るのかなと、
個人的にそちらも楽しみの一つでした。思わずニヤリ。
幹部全員に票が行き渡っているのが良いなと思ったり。

ヤモリは作劇からも頷けるのですが、瓶兄弟やノロも、
ファンの方がいらっしゃるようで、嬉しく思いますね。

トーカちゃん、月山、什造辺りは予想通りの奮闘と言ったところですが、
前回と同様に票が集まるリゼちゃんや、真戸さんは頼もしいなあと痛感。

前回と違って出足が遅い四方さんが気にかかりますが、ウタさんは好調。

そして、登場してからまだ日が浅いアッキーラも好調な滑り出しですね。
お父さんと並んで同数というのがまたニクイ。今後も要注目の一人です。

〔CCG〕サイドも票が入っているのが嬉しいですね。
亜門さんは私も大好きですし、今後伸びると思います。
マルちゃんに入ったのもニヤリ。これは担当M様かな?

ツイッター上でも、様々な推し表明のコメントを頂戴しましたが、
「それぞれにバラバラ」なのが実に楽しく、健全だと思いました。

マッドでキラーなクレイジー親子を応援すると宣言した方、
月山&今回はバラケさせたいとコメントくださった方とか、
カネキくんに集中させるという方や、西尾推しの方も……。



※冒頭でも申し上げましたが、ここで石田先生と担当M様、愛読者の皆様にお詫び申し上げます。

本企画を開催したのは良かったですが、ラインナップの中で西尾が抜けてました。
これは断じて許されない大失態であります。ひとえに総ての責任は私にあります。


気付いたのがお昼で、よりによって一ヶ月で最も忙しい月末。
仕事をすっぽかしてネットカフェに飛び込む余裕もない中で、
正直、頭が真っ白でパニックになりましたが、大慌てで修正。
出先から、無理矢理更新する形で西尾を追加しておきました。

案の定、ツイッター上でも、それにお気付きになった西尾ファンの方からのツイートを発見しました。
石田先生と、西尾ファンの方には謝罪しましたが、改めて本作の読者様に心よりお詫び申し上げます。

勤務中の出先で、自宅のPCも使えない状況だったものですから、
苦肉の策として、まだ投票がなかったヒナミちゃんとヘタレには、
順序を入れ替える形にして、そこに西尾を投入する方にしました。
当初予定していた『忍者アンケートフォーラム』もそうでしたが、
選択肢を『任意の位置に挿入』することができないのがネックで、
編集画面で間違えた場合、それより下は全部パーで書き直しです。
なるべく西尾は「あんていく」ブロックに近いところに置きたい、
その想いから、断腸の想いでヘタレとヒナミちゃんを移動に……。

「あれ? 昼から順序が違うんじゃね?」と思われたそこの貴方、
こういう事情があった為です。混乱してしまった方にもお詫びを。

実は開催前に、同じヤンジャン愛読者仲間である或 犬良さんに、
候補者の一覧、私なりに拘った順序の検閲をお願いしたいと申請、
メールで話し合おう、ということでやり取りさせて頂いたのです。

その時に、犬良さんが仰ったのは「順序は文句なし」とのことで、
「トリがリゼちゃん」という私の拘りも理解してくださった模様。
その上で「トリだけにヘタレかカズオも台無し感を演出できる」、
とのナイスなご意見を頂戴していましたが、まさかの展開に……。

そう、まさか西尾を一覧のシメに持ってくる訳にはいきませんし、
「トリはリゼちゃんしかないわよ!」というのが私の意見でした。

しかし、ここに来て上記の理由からヘタレがまさかのトリに……。

そう、奇しくも、犬良さんのご意見通りの結果になるという珍事。
「トリだけに鳥」って誰がうまいこと言えと(笑)、と思いきや、


トリをヘタレにせざるを得ない状況に。

総ては犬良さんの思惑通り! 悔しい! でも(ビクンビクン)

いぬぬ可愛いよいぬぬ。

と言う訳で、トリがヘタレになってしまったのは、このような事情です。
悔しい……。練り込んで完璧だったはずの順序がこんな結果なんて……。

そして、改めて、全国一億三千万人の西尾ファンの皆様に心から謝罪を。

地面に頭を擦り付けて、先生と西尾ファンの皆様にお詫び申し上げます。

無論、石田先生と上記の皆様には「私を無条件でビンタできる」権利が既に発生しております。
オフ会やイベントなどでお逢いできることがありましたら、問答無用でビンタしてくださいね。

ちなみに、私はたい焼きも大好物なので、そちらからの丸飲みの刑も権利行使として有効です。

以下、西尾への謝罪です。

西尾、本当にごめんよ。

よりによって、キョンキョンや仮面ライダー轟鬼と同じ誕生日の君を、
『二月生まれ』で決して忘れてはならない君を、書き損じるとは……。
今年の君の誕生日に我が家でも一大事があったのに、申し訳ないです。

当初の『忍者アンケートフォーラム』と元のPCのデータから、
今のフォーマットに移行する際、コピー&ペーストで列挙して、
その時に、君は芳村マスターかヒナミちゃんに消えた形に……。

前回の総選挙の時にも公言しましたが、もしカネキくん以外にも投票できるなら、
ヒナミちゃんとイトリちゃんにも入れたかったという想い。それは今も同じです。

しかし、この場で君に一票投じない訳にはいかないね。
先生と全国の西尾ファンの皆様への謝罪の意味も込め、
ここは、上記のお二人より先に君にも一票入れますね。

改めて、先生と全国の西尾ファンの皆様と西尾に謝罪。

※2013/06/29の14:00頃には修正完了しております。

以降は、西尾にもちゃんと投票できますので、どうかご勘弁を。
今後は、二度とこのような無礼がないように、心掛けたいです。

これに懲りずに、残りの9日間も楽しんで頂けると幸いです。
私は上述の通り、西尾に投票の後、お二人に入れようかなと。

■Ghoul's talk 1
余談ですが、ヒナミちゃんとイトリちゃんの中間くらいの年齢の時(トーカちゃんが近いかな?)、
私の人生で最も美人だった時かもなと(どうでもいい話)。このお三方にも想い入れはありますね。
ちなみに、この時が最も痴漢や酔っ払いのオッサンに人気がありました(触られる方面で。苦笑)。

■Ghoul's talk 2
本日のBGM

ACiD
『Search Light』

D≒SIRE
『静夢-Silent Dream-』

雫...Shizuku
『月が闇に翳るとき…』
『終末』

PIERROT
『HELLO』

Angelo
『FEATHER』

『東京喰種-トーキョーグール-』総選挙#002の開幕です。  

前回の総選挙から一新、装いもアラタに始めます。
本作の愛読者の方に、楽しんで頂ければ幸いです。

今回は一人複数回投票嘉納教授システムにした分、期間を凝縮しています。ご注意くださいませ。

前回は『13』(J・S)日間でした。
今回は『10』日間となっております。

本日、6月29日からの10日間で、7月9日までとなります。
「肉の日からトーカちゃん泣く」と覚えるのも良いかなと……。

大体忘れました?

今回の企画で10日間を過ごして頂き、
そして投票終了から10日間が経つと、
コミックス第8巻と小説版の発売です。

念の為、参加される前に前回の記事もご一読くださいませ。



『東京喰種-トーキョーグール-』総選挙#002

『週刊ヤングジャンプ』で大人気連載中!
石田スイ先生の漫画『東京喰種‐トーキョーグール‐』より、
登場する喰種、及び人間の人気投票企画「第2弾」です。

※受付期間は2013/06/29~2013/07/09の10日間です。

※お一人様、24時間に一度、追加投票が可能です。


※フォームはPC用なので、PCからお願いします。


それでは、総選挙を開幕します。

参加される方は、以下のリンク先から、
または、右側のサイドバーからどうぞ。

当ブログの右側のサイドバーについては、期間終了までは表示しておきますが、
レイアウト面からも、以下のリンク先でご覧になるほうが見やすいと思います。

『東京喰種-トーキョーグール-』総選挙#002
ただいま作業を完了して、準備万端です。
予定通り、月末に開催したいと思います。


ちなみに、前回の総選挙はこちらになります。

『東京喰種‐トーキョーグール‐』総選挙

前回から大幅に変わった点を明記しておきます。
参加される方々は、ご一読くださると幸いです。

■ツイッターアカウントをお持ちでない方も投票可能

前回は『ツイッター総選挙』にて開催しましたけれど、
今回はツイッターに限定しない形での開催となります。

■候補者数は前回の約二倍

前回は11区「アオギリ」編より前に開催したもので、
今回は新展開突入で、前回から約八ヶ月経過してます。

余談ですが、総選挙#003、#004も既に考案して着手しています。

こちらは今までとはまた毛色が違う企画にするつもりです。
今だと時期尚早すぎますので、暫く温存しておく予定です。

■お一人様、一日に一回のペースで追加投票可能
(※より厳密に申し上げますと、「24時間に一回」のペースで可能

ご要望がありまして、当ブログでのご意見も水曜までの受付としていましたが、
ギリギリまで待ってみようと、そしてツイッターでもご意見を承りましたので、
当初の『一人一票』の予定をゼロから作り直して、『複数票投票可能』に変更。
ヤンジャン的に例えると『ヒトヒトリフタリ』から『ライフボール』システム。

ただし、申し訳ないのですが、コメント投稿は不可とさせて頂きます。
これは、候補者数一人に対してのコメント数が最大で10件の制限で、
「同じ候補者に先に投票した人はコメントできているのに……」とか、
そういった不平等感を無くす為です。心苦しいですが、ご容赦を……。
前回から鑑みるに、上位の候補者だと50票は集まると思いますので、
追加投票ができるように変更した分、譲歩して頂けると幸いです……。

そして、開催の前に、ここでもう一点触れておきたいと思います。

※以下は、「本日発売の本誌を購読された方のみ」ご覧ください。

※本誌未読の方、コミックス派の方は、ご覧になりませんように。








-- 続きを読む --

『BLEACH』542.THE BLADE IS ME  

前回からそのままに、実に熱い流れです。
そして、またしてもサブタイトルに脱帽。
なるほど、ここに着地する為だったとは。
二重どころの含意ではなく、ここに……!

以下は、今回の内容に言及した感想です。
未読の方は、お読みになりませんように。



何もないところで見つけた自分。
自分が溢れそうな空っぽの世界。


本当の自分を識ったその瞬間に、
そこで世界は強く変わり始める。




BLEACH

542



THE

BLADE

IS

ME



-- 続きを読む --

『ミラクルジャンプ』N°15発売!  

本作も『KIG⊃R∩MI ‐キグルミ‐』目当てで定期購読しています。

今回の表紙は、本誌発祥で、今では『週刊ヤングジャンプ』の顔である名作です。
あの名作が、『テラフォーマーズ外伝』として再び本誌に凱旋! 嬉しいですね。

『週刊ヤングジャンプ』と本誌『ミラクルジャンプ』は、
共にスピンオフや、出張掲載などの遺伝子交配があって、
どちらも欠かさず愛読している自分には嬉しいことです。
ヤンジャンで馴染みのある先生がこちらに掲載されたり、
柴田ヨクサル先生が、こちらで新連載を開始されたりと、
相乗効果で盛り上がれる構成&攻勢は実に良いなあって。

加えて、本誌は総じて読切のレベルが高いと思いますね。
読切作品も多めに掲載され、連載作品とバランスも良く、
この辺りも、毎号新鮮に感じられる要素だと思いますね。

ヤンジャンと関わりのある先生と言えば、最新号も最高。

『石影妖漫画譚』の河合孝典先生が、
新作『隠れ旅館 湯摩の里』を発表!


バンザイ! バンザイ! バンザーイ!!
待ちに待った約半年ぶりの新作に感激!!

もう今回は河合先生の新作が掲載される時点で購入確定。
これだけは逃せませんし、これだけでも定価分払います。

『ギャングスターアイランド』の霧科拓徒先生が、新作『終末JK』を発表!

『わたしはキャワワワ!!』の大亜門先生が、『ZOMBIE ZONE』を発表!

サンカクヘッド先生も、『干物妹!うまるちゃん 出張版』をこちらで発表!

『まいてはいけないローゼンメイデン』も半年振りに掲載!

と言う訳で、実に賑々しいラインナップです。
前述の通り、読切作品も充実していますので、
この最新号から読み始めても大丈夫でしょう。

勿論、『隠れ旅館 湯摩の里』も、『KIG⊃R∩MI ‐キグルミ‐』も個別記事を予定しています。

東映特撮YouTube Officialにて『時空戦士スピルバン』配信中!  

私の生涯を貫く永遠のヒーローである渡洋史さんの代表作であり、
東映さんにとっても我が国のヒーロー史にとっても歴史的な名作!

『時空戦士スピルバン』が配信中!

『宇宙刑事ギャバン』から始まり、
『宇宙刑事シャリバン』に繋がり、
『宇宙刑事シャイダー』まで続く、
昨今の復活と大活躍も記憶に新しい『宇宙刑事』シリーズ、
そして、その三部作に続くのが『巨獣特捜ジャスピオン』。

本作は、キャストの皆様、スタッフの皆様共に、
その集大成にして総決算とも言える大傑作です。

今視ても全く遜色なく、緻密にして大胆な作劇、
奥深くてハードなドラマ性、そしてカタルシス、
それでありながら老若男女問わず愛される作風。

正に、あの当時できることを限界まで突き詰めて、とことん貫いた名作でしょう。
事実、今の自分が再び視聴しても、ただただときめいて燃えるばかりの作劇です。

『宇宙刑事シャリバン』の主人公シャリバンである渡洋史さんが、スピルバンを。

『宇宙刑事シャイダー』の女宇宙刑事アニーである森永奈緒美さんが、ヘレンを。

多くの特撮作品で魔女やボスを演じてこられた曽我町子さんが、女王パンドラを。

あの水木一郎アニキが主題歌や挿入歌のみならず、本編でも更にスペシャルな役。

後に数々の作品で絶賛されることになる雨宮慶太監督がデザイナーとしてご活躍。

『宇宙刑事ギャバン』以来メインライターを務められた上原正三さんの総決算で、
本作が最後のメインライター作品となったのも実に感慨深く、納得の内容でした。

上原さんと長年タッグを組まれてきた吉川プロデューサーの集大成とも言えます。



本放送当時、渡さんに心から憧れて、何度シャリバン・スピルバンごっこしたか。
そして、その想いは今でも変わりありません。渡さんの勇姿を瞳に焼き付けます。

当時の自分は、その重厚且つヘヴィーな設定に、恐れながら視ていた記憶が強く、
ここで詳細には触れたくないので割愛しますが、主人公側の設定が堪えましたね。
なんて哀しく、痛々しいのだろうと。その出生からの歳月、そして現在まで……。

最愛のお父さん、お姉さんとの哀しすぎる悲劇。それに追い討ちを掛ける仕打ち。
いつかきっとスピルバンがみんなを救ってくれるんだ。私はそう信じ続けました。
中盤から、正にファンが待ち焦がれていた瞬間が訪れ、ここでカタルシス大爆発。

この年齢になって、再びこうして視聴して、当時とは違った印象も抱けましたね。
大五郎さんを中心に、コミカルで明るい作劇も思いの外多かったのだなあと実感。
きちんとそういった部分も配慮されており、改めてその細やかな心遣いに感謝も。

本作と並んで公式で同時配信中の『ビーファイターカブト』もそうですけれども、
オープニング映像と主題歌とのマッチングも素晴らしく、条件反射的に燃えます。
双方に言えることですが、イントロ頭のギターの泣き、あのフレーズが最高です。
あそこでグッと来て、そのままのテンションが落ちることなく燃える一方ですね。
太陽を背に、二人で並んで歩くスピルバンとダイアナ。そして、その二人が……!
そこには言葉など必要ない説得力です。ただ、そこにいるだけで格好良いのです。
本作ではBメロの歌詞も熱く、サビまで本作に欠かせないキーワードの連発です。
我らがアニキの熱唱、そしてエンディングも勿論アニキ。更に本作自体にも……。

また毎週共に過ごせること、あのポーズを練習できるのが堪らなく嬉しいですね。
まだご覧になったことがない方は、この機会に視聴されることを推奨したいです。
特撮ヒーローに一度でも憧れた方は勿論、そうでない方にも推奨できる名作です。

渡洋史さんの勇姿を心に刻み付けると共に、この歴史的名作を体感する日々です。

「結晶!!」

『極黒のブリュンヒルデ』第62話 血と汗と  

前号では一週お休みでしたけれど犬良さんの企画のおかげで二週間盛り上がっぱなしでした!

そして、前回の表紙&巻頭グラビアは岡本倫先生が!
と思って、よく見たらそうではなく、岡本玲ちゃん。

しかし!(何が「しかし」なんだ) 次号では遂に!

『極黒のブリュンヒルデ』巻頭カラー!!

更に、巻頭グラビアがきゃりーちゃんとは引力ね♪
『ヴァルキュリア』こときゅりーちゃん(逆か)、
彼女の登場に続き、このタイミングで本誌に……!

閑話休題。

■前々回のあらすじ(筋肉少女帯的に)
『佳奈、頭をよくしてあげよう』(アルバム『レティクル座妄想』)
『再殺部隊』(アルバム『ステーシーの美術』)
『友と学校』(アルバム『最後の聖戦』)
『ハッピーアイスクリーム』(アルバム『レティクル座妄想』)

■前回のあらすじ
GRASS『Under Neon』

■今回のあらすじ
JILS『赤い花』

という私的な第一印象。あ、今回のは寧子ちゃんと良太くんの場合が適切ね。

はい。と言う訳で、周回遅れギリギリにして何気に続いている本作感想です。
うちの感想なんぞ、岡本先生のファンの方は誰も見てないだろうという前提。
と思いきや、意外にも本作の検索でお越しになる方がいらっしゃるのね……。

うちにがっかりして回れ右されるとは思いますが、
その前に、まともな考察ファンブログのご紹介を。

或 犬良さん『夕暮れナンセンス ネクサス』(http://blog.livedoor.jp/shibainuryou)
ALORCさん『ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook』(http://d.hatena.ne.jp/bottle512/)
アカネさん『しょせん、吹き溜まりinスペース』(http://nanntonakukakkokari.blog8.fc2.com/)

この三本柱なら、間違いなく読んで損はさせませんので。
是非とも、お三方それぞれのテイストをご堪能ください。

と言う訳で、うちはうちなりにマイペースでまったり書こうと思っています。
以下は今回の内容に言及した感想です。未読の方はご覧になりませんように。



『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

最新コミックス第5巻も、全国で大絶賛!

世界で最も残酷な【アイ】がここにある。




極黒のブリュンヒルデ

第62話 と汗と



-- 続きを読む --

『東京喰種‐トーキョーグール‐』総選挙#002について  

当初の予定通り、何事もなく今月末に開催する予定でしたが、
ご意見があったので、開催日が遅れる可能性が出てきました。

まず、始めに前回の記事をご参照くださいませ。

※6/22の記事
『東京喰種‐トーキョーグール‐』総選挙#002を開催します。

前回の総選挙と同様の投票システムとして、
一人一票で一度のみ有効の方法を予定して
(私的に『ヒトヒトリフタリ』システム、またの名を『ONE LIFE,ONE DEATH』システム)、
その前提で9割方作業を完了していたのですが、
ここに来て『一人が複数回投票』できるように、
とのご意見があり、更に水面下に逆戻り(笑)。

具体的に申し上げますと、『忍者アンケートフォーム』で開催する段取り。
本誌とリアルタイムで連動して更新し続け、既に作業の方も9割完了です。

前回で他の方からは異論はなかったので、そのまま進めるつもりでしたが、
この場で、最後にもう一度ご意見を受け止める場として用意しましたので、
ご意見がある方がいらっしゃいましたら、コメント欄までお願い致します。

正直、今からまたご意見を募って、ディスカッションして、
開催サイト自体の調査と実際の作業まで含めて進めますと、
予定している開催日に間に合わない
懸念がありますが……。
私的にはそれがもっとも恐るべきことで、嫌なことですね。

告知しておいて何だよ、って思われて当然の不義理ですし。

念の為、申し上げておきますと、遅らせる予定はないです。

と言う訳で、早く『時空戦士スピルバン』記事を書きたい。
上記の理由から、最長でも水曜までの受け付けとしますね。
何しろ木曜はヤンジャン曜日。うちの感想執筆開始なので。
本作ならではの設定ゆえ、連載当初から何でもアリ感は強かったものの、
登場人物も増えてきた中、ますますその傾向が加速して良い感じですね。

以下は今回の内容に触れた感想を。未読の方はご覧になりませんように。



痛さは強さ。
でも、痛さ。


-- 続きを読む --

『東京喰種‐トーキョーグール‐』#083[神父]  

『東京喰種‐トーキョーグール‐ 解体“真”報』も更新されました。

『東京喰種週報』と、担当M様からも公式アナウンスされている通り、
上記の特設サイトにて、待望の小説版を試し読みすることができます。

そして本誌読者には言わずもがなですが、『BEARS TALK』も必見。

今回の感想では、小説版の試し読みについても言及します。
本誌を未読である方々は、以下をご覧になりませんように。



『amaze』に囚われた心の中に『maze』がある。

『口』の中に『人』がいる。
肉を喰らい、命を吸囚する。

希代の芸術家・石田スイにしか描けない驚愕の迷宮!
漫画界に新たなる傷跡と鮮血を残した衝撃の問題作!




東京  喰種
トーキョーグール Tokyo Ghoul

#083[神父] 石田スイ
  Ishida Sui


-- 続きを読む --
待ちに待った『月イチ連載』で嬉しい限りです。
毎度お馴染みの『掲載そのものがネタ』扱いで、
絶対に『月イチ連載』と言わずに貫き通す姿勢、
ヤンジャン編集部さんの『全力ネタ振り』最高。

連 載 の 足 音 が 聞 こ え る … 。

2週連続スキマ掲載!!


毎度ながら、担当様のアオリ文句の素晴らしさに抱腹絶倒です(笑)。
本誌巻末の次号予告でも、その辺りは抜かりなし。隅々までオイシイ。

男の胃袋をガッチリ掴め…もう
連載でいいじゃないですか!?


当然抜かりなし。どの口が言うかと(笑)。

ヤンジャン編集部さん最高だわ。愛してる。
ならば、こちらも愛で応えるのが礼儀なり。

もうげに連載になってるじゃないですか!? ずっ友だょ!!

ここで「あれ!?」とお気付きになったあなたは編集部さんの術中に嵌まったヤンジャン読者。
そう、特別読切(敢えて言ってみる)とは今回のみならず、次号予告にまで公式アナウンスが!

奇跡! 2週連続掲載、第2回!!

バンザイ! バンザイ! バンザーイ!!

下半期も代原枠(敢えて言ってみる)総ナメに期待してますよ♪
そして我々読者の大願成就の時、コミックス化を確信してます。



ちなみに、今までの感想記事は以下の通りです。

三度目の正直(2012.11.10)、

四度目の復活(2012.12.06)、

五度目の覚醒(2013.01.04)、

六度目の幻聴(2013.02.15)、

七度目の僥倖(2013.02.24)、

八度目の直撃(2013.03.19)、

九度目の究極(2013.03.31)、

十度目の重症(2013.04.28)、

2桁台NEXT DIMENSION突入。

11回目のパープルイノベーション(2013.05.25)

巻き起こせ、パープルストリーム!
この時代に、澁川ムーブメントを!

と言う訳で、如月のブログは今後も変わらず応援していきます。
本作が篠田麻里子様と並んで本誌表紙を飾る日も遠くないはず。
誰に何と言われようとも、私はその日を信じて孤軍奮闘します。

と言う訳で、本誌次号のモノクログラビアはパープル式部です!



本編以外のネタ振りがあまりにも完璧すぎるので(笑)、
どうしても前置きが長くなってしまうところなのですが、
これより先は、今回の内容に触れた感想となります……。
未読の方は、これより先をご覧になりませんように……。

うちなんかより、本誌を買って、是非ともアンケートを!
今回のハガキ裏面は本作個別の設問という絶好の勝機が!
正しく私の出番です。待ってろよ、編集部の偉い人たち!
今度こそ、キャワワワ連載終了の無念を晴らしてやるぞ!

げにだょ!! 切実だょ!!


-- 続きを読む --
いつもお世話になっている同じヤンジャン愛読者で、岡本倫先生の熱烈なファンである或 犬良さん
その犬良さんが企画された『第一回・夕暮れネクサス版『極黒のブリュンヒルデ』人気キャラ投票』
こちらもとんでもない盛り上がり。休載の救済どころか、ニ週間盛り上がりっ放しというお祭り騒ぎ!

無論、私もそちらに参加させて頂き、楽しくて仕方がない毎日♪
投票期間が被ると申し訳ないと思い、黙っていましたが(笑)、
件名の通りで、実は密かに水面下でその作業を続けていました。
ほぼ準備万端といったところで、月末の開催を予定しています。

今回は、前回の約2倍の候補者数(選択肢)となっております。

ちなみに、『前回』については、こちらをご参照くださいませ。

『東京喰種‐トーキョーグール‐』総選挙

連載一周年突破記念、新展開突入記念、
コミックス第8巻&ノベルス発売記念、
その意味合いもあって、考案しました。
前回からは半年以上経過していますし、
選択肢も大幅に増えたので、頃合かと。

そして、今回はツイッターアカウントをお持ちでない方々でも参加できるようにしてます。
ただし、携帯電話やスマートフォンからの投票は不可ですので、PCからご参加ください。

冒頭で申し上げた通り、今月末開催予定。それまでに推しメンを決めておくのも一興かと。
詳細は、またおいおい当ブログと、ツイッターの方で発信していきますので、お楽しみに。

今年は、今まで以上に本作を盛り上げたいですね。愛読者の方は振るってご参加ください。

『白雪姫と7人の囚人』第31話 信心-4-  

VOMIC版の感想は全4回分欠かさず書いたのですが、何だかんだで今週も遅れ気味です。
そんな状況でも、本作のことを考えるとVOMIC版もまた味わいたくなるのが本音ですね。

遅れ馳せながら、ようやくコミックスも改めて再読できましたし、
本作についても、もっと時間をかけて味わい直したいところです。

以下は、今回の内容に触れた感想となっていますので、ご注意を。
本誌を未読の方々は、これより先はご覧になりませんように……。



『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

『週刊ヤングジャンプ』公式サイトで、『白雪第一閲覧室』も毎週公開中!

『集英社ヴォイスコミックステーション-VOMIC-』で、声で読む漫画【VOMIC】も配信中!



猛進の強敵。

妄信の少女。

確信の少年。




- 東 京 闘 争 戯 曲 -
白 雪 姫 と 7 人 の 囚 人
SNOW WHITE & SEVEN DWARFS

第31話 信心-4-


-- 続きを読む --

『ヒトヒトリフタリ』Life78 春日荘一郎の覚悟  

前回のサブタイトルも直接的で強烈でしたが、
今回もまた然り。いえ、前回以上と言えます。

さて、以下は今回の内容に触れた感想なので、
未読の方は、以下をご覧になりませんように。



日本国民必読。

ここに、鬼才・髙橋ツトムの本気がある。
今を生きる総てのヒトへ。これがリアル。


ヒトリからフタリ。新しき魂の光と道へ。

ヒトヒトリフタリ

Life78 春日荘一郎の覚悟


-- 続きを読む --

『ミエリーノ柏木』*CASE22* 恋愛のかたち  

連載開始から本誌で愛読して、一話足りとも欠かさず感想を書いてきました。
最初から最終回まで欠かさず感想を書いたのは、現時点では本作が唯一です。
つまり、私にとってはそれだけ本気で愛読できた大好きな作品でもあります。

勿論、きっかけとして原作や主人公のゆきりんも大きかったのは事実ですが、
それ以上に、私にとっては何よりも大谷紀子先生の絵柄が最大の魅力でした。
連載開始当初は、前者の印象の期待もありましたし、とっつきやすくもあり、
ところが、毎週愛読するうちに、いつしか後者にスライドする自分がいたり。

自分が書いた感想を自分で読み返すというのは滅多にしないことですけれど、
ざっと読み返してみたら、やっぱりその心境がありありと感想に出てますね。

単純なテレビドラマのコミカライズの枠を遥かに超えたときめきがあります。
それだけは、声を大声ダイヤモンドにして申し上げておきたい重大な点です。




そんな大好きな本作が、遂に最終回を迎えました。

さて、本誌の感想としては今回が最後になります。

以下は、最終回の内容に触れた感想となってます。
本誌未読の方は7月19日発売の第2巻を待つか、
今すぐ本誌に『手を伸ばして』みてくださいませ。
是非ともご自身の手と瞳で確認してくださいませ。

きっと、読み終わる頃には笑顔になれるはずです。


それでは、今回の感想へ……。



柏 木 が 巡 り 合 う
     未 来 と は ―― !?



ミ エ リ ー ノ 柏 木

企画/原作 秋元康 脚本 タカハタ秀太 漫画 大谷紀子

*CASE22*
恋愛のかたち



-- 続きを読む --

『ねじまきカギュー』第百十ニ話◎生徒会解散総選挙9  

例によって、文字化けの懸念から丸で囲まずに「9」と表記していますが、
その辺りは、ご了承くださいませ。さてさて、それでは今回の感想へ……。

以下は今回の内容に触れた感想です。未読の方はご覧になりませんように。



-- 続きを読む --

『GOKUSAI』Art.036 [絵が現実を超える]  

あの一件が分岐点と言える展開になって、
そこからジョー自身のコアな展開に……。

個人的には、とても良い作劇だなと……。

以下は、今回の内容に触れていますので、
未読の方はご覧になりませんように……。



『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

未だかつてない極彩の極才が登場!
これこそアートコミックの彩前線!



GOKUSAI


Art.036 [絵が現実を超える]


-- 続きを読む --
本誌連載も第7回を越えて、めでたくコミックス第1巻の発売となりました。
『月刊ヒーローズ』は創刊号から購読しており、こちらも毎月愛読してます。
『ヒーローズコミックス』のレーベルで購読する作品が、また増えましたね。

この第1巻では、連載第5回目まで収録されていますので、
本誌とのブランクは連載2回分です。まだ追い着けますし、
月刊誌であることを思うと、どちらも抑える良い機会かと。

収録内容は下記の通りです。

『装刀凱 ―ソードガイ―』NOIR.001 死龍
『装刀凱 ―ソードガイ―』NOIR.002 オリジン
『装刀凱 ―ソードガイ―』NOIR.003 アテンダント
『装刀凱 ―ソードガイ―』NOIR.004 正邪
『装刀凱 ―ソードガイ―』NOIR.005 発現

ただ、厳密にはこれだけではなくて……。

おっと、これより先は記事をニ分割して、
そちらで書いていきたいと思いますので、
未読の方、未購入の方はご注意ください。


-- 続きを読む --

『BLEACH』541.THE BLADE AND ME 2  

前回の驚愕からそのまま続く今回ですが、
ニクイ! 実にニクイ! やられました!

ここに来て、このサブタイトルだなんて!

以下は、今回の内容に触れた感想なので、
未読の方はご覧になりませんように……。



勝つことよりも、負けないこと。
勝つことよりも、打ち克つこと。

自分の中の本当の自分に出逢う為に。



BLEACH

541 THE BLADE AND ME 2



-- 続きを読む --

『東京喰種‐トーキョーグール‐』#082[識者]  

担当M様のツイートで公式発表があり、
『東京喰種週報』でも明かされました。

よりによって『13日の木曜日』発売の本誌で、この朗報とは!
更に本編の内容が内容ですしね。こんな引力があるなんて凄い。
ある程度は狙えるにしても、完全に狙い打ちは難しいはずだし。

『東京喰種-トーキョーグール-』小説化……!!

7月19日、最新コミックス第8巻と同時発売!

『東京喰種‐トーキョーグール‐ 解体“真”報』も更新!

と言う訳で、これは嬉しいです!

新展開も盛り上がる一方ですが、
原作とは別の作品が公式に誕生!

石田先生の原作をプロの方が昇華させるという夢のコラボレーションが嬉しいです。
無論、担当M様のお返事より先に予約は完了しており、準備万端であります(笑)。
生きつけの書店で書籍コードを話すと、早すぎ&登録がまだですと言われましたが、
まあ、そこはそれ。勿論、うちではこちらもプッシュ&単独記事も予定しています。
その頃に楽しみがまたあるかもね、と確約できませんが、申し上げておきましょう。

以下は今回の内容に触れますので、本誌を未読の方はご覧になりませんように……。
また、小説版についても、以下で言及していきますので、そちらもご了承ください。



異形の獣を駆逐する為、
人々の平和を守る為に、
彼らは戦い続けている。

そして、その内奥には、
驚愕の世界がある……!



『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

既刊累計130万部突破! この勢いはもう誰にも止められない!

漫画の表現を、境界を超越する問題作!
総てを喰らい尽くす衝撃がここにある!


トーキョーグール Tokyo Ghoul
        東京 喰種

#082[識者]

石田スイ Ishida Sui


-- 続きを読む --

『ミエリーノ柏木』*CASE21* ごめんなさい  

前回でまた一区切り、大杉さんの一件は解決しましたが、
ここで、ゆきりんに蟠りが。そして自分自身への疑問が。

以下は、今回の内容に触れた感想となっておりますので、
本誌を未読の方は、以下をご覧になりませんように……。



恋 は 、 開 店 休 業 中 ―― !?



ミエリーノ柏木

*CASE21* ごめんなさい


-- 続きを読む --

『ねじまきカギュー』第百十一話◎生徒会解散総選挙8  

鎮死剤切れまで二週間というタイムリミットで始まった総選挙も白熱しています。
或 犬良さんによる『極黒のブリュンヒルデ』スペシャル企画も盛り上がる一方!
第一回・夕暮れネクサス版『極黒のブリュンヒルデ』人気キャラ投票も、開催中!

本誌読者の方は、是非ともご参加くださいませー♪

と、総選挙繋がりの宣伝も終えたところで(笑)、本作の感想へ。

ちなみに、厳密な表記だと文字化けの懸念があるので、「8」にしました。
もっと言うと、「◎」も本当はちょっと違いますが、そこはご容赦を……。

以下は、今回の内容に触れてますので、
未読の方は、ご覧になりませんように。



-- 続きを読む --

『ヒトヒトリフタリ』Life77 暗黒世界へ  

前回での痛々しい姿が、そのまま今回の扉ページに……。
思わず絶句しました……。正に命を賭した守護霊が……。

以下は、今回の内容に言及した感想となっていますので、
本誌を未読の方は、以下をご覧になりませんように……。



磔にされた男は、後にただ一人、死んだ男を蘇らせた。



そして、今――。

磔の少女。

蘇った男。             

今、フタリは暗黒の世界に突き進む。 (darker than darkness)

この日本を魔の手から救い出す為に。 (Memento mori)

暗黒の悪魔からこの日本を守る為に。 (Les Enfants Terribles)

暗闇の少年を光の力で救い出す為に。 (Madman Blues)



日本国民必読。           (ONE LIFE,ONE DEATH)


ヒトヒトリフタリ

Life77 暗黒世界へ


-- 続きを読む --

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。