日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近Base Ball Bearについて興味が湧いてきた奴の呟き。  

自分がファンであるライターの中村淳彦さんと対談されていたりして、興味が湧いてきたバンドです。

と言う訳で、以下はツイッター再編集版です(というか、ツイートからの引用ばかりです)。

Base Ball Bear 『それって、for 誰?』感想。イントロからしてツボ。もっとギターリフを簡略化してコマーシャルな楽曲にいくらでもできただろうに、敢えてしない拘りが好感触。宇宙刑事が出てきそうなこのイントロのギターが素晴らしい。

Base Ball Bearに興味が湧いてきて、お店で音源を確認してみたり、帰宅してからも調べたり。バンド結成の日がJILSと同じ11月11日なのね。私的にニヤリとした引力。

Base Ball Bearを公式からある程度視聴。ヴォーカルの声と歌い回しはどちらかと言うと苦手な部類だけれど、演奏は文句なしにツボ。新曲のギターリフは堪らないものがある。私的に形容するなら宇宙刑事登場しそう感とでもいうか。

Base Ball Bearの曲名や歌詞には非常に惹かれるものがある。『HUMAN』は言うまでもなく『不満』とのダブルミーニングだろうな。

Base Ball Bearからどうも岡村ちゃん(靖幸さん)臭を感じていたのだけれど、間違いじゃなかった。共演してるじゃん。

Base Ball Bear - 「それって、for 誰?」part.1
ヴォーカルの声と歌い回しは正直苦手な部類だけれど、演奏は文句なしにツボ。このギターリフなんか泣きそうになるくらい素晴らしい。

Base Ball Bearは当たり前のことを当たり前に「奇を衒うことなくちゃんとやっている歌と演奏」が良い。化粧の練習より楽器の練習だろって情熱が伝わるなあ。イマドキのなんちゃって物真似ヴィジュアル系(私はその道ウン十年選手リスナーです)に絶望したけれど、バンド熱再燃しそう。

Base Ball Bearを視て、聴いていると、気を衒った奇抜なコンセプトや昨今のアイドルシーンでオトナが伝播したがるような『物語』、ポエムな洗脳なんて、ちっとも必要じゃないことが改めて痛感できて良い。直球勝負のマインドとサウンドのアティテュードが格好良いね。


余談をひとつ。
私以外の人には全くどうでも良い話ですが、こういう時にtwilogは便利ですね。
検索で全部一気に網羅できるので、こういったお手軽記事を作る時に役立ちますね。
実は久々にtwilogを視ました。普段は全く視ないので、新鮮にも感じました。
スポンサーサイト
以前から書いている通り、Lacroix Despheresが画期的な方法でアルバム製作に挑んでいます。
今夏、遂に『Dernier Paradis』の最終幕となる作品が発表されます。

そこで、今回のアルバム制作プロジェクトのコレクター(クラウドファンディング参加者)に向けた最新音源を頂戴しました。

三ヶ月前にYouTube公式チャンネルから配信された『Prototype Demo from Dernier Paradis act3』から更に進化した形です。

メンバーの皆様、サポートミュージシャンの方々による生楽器への拘りが堪りません。
極力、できる限り生演奏によるオーケストラで拘るという姿勢と演奏が素晴らしいです。

ますますアルバムが楽しみになる仕上がりです。
無論、即ダウンロードして(翔さんご本人様公認なので)、リピート再生しまくっています。
最初に聴いた時に思わず感泣しました。やっぱり本物の音楽は違いますね。

興味があるという方は、公式サイトやYouTube公式チャンネルなどをご覧ください。
きっと、未だかつてない衝撃と感動を味わえるはずです。

一過性の最大瞬間風速的な盛り上がりや、使い捨ての消耗品とは次元が異なります。
本当の音楽、本当に送り手と受け手にとって最良の音楽がここにあります。

Lacroix Despheres 日本語版公式サイト

Lacroix Despheres YouTube公式チャンネル

GRASS『Silvy』&『Salt Water』を聴き返す夜  

先日、京都のMYTHについて書きました。
MYTHやCrack brainと同様に、今でも聴き返したくなるバンドなんですよね。

MYTHのミニアルバム『Relate』は2001年発売ですが、こちらは更に昔の話になります。
またしても若い世代の子を置いてけぼり企画ですね。

と言う訳で、今も聴き返しています。今夜は彼らについて書きます。
実は以前から何度も書いていますけれどね。

GRASSは大阪で結成されたバンドです。
彼らを以前からよく知る方々にはそれも当然で、最早説明不要ですよね。
何と言っても、凄まじく豪華なメンバー編成なんですから。

YA-SU:Vocal
橘 舞己:Guitar,Keyboards
渡辺秀朗:Bass
MIE:Drums


そう、つまりヴォーカルが元Panel-Dで、楽器隊の三人が元D≒SIRE!!
当時のリスナーなら、このバンドのメンバー編成を知った瞬間に脳天を殴られたような衝撃があったはず。
何という大事件だろうかと驚愕しました。当時の感覚は今でも鮮やかに蘇ります。
これで格好良いバンドであることが最初から約束された訳ですしね。

『GRASS』というバンド名は当然ながらダブルミーニングです。
草原のような解放感や爽やかさだけではありません。
麻薬のような密室性や中毒性も。

ファーストシングル『Silvy』は1996年に発表
(正確な発売日が音源自体にも記載されていません。
当時の『Vicious』のインタビュー記事とか掘り返せばわかるはずですが、割愛)。

続くファーストミニアルバム『Salt Water』は1997年7月30日発売。

まずは前者から。

■『Silvy』
1.Silvy,Silver Fish
2.太陽に灼かれて…


Office-Dから、つまり本当の意味での完全自主製作で発売されました。
パッケージとしてはジュエルケース(アルバムのケース)に8cmシングル収納、
それでいて当時ありがちなバックインレイ(中敷き)なしの透明状態ではなく、
それらもあって写真も掲載されて、帯もちゃんとあり、味わいのある仕上がりです。

ジャケットが真っ白で、右下に緑色でバンドロゴが記載されているのみ。
babysitter『空しい空の空』に匹敵するほどのシンプルさ。

こういう完全自主製作限定生産らしい味わい、大好物です。これだよね。
歌詞カードの文字が手書き(を印刷した形)なのも味わい深いところですね。

表題曲の『Silvy,Silver Fish』は正に代表曲と言って良い力作でしょう。
独自のポップ感、確かな演奏力と聴かせるメロディー。
透明感と儚さ、それらが繊細に紡がれていくドラマ性など、これぞGRASS節。

『太陽に灼かれて…』の方は、ポップ色と明るさを更に強めた感じで、ノリも良い楽曲。
こちらが表題曲でも全くおかしくない出来栄えです。

■『Salt Water』
1.Under Neon
2.Water Ballet
3.尽きせぬ願ひ(pepper edit)
4.ヒアシンス
5.-N-


『Silvy』で全国区に浸透して、東京進出した後にLOW TICから発表した作品。
プロユースの環境で創られて、満を持して発表されたミニアルバムです。

「繊細で儚げ」という彼らの一面、パブリックイメージを自ら打ち破るアクションが素晴らしいです。
まるでメンバーが「GRASSだからこそ魅せられる多面性がここにあるんだ」と言わんばかりの力作。
その通り、曲数もあってバラエティーに富んだ構成になっていますし、聴き応えも充分にあります。

一曲目の『Under Neon』からしてダークなGRASS節全開。
蠢くベース音から始まり、ドラムもギターも暴れまくってますから。
それでいて、ただ喧しいだけの凡百のバンドとは違って、彼らならではの妖艶な色気が横溢。
D≒SIRE時代から舞己さんのギターを聴き込んでいたリスナーには堪らないはず。

歌詞の方も、今まで積み上げた物を躊躇なく壊してみせるかのよう。
まるで子供が遊び飽きた玩具を壊して楽しんでみせるかのような大胆さが良いです。
パブリックイメージを破壊して、ここまでやっちゃうのかと。ときめきと衝撃のダブルパンチでした。

これぞGRASSの密室性と麻薬的中毒性。

曲名と歌詞を読んだことがある方なら一発でわかりますが、そういう歌ですね。
これも以前にブログで触れましたが、実体験がある人なら色々思い当たるはず(私もある人です)。
リアルデリシン体験でリアルグラス体験というか。この辺で留めておきます。

本作でもう一つ特筆すべき点は『尽きせぬ願ひ』でしょう。
『pepper edit』と記載されていますが、これは所謂リミックスバージョンです。
何と、それを手掛けられたのが藤井麻輝さん
(奇しくも、何気に『Ballet』繋がりですね)。

ちなみに、このミニアルバム以前にこの楽曲が音源化されたことはありません。
メンバーも『sugar edit』はありませんと笑いながらインタビュー記事で答えていました。

『Silvy,Silver Fish』が好きだった人には『Water Ballet』や『ヒアシンス』がド琴線直撃でしょう。
王道のセンシティヴなGRASS節も勿論健在で更に深化しています。

本作はタイトル通り『涙』や『海水』を想起させる部分が多いです。
前作収録の『Silvy,Silver Fish』もそうですし、『水』が彼らのコアとして色々想像が膨らむのも良いですね
(それ以降にリリースされたデモテープにも『Black Swan』という楽曲もあったりするし)。

このように、バンド名も楽曲も、イメージを提示した上で限定させないで自由に楽しませるスタイル。
それも彼らならではだと言えるでしょう。

この時代の「ちゃんとしているバンド」は今でも聴き返したくなりますね。
今時のなんちゃってバンドよりもずっと格好良いですし、今でも新鮮に感じます。

武神2015  

先程から書き続けているように、自分の音楽好きと人生のピークを振り返ろう企画です(何だそれは)。

「あの頃だと……」と言う訳で、自室の棚に手を伸ばして触れたのがこちら。

■Battle Gargoyle『武神』

2002年発表なので、やっぱりこの頃なんだよね。
Gargoyleに関しては、手を伸ばせばすぐに取れるようにきちんと音源を並べてます。

この作品の帯にもあるように「ガーゴイルのメンバーによる激しさだけを追求したコンセプトバンド」です。
それがGargoyleのメンバーによるBattle Gargoyleです。

Battle Gargoyleの初登場は、バンド10周年記念ライヴ『天』(『10』と同じ音を持つ時間旅行)です。
Antique Gargoyle、Battle Gargoyle、Acoustic Gargoyle、Gargoyleという四部構成で全52曲。
その中で、彼らは爆誕。

ただでさえ激しいのは大前提であるGargoyleが更にそこだけ追求したとなると、もう堪りませんよね。

「パッと見、地球人には見えない感じ」とKIBAさんが仰っていたアルバムのアーティスト写真も最高。
どこまでもとことんクレイジーに我が道を進む彼ら、その上で過去を否定しない彼らが格好良いです。

『蠢』から最新作の『解識~geshiki~』の『今』に至るまで、常にGargoyleは『今』です。
彼らには否定するような時間も作品も皆無ですからね。
今でも、いつでも、何色にでもなれる自由な彼らが大好きです。
大きなプロダクションやレコード会社に頼らずに誰の操り人形でもない本物はやっぱり違いますね。
彼らの音楽や表現を堪能していると、巷に溢れる大半の音楽が本当に馬鹿らしく思えます。

「これから」も、ずっとGargoyleは格好良く進化を続けることでしょう。嬉しい限りです。

MYTH『Deep sea a Angel』  

最近の日記や漫画感想記事などでも触れていますが、また聴き返してます。

この楽曲が収録されたミニアルバム『Relate』は2001年9月1日発売。
もう14年近く経っているとは思えないほど、今でも新鮮です。今時のなんちゃってバンドより遥かに斬新。

最近、帰宅して自室で聴き返すことが多いです。
そこでこの楽曲について、ひとつ。

MYTHは当時のCROW MUSIC所属で、NUDE、Crack brainと共に小細工抜きの正統派バンドでした。
当時の京都シーンで輝いていて、歌も楽器隊もとことんメロディアスなバンドでした。

そんな彼らが満を持して発表したミニアルバムが『Relate』。
収録曲は以下の通り。

Ⅰ.VEIL
Ⅱ.NIGHT IN THE LIGHT
Ⅲ.Deep sea a Angel
Ⅳ.fragments voice
Ⅴ.異端者とドラキュラ
Ⅵ.「セピア」


彼らをずっと好きだった方々、ライヴに足を運んできた方にとっても堪らない作品でしょう。
そんな方々なら、2曲目や4曲目を代表曲に挙げることが多いのかも。
彼らの持ち味であるメロディアス且つ疾走感抜群な楽曲です。

そんな中、改めて感じたことが。
『Deep sea a Angel』ってタイトル通り深海の楽曲なのですが、クリーントーン重視じゃないんですよね。
その前後の2曲目と4曲目にはクリーントーンのアルペジオが活かされているにも関わらず。
もっと言えば、ミニアルバムの頭である1曲目のド頭からクリーントーンは印象的です。

1曲目、3曲目、6曲目は、歌とメロディーと演奏の説得力でとことん聴かせる楽曲です。
そんな中で敢えてクリーントーンを避けるかのようにして、ナチュラルな歪みで一曲表現されてます。
厳密に言えば、最後の最後で僅かにフェードアウトしながら聴こえますけれど、その程度です。

ヴォーカルが作曲もして、自身が作詞作曲した楽曲以外にもメロディーに拘りが強いことが窺えます。
『Words&Music』というクレジット以外に、他のメンバーの作曲でも『Words&Melody』という表記まで。
これらからもFANATIC◇CRISISを連想したリスナーは少なくなかったかなと。昔の黒夢もそうですね。

当時、京都ビーバーレコードの愛溢れるスタッフさんも推してくださっていました。
談笑の中、ファナティック好きの人ならハマりそうだよねと仰ってました。
そんな想い出も思い返しますね。
ちなみに、そのスタッフさんが当時推していたのがソフト系ならRONDE、ハードなら蜉蝣。
わかる人には時代がわかるでしょ。懐かしいなあ。良い時代だったよね。

『Deep sea a Angel』というタイトルと表記は意図的なものでしょうね。大文字と小文字の拘りも含めて。
ちなみに、歌詞カードのこの楽曲のグラフィックは他の部分にまで活かされてます。
アルバムのジャケットやメンバー写真のページにも活かされています。
彼らのコアとなる代表曲として挙げても良いでしょうね。無論、それだけの力がある名曲ですから。

今日もMYTHと共に過ごします。
14年前の京都にタイムスリップしたかのような感覚で、何とも言えない心境ですね。

■BGM

MYTH
ファーストミニアルバム『Relate』


彼らと共に過ごせる時間が今でも最高に「美しい」です。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。