FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

『ハイファイクラスタ』第3話「こんなでも六攻特課の」  

感想の前に、本作の設定とあらすじを。

舞台は、近未来2045年の東京。
才能(アビリティ)ラベル〟というラベルが当たり前に使われている社会。
人々はそのラベルを貼ることで、様々な才能を発揮する。

貼るだけで『才能』を使いこなせる便利なラベル。
便利なその道具に頼る者、溺れる者もいる。

そして、悪用する者も……。

そこに現れるのが『警視庁 捜査六課 対才能犯罪 攻性特務課』

通称〝六攻特課〟――。




ちなみに、以前に一度書いた読切の感想はこちらです。

※ただし、今回の新連載と繋がりがありますので、
本作を未読の方は充分に注意された方が良いと申し上げておきます。

後藤逸平先生の『Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-』感想

以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。



2045年・東京――
“才能”をダウンロードせよ!!


ハイファイクラスタ

第3話「こんなでも六攻特課(ウチ)の」


-- 続きを読む --

『ハイファイクラスタ』第2話「決めるのはいつだって」  

感想の前に、本作の設定とあらすじを。

舞台は、近未来2045年の東京。
才能(アビリティ)ラベル〟というラベルが当たり前に使われている社会。
人々はそのラベルを貼ることで、様々な才能を発揮する。

貼るだけで『才能』を使いこなせる便利なラベル。
便利なその道具に頼る者、溺れる者もいる。

そして、悪用する者も……。

そこに現れるのが『警視庁 捜査六課 対才能犯罪 攻性特務課』

通称〝六攻特課〟――。




ちなみに、以前に一度書いた読切の感想はこちらです。

※ただし、今回の新連載と繋がりがありますので、
本作を未読の方は充分に注意された方が良いと申し上げておきます。

後藤逸平先生の『Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-』感想

以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。



2045年・東京――
“才能”をダウンロードせよ!!


ハイファイクラスタ



-- 続きを読む --

『ハイファイクラスタ』第1話「愛と勇気は」  

後藤逸平先生が遂に新連載開始ということで、飛び上がって喜びました。
『六攻特課』『Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-』の二本の読切を経て、
再び『週刊少年ジャンプ』で、あの物語が描かれます!

と言う訳で、今まで読んできた読者ならわかるように、タイトルからも明白です。
この三作品は、全く独立した作品ではなく、繋がっています。
今回の新連載に向けたプロトタイプと換言することもできるでしょう。

ちなみに、以前に一度書いた読切の感想はこちらです。

※ただし、上述の通り、今回の新連載と繋がりがありますので、
本作を未読の方は充分に注意された方が良いと申し上げておきます。

後藤逸平先生の『Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-』感想

感想の前に、本作の設定とあらすじを。

舞台は、近未来2045年の東京。
才能(アビリティ)ラベル〟というラベルが当たり前に使われている社会。
人々はそのラベルを貼ることで、様々な才能を発揮する。

貼るだけで『才能』を使いこなせる便利なラベル。
便利なその道具に頼る者、溺れる者もいる。

そして、悪用する者も……。

そこに現れるのが『警視庁 捜査六課 対才能犯罪 攻性特務課』

通称〝六攻特課〟――。




以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。



2045年・東京――
“才能”をダウンロードせよ!!


ハイファイクラスタ


-- 続きを読む --

後藤逸平先生の『Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-』感想  

『週刊少年ジャンプ』の作品では『BLEACH』と『ワールドトリガー』が好きなのですが
(逆に言うと、最近はそれ以外殆ど把握できていない情けなさ。苦笑)、
今回の本誌は、表紙を眼にした瞬間に「おおおおお!!」と飛び上がりました。

後藤逸平先生の読切が掲載! しかも『六攻特課』!!

私の記憶が確かなら、以前に本誌掲載された『六攻特課』の後藤先生だよなと。

本作のタイトルにも『六攻特課』の表記が確かにあるし。

と言う訳で、これは読み逃せないなと。

以前の読切について記憶が薄れているのが残念なところですけれど、
本作は充分に楽しめました。これはアンケートでもプッシュしたいですね。

そして、感想も書いておこうと思い立った次第です。

以下に、ネタばれにならない程度のあらすじを。



※それも見たくないという方は、ここまでで引き戻してくださいませ。






それでは、あらすじを。

舞台は、今よりも少し未来。2045年の東京。

この世界には〝才能(アビリティ)ラベル〟という道具があり、
貼ることで「アプリ化された才能を誰でも気軽にダウンロード」できます。

その気軽さと便利さゆえに、瞬く間に浸透して、なくてはならないものになりました。

そんな、生まれ持った才能で差がつくことのない公平で平等な社会、
人呼んで〝才能社会(アビリティソサエティ)〟が、この社会です。

本作は、そんな『世界』で〝才能〟に躓き悩む少年の物語です。




それでは、感想を。

以下は今回の内容に触れた感想となりますので、記事を分割します。
未読の方は、くれぐれも以下にご注意くださいませ。



-- 続きを読む --

▲Page top