日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.H.Figuarts 仮面ライダーマリカ ピーチエナジーアームズ  

ある時期から、特撮やアニメのフィギュアは、なるべく我慢するようにしているのが実状です。
理由はこれ以上無いくらい単純で、貧乏だからです。情けないですね。
しかし、これには居ても立ってもいられない気持ちになっちゃいますねー。
変身前の湊耀子さん(言うまでもなく佃井皆美さん)も含め、
仮面ライダーマリカはシリーズの中でも特に好きな仮面ライダーなので、思わず舞い上がりました。

あ、ちなみに食玩のフィギュアは我慢できずに買ってまーす。

当然ながらプレミアプバンダイ魂ウェブ限定商品です。
この手の限定商品も同様に我慢して手を出さないようにしていましたが、皆美さんだもんね。ぬおー。
他ならぬ仮面ライダーマリカですからね。

これは欲しいなあ。

『仮面ライダー鎧武』の仮面ライダーも発想とデザインがとにかく素晴らしく、一年間夢中になれました。
どの仮面ライダーもそれぞれにデザインが味わい深く、気に入っています。
勿論、私的にぶっちぎりなのは仮面ライダーマリカですけれどね。

仮面ライダー鎧武オレンジアームズ、
仮面ライダーシグルドチェリーエナジーアームズ、
仮面ライダー斬月・真メロンエナジーアームズ、
仮面ライダーデュークドラゴンエナジーアームズ、
これらは特にツボですね。アシンメトリー好きとして、やっぱりエナジーの面々に滅法弱いなあ。
今度のVシネマの仮面ライダーイドゥンリンゴアームズもド琴線直撃のデザインですね。
スポンサーサイト
毎年のお楽しみにして『仮面ライダー鎧武』として初の単独劇場作品となります。
今までのテレビシリーズ、劇場版が気に入っていますので、とても楽しみにしていました。

深く掘り下げた感想はまた書けたらと思っています。
ここでは観賞したという報告と簡単な雑感を綴ってみたいなと。

と言う訳で、今回のこれはすごーくあっさり目ですので、予めご容赦を。

それでは、感想を。

極力ネタばれは避けて書こうと思っていましたが、どうにも無理っぽいです(笑)。

以下は内容に言及した感想となります。
映画をご覧になっていない方は、以下を読まないようにご注意くださいませ。



-- 続きを読む --

『仮面ライダー鎧武』第22話「7分の1の真実」  

次々と明らかになる驚愕の真実、
そして沢芽市に迫り来る脅威が、
遂に眼に見える形で現れて……。

緊張感が途切れない展開の中で、
極限状態に。とんでもない展開!

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になってない方々は、ご注意を。



-- 続きを読む --

『仮面ライダー鎧武』第21話「ユグドラシルの秘密」  

遂に秘密が明らかになって、新たなる戦局に突入です。

公式サイトで言われていた全体の構成も、納得ですね。

ビートライダーズ編

ユグドラシル編

ヘルヘイム編


第2クールという局面のみならず、その中で更に深化!
眼が離せない展開で、毎週楽しみで仕方がないですね。

以下は今回の内容に触れた巻頭です。ご注意ください。


-- 続きを読む --
遂に本作の根幹を貫く秘密が明らかになる時です。

これでまだ折り返し地点ですらないという事実が、
堪らないですね。大どんでん返しが楽しみですね。

以下は今回の内容に触れた感想となってますので、
番組をご覧になっていない方は、ご注意ください。



-- 続きを読む --

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。