日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年2月3日。
『グランドジャンプ』NO.5で『不能犯』連載再開! 巻頭カラー!!

待ちに待ったこの時。嬉しいですね。
ほぼ当初の公式アナウンス通りでしたから、ありがたいですね。
そもそも休載中も宮月先生は何ら変わらずネーム作業を続けておられましたしね。
これで『シグナル100』と『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-』とお楽しみが倍増しましたね。

ちゃんと読者の前にあの男は帰って来てくれました。

「嬉しいね 連載再開は」

不能犯連載再開イラスト
スポンサーサイト
『不能犯』は絶対に欠かしません。本作の為に本誌も購読してますからね。
感想が遅れまくっているのも忘れてはいません。本当、早く巻き返したいところで何とかしたいなと。

先日の日記にも書きましたが、ヤンジャンとグランドジャンプはかなり早いフライングゲットができたんですよね。
ゴールデンウィーク前の流通の関係だと思いますけれど、一読者としては物凄くラッキーな気分です
(なお、書店さん曰く5/8発売の『ビッグコミックスペリオール』は発売日通りでしょうとのこと)。

さて、件名通り、本誌読者&『不能犯』読者には堪らない号となっております。

『不能犯』センターカラー!!

神崎裕也先生によるスペシャルカラー扉で登場!!


こちらは、本誌119ページを要チェック!!



そして、なんと今回の本誌では……!

宮月新先生×精神科医・名越康文先生
スペシャル対談記事掲載!!


こちらは、本誌120&150ページを要チェック!!

今までの感想にも書いてきたように、原作者である宮月新先生ならではの魅せ方や味付けなど、
以前から大変興味深かったので、読者として堪らない記事でしたね。

本当、神崎裕也先生の作画も好みですし、宮月新先生の原作・ネームも大好物なので嬉しい限り。
正に最高のタッグだと痛感しております。

『不能犯』好きの方、興味があるという方なら、間違いなく読んで損は無しです。断言します。

名越先生の鋭い掘り下げも実に良いです。
何よりも、それに対する宮月先生のお答えがまた堪らないですね。

宇相吹正という人間、彼と逢う依頼人、そして被害者(ターゲット)のコアとお話の創り方が改めてよくわかります。
これは唸らされる記事ですよ。ファン必見でしょう。



また改めて本誌バックナンバー(保存してある)や、既刊コミックスも一から再読したくなりますね。

だったら早く感想書いたり支援記事書いたりしろよってね。ちゃんと燃えてますよー。
『不能犯』の連載も順調で、確実に世間に浸透しているところで、嬉しい記念日ですね。

感想など、諸々遅れに遅れまくっていますが、決して忘れていません。
こんな調子ですから、いよいよ私も宇相吹正に始末されるんじゃないかと怯えていたり。
勿論、本誌もコミックスも欠かさず購読&保管しています。

狂気と正気の境界線を破壊して読者を揺さぶる先生の作品にこれからも期待しています。

宮月新先生、お誕生日おめでとうございます。

『不能犯』第15話 賭ける男  

毎月第1・第3水曜日に刊行される『グランドジャンプ』で連載中です。
本作は、第1水曜発売号に掲載される月イチ連載の作品です。

本作は一話完結のお話が殆どですので、
最近知った方も、どこからでもすぐに入り込めますから、興味がある方はご一読を。
興味がある方は、本誌公式サイトや、グランドジャンプ本誌をどうぞ。

いよいよコミックス第2巻の発売も近付いてきて、盛り上がっています。

以下は今回の内容に触れた感想です。未読の方は、ご注意を。

と、ここまでは前回と同じ定型文ですが、これを書いている今が本誌発売日。
つまり、周回遅れということです。本当、ペースが遅すぎるのは改善しないとなあ。
勿論、本誌は定期購読で毎回発売日に購入してますので、読み逃しは有り得ません。
だから、尚更タチが悪いとも言えますよね(苦笑)。

神崎裕也先生の『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-』も来年にドラマ化決定!!
『不能犯』も今以上にもっと浸透してほしいところです。コミックス第2巻も控えてますしね。
神崎先生&宮月新先生祭りはこれからだと思っております。

それでは、感想を。

集英社『グランドジャンプ』で大絶賛月イチ連載中!
驚愕のサイコサスペンス! 今、最も恐るべき真実。


その赤き瞳は総てを飲み込み、視界の総てに狂喜する。
依頼人と赤き瞳が交わった時、世界が狂気へと染まる。

抉り出されるのは、欲望か、絶望か、あなたの真実か。



原作:宮月 新
作画:神崎裕也


 能  impossibility defence

15話 賭ける男


-- 続きを読む --

『不能犯』第14話 正義の味方  

毎月第1・第3水曜日に刊行される『グランドジャンプ』で連載中です。
本作は、第1水曜発売号に掲載される月イチ連載の作品です。

本作は一話完結のお話が殆どですので、
最近知った方も、どこからでもすぐに入り込めますから、興味がある方はご一読を。
興味がある方は、本誌公式サイトや、グランドジャンプ本誌をどうぞ。

いよいよコミックス第2巻の発売も近付いてきて、盛り上がっています。

以下は今回の内容に触れた感想です。未読の方は、ご注意を。



集英社『グランドジャンプ』で大絶賛月イチ連載中!
驚愕のサイコサスペンス! 今、最も恐るべき真実。


その赤き瞳は総てを飲み込み、視界の総てに狂喜する。
依頼人と赤き瞳が交わった時、世界が狂気へと染まる。

抉り出されるのは、欲望か、絶望か、あなたの真実か。



原作:宮月 新
作画:神崎裕也


 能  impossibility defence

14話 正義の味方


-- 続きを読む --

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。