日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週刊真連載が始まってからは感想が疎かになり、ウルトラ周回遅れに。
しかしながら、代現連載時代から今までアンケート支援は継続中です。
勿論、今後も続けます。

遅れに遅れた分、何か書きたいなと思っていましたし、
コミックス発売は正に読者としても悲願達成の僥倖!

正に最高のタイミングじゃないかと。

第一巻と第零巻の同時刊行、あるいは連続刊行というのは、
正に以前から予想していた通りでした。やっぱり、やってくれましたね。

気になっていたのは版型で、『ニポンゴ』のような版型も予想していました。
こちらも通常のヤンジャンコミックスサイズでの刊行でしたね。

『たよりGUY』も含め、代原時代からの本誌も総て保存していますが、
こうして第0巻が無事に発売されたことで、真連載以前を読めなかった方々にも届くことに。

これは大変喜ばしいことであります。
ご参考までに挙げておきました。興味がある方はどうぞ。

フォビドゥン澁川先生の『パープル式部』、愛の大幻惑。その奇跡の軌跡。
(※2012年からの掲載リストと感想を一覧に纏め上げた記事です)

正直、代原時代のような飢餓感と危機感(次に、いつ載るか全くわからない不安感)が、
今は全くありませんので(笑)、それだけでも大きな違いです。
孤軍奮闘で支援してきたあの頃を思い返すだけで目頭が熱くなります。

これからもフォビドゥン澁川先生はヤンジャンのずっ友です。ヤンジャンに絶対欠かせません。
先生の『パープル式部』を愛読して、応援していきます。

げにだょ!!
スポンサーサイト

週刊真連載版『パープル式部』第三条 信仰  

遂に週刊連載開始で、嬉しい限りです。

今までと大して変わってねーじゃん、と思ったそこの貴方。
そのやうなことは決してありません。

毎週連載されるという大前提がどれだけ尊いか。

毎週読めるという安心感がどれだけ大きいことか。

毎週アンケートで推せるということがどれだけ重要か。

今までの『代原連載』では、掲載が不定期でした。
毎週本誌を購読しているので読み逃しはないものの、
載った時に、次の掲載時期が告知されないケースの方が多く、
古参読者は常に不安や緊張感と戦いながら生きてきたのでした。

時には次号予告にすらなく、次の号を買ってから気付くというケースも。
この時は目次ページにもアンケートの項目にもなかったですから
(流石にイレギュラーですけれどね。これは本当の駆け込み代原だったのでしょうね)。

これまでの歴史については、以下に。

フォビドゥン澁川先生の『パープル式部』、愛の大幻惑。その奇跡の軌跡。
(※2012年からの掲載リストと感想を一覧に纏め上げた記事です)

真連載版の感想もアンケートも、毎週継続していく所存であります。

今回も恒例のツイッターPR文コーナーから。

今回も世界各地から続々と(二名様ほど)協賛コメントを頂戴しております。

もう孤軍奮闘ではありません。
これぞ素晴らしきバーリトゥードずっ友の会。

なお、それぞれご本人様から掲載については快諾して頂いております。

それでは、以下に。



わかる人にはわかるネタですね。

続いて、うちでお馴染みの犬良さんがこちら。

『夕暮れナンセンス ネクサス』管理犬の或 犬良さんより。



『白河屋』管理人の白河清巳さんのPR文も当然確保しております。
理由あって、こちらは後の方で触れます。

その前に、恒例のおまけ。



いつもは最後に持ってくるおまけをここに置いたのは理由があります。
残る犬良さんと白河さんのPR文は、記事をニ分割した後の方で触れようかと。

何しろ、あの言葉が含まれてますからね。ふふふ。

それでは、感想を。

本誌未読の方は、以下にご注意くださいませ。

フォビドゥン澁川先生の真連載!!

恋 に 恋 す る 平 安 G A G ♥
『パープル式部』

連載開始早々、今世紀最大の怪死……!?


-- 続きを読む --

週刊真連載版『パープル式部』第二条 偶像  

遂に週刊連載開始で、嬉しい限りです。

今までと大して変わってねーじゃん、と思ったそこの貴方。
そのやうなことは決してありません。

毎週連載されるという大前提がどれだけ尊いか。

毎週読めるという安心感がどれだけ大きいことか。

毎週アンケートで推せるということがどれだけ重要か。

今までの『代原連載』では、掲載が不定期でした。
毎週本誌を購読しているので読み逃しはないものの、
載った時に、次の掲載時期が告知されないケースの方が多く、
古参読者は常に不安や緊張感と戦いながら生きてきたのでした。

時には次号予告にすらなく、次の号を買ってから気付くというケースも。
この時は目次ページにもアンケートの項目にもなかったですから
(流石にイレギュラーですけれどね。これは本当の駆け込み代原だったのでしょうね)。

これまでの歴史については、以下に。

フォビドゥン澁川先生の『パープル式部』、愛の大幻惑。その奇跡の軌跡。
(※2012年からの掲載リストと感想を一覧に纏め上げた記事です)

真連載第一条の感想は、こちらに。

真連載! 『パープル式部』第一条 縁故

この時を待って、今まで感想やツイッター、アンケートで推してきました。

真連載を祝して、前回と同様にPRコーナーも。
これは今後も恒例として続けていこうかなと思っております。

今回も世界各地から続々と(二名様ほど)協賛コメントを頂戴しております。

もう孤軍奮闘ではありません。
これぞ素晴らしきバーリトゥードずっ友の会。
パープルイノベーション、きらりんフォビドゥンレボリューションは始まっているのです。

なお、それぞれご本人様から掲載については快諾して頂いております。

それでは、以下に。



『夕暮れナンセンス ネクサス』管理犬の或 犬良さんより。



相変わらずの濃度が素敵。仮面ライダー龍騎テイストも良し。

そして、次が大事です。



これ、大事なところです。

試験に出る時に備えて、心の赤ペン&アンダーラインで記憶に留めておいてください。


『白河屋』管理人の白河清巳さんより。



誰がうまいこと言えと。

最高だね☆


正に仰る通り、ライト源氏結婚相談所は、げにパープル企業。

おまけ。

真連載までの愛読と支援、それが長い夜であったと今までの感想で綴ってきました。

上記のお二人のPR文を確保する中で、これも見つけました。



この日付けがポイントで、尚且つ『華麗なる食卓』最終回の号というところから、
いとおかしな時の流れと重さを感じて頂けるのではないかなと。
当時から式部のハッシュタグを使っていたのです。



それでは、感想を。

本誌未読の方は、以下にご注意くださいませ。

コアな読者はアオリ文、柱文は勿論、
枠外の文(お便り)の宛先の一文も必読。

我々の支援で悲願達成しようではありませんか。

フォビドゥン澁川先生の真連載!!

恋 に 恋 す る 平 安 G A G ♥
『パープル式部』

今世紀最大の大幻惑がここに炸裂する☆


-- 続きを読む --

真連載! 『パープル式部』第一条 縁故  

長い夜でした。

遂に、夜明けが来たのです。

まず始めに、ご存知ない方の為にご説明を。

『パープル式部』は特別読切としてヤンジャン本誌に掲載されました。

その後も『代原読切』(代原とは『代理原稿』の意味)としてネタ扱いの歳月が。
そんな中、不定期で載り続けました(これでもまた編集部は『連載』と言わず)。

その後、『代原連載』という表記が公式に使われることとなり
(大して変わってねーじゃんと思ったそこの貴方。げに大違いなのですよ)、
この度、遂に本誌で毎週連載となった訳です。

これまでの歴史については、以下に。

フォビドゥン澁川先生の『パープル式部』、愛の大幻惑。その奇跡の軌跡。
(※2012年からの掲載リストと感想を一覧に纏め上げた記事です)

この時を待って、今まで感想やツイッター、アンケートで推してきました。

いつものうちのPR文、アオリ文も、今回はげにスペシャルバージョン風で。

更に! 世界各地から続々と(二名様ほど)協賛コメントまで!
ドリームの展開! そちらも、併せてご紹介を。

これぞ素晴らしきバーリトゥードずっ友の会。

なお、それぞれご本人様から事前に掲載の許可は頂戴しております。

それでは、以下に。







『夕暮れナンセンス ネクサス』管理犬の或 犬良さんより。



『白河屋』管理人の白河清巳さんより。



おまけ。



うちは画像を一切使わずにテキストのみというポリシーがあります。
しかし、今回はお祝いですし、細かいことはげにどうでも良いのです。

と言いつつ、ツイッターから直接貼り付ける方法を知らなかっただけで、
これも犬良さんから教えて頂いたのでした(笑)。

そう、今までの各種感想では全部手作業の切った貼っただったのでした。

いかがでしょうか?
こっちの方が良いってことなら、今後もこの形式で行こうかなと。

『となりのヤングジャンプ』掲載のプレ第1話の方も含め、
遅れている感想を巻き返していきたいところです。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方はご注意を。できれば本誌購読で、アンケートで支援を是非(切実)。



フォビドゥン澁川先生の真連載!!

恋 に 恋 す る 平 安 G A G ♥
『パープル式部』

大人の事情で描き直した、
今世紀最大の問題作公開……!?


-- 続きを読む --
『ミラクルジャンプ』新創刊第2号で、げに重大発表あり!!

犯 行 声 明 文 掲 載 !!

フォビドゥン澁川先生の『パープル式部』

長き代原連載を経て、遂に事件の時!!

『週刊ヤングジャンプ』27号(6月5日発売)より、

新 連 載 開 始 !!



代原連載をプッシュし続けた日々……。
思い返す度に目頭が熱くなります。この時をずっと信じて応援してきました。

本当に長い戦いでした。感無量であります。


今までに掲載されたフォビドゥン澁川先生の『パープル式部』、その魂と奇跡の軌跡、
そして、代原連載を愛読してきて、今までに綴ってきた感想は以下の通りです。



※式部もMJ出身ということで、バックナンバーを掘り返さなくてはなりません。
以上の理由から、間違いがあれば、ご指摘ください。掲載回数書き直しかも……。

■2012年No.27 (通巻1586号)2012年5月31日(木)発売
『たよりGUY』掲載!!

■2012年No.42 (通巻1600号)2012年9月13日(木)発売
祝・本作初掲載!!

■2012年No.44 (通巻1602号)2012年9月27日(木)発売
まさかの反響につきYJ2度目の過ち

■2012年No.50特大号 (通巻1608号)2012年11月8日(木)発売
三度目の正直(2012.11.10)

■2013年No.2 (通巻1613号)2012年12月13日(木)発売
四度目の復活(2012.12.06)

■2013年No.5・6合併特大号 (通巻1615号)2013年1月4日(金)発売
五度目の覚醒(2013.01.04)

■2013年No.11 (通巻1620号)2013年2月14日(木)発売
六度目の幻聴(2013.02.15)

■2013年No.12 (通巻1621号)2013年2月21日(木)発売
七度目の僥倖(2013.02.24)

■2013年No.15 (通巻1624号)2013年3月14日(木)発売
八度目の直撃(2013.03.19)

■2013年No.17 (通巻1626号)2013年3月28日(木)発売
九度目の究極(2013.03.31)

■2013年No.21・22合併特大号 (通巻1630号)2013年4月25日(木)発売
十度目の重症(2013.04.28)

■2013年No.25特大号 (通巻1633号)2013年5月23日(木)発売
11回目のパープルイノベーション(2013.05.25)

■2013年No.29 (通巻1637号)2013年6月20日(木)発売
12回目の掲載で4コマ変化としきぶったー(2013.06.23)

■2013年No.30 (通巻1638号)2013年6月27日(木)発売
13回目の掲載にして、週跨ぎの快挙再び(2013.06.30)

■2013年No.31特大号 (通巻1639号)2013年7月4日(木)発売
14回目の掲載にして、遂に記録更新で「三週連続掲載」!(2013.07.07)

■2013年No.39特大号 (通巻1646号)2013年8月29日(木)発売
15回目の掲載! コンティニューは続く!(2013.09.05)

■2013年No.52特大号 (通巻1659号)2013年11月28日(木)発売
(※ヤンジャン公式サイトのYJヒストリーのページ及び本誌目次ページに、
いつもなら記載されるはずなのに、今回は記載なしです。けしからんです)
16回目の掲載! 放置プレイから遂に復活!(2013.12.01)

■2014年No.2特大号 (通巻1661号)2013年12月12日(木)発売
17回目の掲載! 今回は次号予告で掲載告知!(2013.12.20)

■2014年No.3 (通巻1662号)2013年12月19日(木)発売
18回目の掲載! 今回「も」次号予告で掲載告知!(2013.12.26)

■2014年No.10(通巻1667号)2014年2月6日(木)発売
19回目の掲載! 一足先取りバレンタイン式部!(2014.02.16)

■2014年No.13(通巻1670号)2014年2月27日(木)発売
20回目の掲載! 人間の年輪だったら成人だょ!!(2014.03.08)

□『ミラクルジャンプ』新創刊第1号 2014年4月15日(火)
事前告知なしのミラクルなリターン!(2014.04.16)

■2014年No.20(通巻1677号)2014年4月17日(木)発売
大蒜増々! ページ数は同じ!(2014.05.11)

■2014年No.21・22合併号(通巻1678号)2014年4月24日(木)発売
結婚式前の感想更新! 式部のおかげで身内が嫁入り!(2014.05.11)

□『ミラクルジャンプ』新創刊第2号 2014年5月20日(火)
再びミラクルなリターン! げに重大な犯行声明文掲載!!

フォビドゥン澁川先生の更なるご活躍、『パープル式部』の更なる面白さに期待しています。

これからは毎週アンケートで式部をプッシュできます。式部図書カード欲しいです。

ずっ友だょ!!

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。