日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
と言う訳で、ここで触れておこうかなと。

告知の意味合いよりは、正直、自分への備忘録として(笑)。
ファンの方は、もう言われずともチェック済みでしょうからね。

本作に限らず、となりのヤングジャンプが活気付いて、良いことだなあと思います。
『バーチャル式部』新連載開始という凄いことになってますし(笑)。
『有害都市』もジャンプ改から移籍ということで、変わらず期待大です。

一応、纏めると以下のような状況だそうです。

■コミックス作業の為、休載。

■10/17(金)発売予定だったコミックス第1巻は、11/19(木)に発売延期。

■週刊ヤングジャンプ51号(11/20発売)に特別編を掲載予定。

■特別編が掲載された後、Webコミックサイト『となりのヤングジャンプ』に移籍、
今後は、そちらで連載再開。

■現在は同サイトにて、加筆・修正を加えた第1話「修正リマスター版」を期間限定で配信中。

■第2話目以降の修正版も、随時公開予定。




ここで敢えて一つ申し上げたいことがあります。

そもそもヤンジャン本誌で連載されたいた作品であり、
当たり前の話ですが、ヤンジャンでチェックしている読者がメイン。
前回の休載とコミックス発売日のアナウンスもヤンジャン本誌でされています。

となりのヤングジャンプの方で告知するのはわかりますけれど、
ヤンジャン本誌でも告知ページをわかりやすい箇所に用意した方が良いかと。

となりのヤングジャンプのサイトで小さく表示して、「クリックで拡大」って、
もうちょっとわかりやすく、本誌読者に広く伝えてほしかったところですね。

まあ、おとなしく待って、今後も愛読しますけれどね。
スポンサーサイト
掲載を楽しみに待っていたら、今回はそう来たかと。
そして、本誌で重大発表もありました。

本誌公式サイトにて、第一話目を無料公開中ですので、興味がある方はご覧ください。

以下は今回の内容に触れた感想となっていますので、未読の方はご注意を。



“新華”繚乱!
ヤングジャンプ
創刊35周年記念

新連載
第1弾


少女が勇気を灯す時、この世界は光り始める。

剣光妃

日ノ国大帝國軍
くれない一騎当千隊


野口こゆり

番外之壱~乙女と男湯~


-- 続きを読む --
この一日で遅れを一気に巻き返したいと思います。
と言う訳で、軽めの雑感って感じでサクッといきまーす(本日三回目)。

それにしても以前から休載が多いなあと、正直不安を覚えるほどでしたが、

周回遅れが多すぎる私に言える資格なんかないです。

どうも、実質的に隔週連載のようですね。そう見ておいて良いのだろうなと。
二週に一回掲載と思えば、不安も何もなし。これで安心(早く気付けよってね)。

次回掲載も告知がありましたし、これで長くまったりと楽しめるかなと。



本誌公式サイトにて、第一話目を無料公開中ですので、興味がある方はご覧ください。

以下は今回の内容に触れた感想となっていますので、未読の方はご注意を。



“新華”繚乱!
ヤングジャンプ
創刊35周年記念

新連載
第1弾


少女が勇気を灯す時、この世界は光り始める。

剣光妃

日ノ国大帝國軍
くれない一騎当千隊


野口こゆり

第十一話〝鉄塔〟の上へ


-- 続きを読む --
この一日で遅れを一気に巻き返したいと思います。
と言う訳で、軽めの雑感って感じでサクッといきまーす(本日二回目)。

本誌公式サイトにて、第一話目を無料公開中ですので、興味がある方はご覧ください。

以下は今回の内容に触れた感想となっていますので、未読の方はご注意を。



“新華”繚乱!
ヤングジャンプ
創刊35周年記念

新連載
第1弾


少女が勇気を灯す時、この世界は光り始める。

剣光妃

日ノ国大帝國軍
くれない一騎当千隊


野口こゆり

第十話〝触診〟来襲


-- 続きを読む --
この一日で遅れを一気に巻き返したいと思います。
と言う訳で、軽めの雑感って感じでサクッといきまーす。

本誌公式サイトにて、第一話目を無料公開中ですので、興味がある方はご覧ください。

以下は今回の内容に触れた感想となっていますので、未読の方はご注意を。



“新華”繚乱!
ヤングジャンプ
創刊35周年記念

新連載
第1弾


少女が勇気を灯す時、この世界は光り始める。

剣光妃

日ノ国大帝國軍
くれない一騎当千隊


野口こゆり

第九話海の要塞「ゆきとき」


-- 続きを読む --

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。