日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『極黒のブリュンヒルデ』第123話 雨音の響き  

本作に関しては、うちは全く掘り下げが甘いのは承知しております。

同じヤンジャン&漫画仲間であり、十年来の熱心な岡本倫先生ファンである読者様、
或 犬良さん『夕暮れナンセンス ネクサス』が大きいですしね。
毎週の本誌感想は勿論のこと、きみだら、コミックス単独記事、
更にはイベントレポート、ファンのオフ会など、
とことんオール岡本倫先生ラヴコンバイン・マキシマム極黒パワーなファンブログですので、
是非ともご一読を。って、極黒ファンの人はみんなチェックされてるでしょうけれどね。

うちも、犬良さんには主にツイッターや『ハレ婚。』支援でお世話になりっぱなしです。

さて、感想を。

正直、犬良さんのところを読めば「大体わかった」と言えるので、
うちの出る幕じゃないですし、犬良さんに丸投げ的なところもありますし(笑)、
以前にも書いたように、本作については書いたり書かなかったりでマイペースの予定です。

その上でこれを書いたということは、つまり「書かずにはいられない」からです。

今回はもう感想を書かないわけにはいかないです。
厳密には、私が書くのではありません。

私は本作に突き動かされたのです。

それだけ、胸に刺さる回でした。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。

って、もう周回遅れで、ちょうど次号発売日なんですけれどね。



極黒のブリュンヒルデ

第123話 雨音の響き


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

『極黒のブリュンヒルデ』第120話 色道の果て  

前回は珍しく当日更新でした。

今回のペースがうちの平常営業です。

うちは情報の即時性&速時性に拘りは全く無い方で、マイペースなのが好きで、
寧ろ、遅いくらいがちょうど良いと思ってますので(笑)、今後もノロノロ運転でしょう。

こういうことを週刊連載感想書きながら平然と言ってしまう辺り、
来訪者の方にとってうちの駄目なところなんだろうね、と客観的には承知してます(笑)。

さて、以下は今回の内容に触れた感想となってます。
未読の方々は、くれぐれもご注意くださいませ。



極黒のブリュンヒルデ

第120話 色道の果て



-- 続きを読む --

『極黒のブリュンヒルデ』第119話 男気のゆくえ  

たまには当日更新も良いじゃないかと思い立って、ひとつ。
うちでは物凄くレアなことですしね。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。



極黒のブリュンヒルデ

第119話 男気のゆくえ



-- 続きを読む --

『極黒のブリュンヒルデ』第118話 見覚えある顔  

前回の感想にも書きましたけれど、ブログは趣味の遊び場ですので、楽しく続けます。
義務感や焦りで書くものじゃないですしね。と言う訳で、今後もマイペースで行きます。

極黒&岡本先生については、うちなんぞより『夕暮れナンセンス ネクサス』推奨です。
管理犬の或 犬良さんが十年来の熱心なファンの方ですから。
アニメ版Blu-ray&DVD BOXについても記事を更新されてますので、是非ご一読を。

さて、それでは感想を。

以下は今回の内容に触れた感想になります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。



極黒のブリュンヒルデ

第118話 見覚えある顔



-- 続きを読む --

『極黒のブリュンヒルデ』第116話 お帰りなさいませ  

本作の感想が遅れに遅れている中、どうしようかなあと思っていたのが本音です。
巻き返したい気持ちはあるのですが、何だかんだと上手くいかず。

種明かしすると、横浜線ドッペルゲンガー的タイムスリップ更新(何だそりゃ)で、
ガツンと巻き返そうかと思っていたのですが、現実的に難しいなあと。

あと、何故か本誌感想目当ての検索でうちなんぞにいらっしゃる方々が何名様か。
うちなんか全然浅いですし、なんでなんでしょうね。私が一番不思議に思ってます。

勿論、悪いのは私です。私が全部悪いのです。

でも、ここは趣味の遊び場ですし、自由にやれば良い訳ですからね。
義務感でやることじゃないし、そんなのつまんないだけですしね。
できる時にできる範囲で楽しくやれば良いじゃないかと。

と言う訳で、上述の方々にはすみませんが、マイペースでいきます。
「書いたり書けなかったり」しながら、何だかんだ続くって感じになるかなと。
ご了承くださいませ。そう思うと凄く楽なのよ、私も(笑)。

奇しくも、今回のサブタイトルが感想復帰にバッチリハマってますしね(強引)。
同じヤンジャン仲間のギンジさんが復帰され、ご一緒できた喜びも強いし
(こちらは真面目な話で、本当に嬉しい引力です)。

極黒&岡本先生については、うちなんぞより『夕暮れナンセンス ネクサス』推奨です。
管理犬の或 犬良さんが十年来の熱心なファンの方ですから。
極黒&岡本先生作品は、本誌感想もコミックス単独記事もアニメ版も小説版も、
そしてきみだらも、全包囲から網羅ですから。
オール作品コンバイン・マキシマム岡本先生愛読者パワーですから。



前置きが長くなっちゃいましたね。本題に入ります。

以下は今回の内容に触れた感想です。
本誌未読の方々は、くれぐれもご注意くださいませ。




極黒のブリュンヒルデ

第116話 お帰りなさいませ


-- 続きを読む --

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。