日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オトノバ』15曲目「腹がふくれない音楽」  

『週刊ヤングマガジン』で大絶賛連載中!

連載開始以来、とにかくツボに刺さりっぱなしで、毎週楽しみで仕方がないです。
そこに来て、灼熱の展開に突っ込んでいるのが現在の本誌連載です。

私的に『ハレ婚。』と並んで今のヤンマガ本誌に欠かせません。
このニ作の為に本誌定期購読しています。

タイトルからもおわかりの通り、音楽漫画です。
勿論、音楽に詳しくない方も全く問題なく楽しめる作品です。
音楽好きの方がニヤリとできる要素のオンパレードなのは言わずもがな。

あらすじを以下に、そして感想の方は例によって分割しておきます。

感想は今回の内容に触れていますので、本誌未読の方はご注意くださいませ。



〇これまでのあらすじ

主人公・ダイスケ(星ヶ原大助)は高校生。
青春まっしぐら、思春期真っ盛りで、音楽で世界のスターを夢見て、
数々の音楽をギターでコピーしてはクラスで鬱陶しがられる毎日。
ある日、東京から来た転校生・山寺武彦がクラスメイトに。
ダイスケがギターを弾いてみてくれと声をかけるが、山寺は断る。
二人は早速衝突してしまう。

そして、間近で体感した山寺の演奏。
それは圧倒的な世界だった。
ダイスケは打ちのめされた……。

高校の文化祭ライブにバンドとして出場して、山寺を見返したいダイスケ。
紆余曲折ありながらも、何とかドラムのヒカリと、ベースの生徒会長がメンバーに。

そこにインディーズシーンで人気を博すバンド・『グライダーズ』の秋島と知り合う。
秋島は、過去の山寺と関わりがあった……!?

そして、秋島からダイスケに、ある提案が。

『グライダーズ』のライブに、ダイスケたちが飛び入り参加!

完全にアウェイの中、ダイスケ、ヒカリ、会長が遂に初ライヴ!!




ヤンマガ発、青春&ロック漫画!!

かつてない灼熱の展開に突入!!


『オトノバ』はライヴハウス・ヤングマガジンで毎週開演中!

期待の新鋭・河上大志郎先生が描く青春ロック活劇! そして、人間ロック!
青春の輝きに満ちた叫びの『音』を誌面から感じろ!!

本誌最新52号のチケットは11/22(月)より、
全国の書店・コンビニのプレイガイドで発売中!

更に重大発表あり!


先生の単独音源が遂に発売決定!!

河上大志郎先生のメジャーファーストフルアルバム『オトノバ』は、
講談社・ヤンマガKCレーベルより12/5(金)に全国発売決定!!

本誌とコミックスから河上先生の魂の『音』を感じろ!!

Read it loud!



-- 続きを読む --
スポンサーサイト

『オトノバ』14曲目「カリスマ性」  

『週刊ヤングマガジン』で大絶賛連載中!

連載開始以来、とにかくツボに刺さりっぱなしで、毎週楽しみで仕方がないです。
私的に『ハレ婚。』と並んで今のヤンマガ本誌に欠かせません。
このニ作の為に本誌定期購読しています。

タイトルからもおわかりの通り、音楽漫画です。
勿論、音楽に詳しくない方も全く問題なく楽しめる作品です。
音楽好きの方がニヤリとできる要素のオンパレードなのは言わずもがな。

あらすじを以下に、そして感想の方は例によって分割しておきます。

感想は今回の内容に触れていますので、本誌未読の方はご注意くださいませ。



〇これまでのあらすじ

主人公・ダイスケ(星ヶ原大助)は高校生。
青春まっしぐら、思春期真っ盛りで、音楽で世界のスターを夢見て、
数々の音楽をギターでコピーしてはクラスで鬱陶しがられる毎日。
ある日、東京から来た転校生・山寺武彦がクラスメイトに。
ダイスケがギターを弾いてみてくれと声をかけるが、山寺は断る。
二人は早速衝突してしまう。

そして、間近で体感した山寺の演奏。
それは圧倒的な世界だった。
ダイスケは打ちのめされた……。

高校の文化祭ライブにバンドとして出場して、山寺を見返したいダイスケ。
紆余曲折ありながらも、何とかドラムのヒカリと、ベースの生徒会長がメンバーに。

そこにインディーズシーンで人気を博すバンド・『グライダーズ』の秋島と知り合う。
秋島は、過去の山寺と関わりがあった……!?

そして、秋島からダイスケに、ある提案が。

『グライダーズ』のライブに、ダイスケたちが飛び入り参加!

完全にアウェイの中、ダイスケ、ヒカリ、会長が遂に初ライヴ!!




ヤンマガ発、青春&ロック漫画!!

かつてない灼熱の展開に突入!!


『オトノバ』はライヴハウス・ヤングマガジンで毎週開演中!

期待の新鋭・河上大志郎先生が描く青春ロック活劇! そして、人間ロック!
青春の輝きに満ちた叫びの『音』を誌面から感じろ!!

本誌最新51号のチケットは11/17(月)より、
全国の書店・コンビニのプレイガイドで発売中!

そして、本誌51号で重大発表あり!


先生の単独音源が遂に発売決定!!

河上大志郎先生のメジャーファーストフルアルバム『オトノバ』は、
講談社・ヤンマガKCレーベルより12/5(金)に全国発売決定!!

本誌とコミックスから河上先生の魂の『音』を感じろ!!

Read it loud!



-- 続きを読む --

『オトノバ』13曲目「“勝ち”と“負け”」  

『週刊ヤングマガジン』で大絶賛連載中!
私的に『ハレ婚。』と共に毎週楽しみで仕方がない作品です。
今のヤンマガに欠かせません。このニ作の為に定期購読しています。

タイトルからもおわかりの通り、音楽漫画です。
勿論、音楽に詳しくない方も全く問題なく楽しめる作品です。

あらすじを以下に、そして感想の方は例によって分割しておきます。

感想は今回の内容に触れていますので、本誌未読の方はご注意くださいませ。



〇これまでのあらすじ

主人公・ダイスケ(星ヶ原大助)は高校生。
青春まっしぐら、思春期真っ盛りで、音楽で世界のスターを夢見て、
数々の音楽をギターでコピーしてはクラスで鬱陶しがられる毎日。
ある日、東京から来た転校生・山寺武彦がクラスメイトに。
ダイスケがギターを弾いてみてくれと声をかけるが、山寺は断る。
二人は早速衝突してしまう。

そして、間近で体感した山寺の演奏。
それは圧倒的な世界だった。
ダイスケは打ちのめされた……。

高校の文化祭ライブにバンドとして出場して、山寺を見返したいダイスケ。
紆余曲折ありながらも、何とかドラムのヒカリと、ベースの生徒会長がメンバーに。

そこにインディーズシーンで人気を博すバンド・『グライダーズ』の秋島と知り合う。
秋島は、過去の山寺と関わりがあった……!?

そして、秋島からダイスケに、ある提案が。

『グライダーズ』のライブに、ダイスケたちが……!!




ヤンマガ発、青春&ロック漫画!!

更なる新シリーズに突入!!


かつてない灼熱の展開!!
『オトノバ』はライヴハウス・ヤングマガジンで毎週開演中!

期待の新鋭・河上大志郎先生が描く青春ロック活劇! そして、人間ロック!
青春の輝きに満ちた叫びの『音』を誌面から感じろ!!

Read it loud!



-- 続きを読む --

『オトノバ』12曲目「今やれることを」  

『週刊ヤングマガジン』で大絶賛連載中!
私的に『ハレ婚。』と共に毎週楽しみで仕方がない作品です。
めっちゃ面白くて、熱くて、読んでいてときめく作品です。

タイトルからもおわかりの通り、音楽漫画です。
勿論、音楽に詳しくない方も全く問題なく楽しめる作品です。

あらすじを以下に、そして感想の方は例によって分割しておきます。

感想は今回の内容に触れていますので、本誌未読の方はご注意くださいませ。



〇これまでのあらすじ

主人公・ダイスケ(星ヶ原大助)は高校生。
青春まっしぐら、思春期真っ盛りで、音楽で世界のスターを夢見て、
数々の音楽をギターでコピーしてはクラスで鬱陶しがられる毎日。
ある日、東京から来た転校生・山寺武彦がクラスメイトに。
ダイスケがギターを弾いてみてくれと声をかけるが、山寺は断る。
二人は早速衝突してしまう。

そして、間近で体感した山寺の演奏。
それは圧倒的な世界だった。
ダイスケは打ちのめされた……。

高校の文化祭ライブにバンドとして出場して、山寺を見返したいダイスケ。
紆余曲折ありながらも、何とかドラムのヒカリと、ベースの生徒会長がメンバーに。

そこにインディーズシーンで人気を博すバンド・『グライダーズ』の秋島と知り合う。
秋島は、過去の山寺と関わりがあった……!?

今、明かされる驚愕の真実。

そして、秋島からダイスケに、ある提案が……!!




ヤンマガ発、青春&ロック漫画!!

更なる新シリーズに突入!!


新展開を聴かせる『オトノバ』はライヴハウス・ヤングマガジンで毎週開演中!

期待の新鋭・河上大志郎先生が描く青春ロック活劇! そして、人間ロック!
青春の輝きに満ちた叫びの『音』を誌面から感じろ!!

Read it loud!



-- 続きを読む --

『オトノバ』11曲目「結果オーライ」  

『ハレ婚。』と共に、ヤンマガで今最も注目している作品です。
本誌48号で休載だったのは淋しいですけれど、最新号では勿論掲載!

本誌49号は本日11/1発売!

と言う訳で、感想がまた周回遅れになってしまい(笑)、滑り込みアウト更新。

音楽やロックバンドが特別好きではない人も何ら問題なく楽しめる作品です。
無論、好きな人には言わずもがな。ツボな要素が随所に感じられることでしょう。

11曲目(11話目)ということで、音源で言えばフルアルバム一枚分まで到達しました。
ファーストアルバム、つまりコミックス1巻分のボリュームになったということで、
本誌連載の方も更なる新展開です。ここで本誌にシフトされるのもオススメです♪

前回でもちょっと触れましたけれど、もっとちゃんとしたあらすじなり、
紹介文なり考えたいところです。めっちゃ熱くて燃える漫画ですから。

以下は今回の内容に触れた感想です。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。

ヤンマガ発、青春&ロック漫画!!

更なる新シリーズに突入!!

連載も11曲目に到達!
ファーストアルバム、コミックス1巻分まで続き、絶好調!
更なる新展開を聴かせる『オトノバ』はライヴハウス・ヤングマガジンで毎週開演中!

期待の新鋭・河上大志郎先生が描く青春ロック活劇! そして、人間ロック!
青春の輝きに満ちた叫びの『音』を誌面から感じろ!!

Read it loud!



-- 続きを読む --

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。