日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志村つくねさんの公式ブログが始動!  

私と趣味嗜好が近い一部の音楽ファンや、読者の方には説明不要ですが、
ご存知ない方に向けて、この機会に紹介記事を書こうと思った次第です。

あの文筆家の志村つくねさんが、この度、公式ブログを開設されました。

ご迷惑かと思いつつも、うちから紹介記事&リンクさせて頂こうかなと。
ご本人様から快諾して頂きました。感謝です。リンクさせて頂きました。

志村さんについては、ロックファン、中でも筋肉少女帯ファンに有名で、
あの増田勇一さんがスーパーバイザーを務めていらっしゃるロック雑誌、
「生きざまを伝えるロックマガジン」である『MASSIVE』に執筆された方でもあります。

志村さんは『MASSIVE』Vol.10&11に筋肉少女帯の記事を寄稿されています。

私もそちらの筋肉少女帯の記事で知りました。出逢いとして正に最高の形でした(笑)。
ツイッターのフォロワーさんでも、同じきっかけだったという方が多いのではないかと。

志村さんの筋少記事は、「ちゃんとわかっている」方の「ちゃんとわかっている」文章。
一発で惚れました。これだよ! これなんだよ! こんな記事が読みたかったんだよと。

と言う訳で、メタル、ハードロック、ヴィジュアル系(私は嫌いな呼称ですが)にも精通され、
幅広く聴かれて、ライヴも沢山足を運ばれているようですね。興味がある方は是非チェックを。

『ユリイカ』で、山口昌男特集の「勝手によみがえれ 道化論の展望」も寄稿されております。
音楽のみならず、笑い、演劇、俳句などの分野も造詣が深い方です。唸らされっぱなしですね。

ツイッターの方でも上記の知識が窺えるお言葉、思考の喚起に良いツイートも多く、素敵な方。
自分は洋楽に疎いので、その意味でも良い刺激を受けたりして、お世話になりっぱなしですね。

その志村さんがツイッターの発信のみならず、公言されていた通りにブログを開設されました。
大学院の博論で多忙だったようですが、そちらも終え、新たなるスタートを踏み出されました。
日々の短文のツイートだけでも唸らされているのに、ブログも拝読できるなんて堪らないなと。

簡単な紹介記事ですが、以下にURLを。

※12/9追記。
9日に発表があり、ブログタイトル変更、正式決定とのことで、
この紹介記事につきましても、当然ながらそちらに修正します。

志村つくねさんの公式ブログ『志村つくねの父さん母さんリヴァイアサン』
http://tsukunes.hatenablog.com/

志村つくねさんのツイッター公式アカウントhttps://twitter.com/tsukunes

今後のブログが楽しみなのは勿論のこと、興味がある方はツイッターのフォローも推奨します。
理由は上記の通りです。タイムラインが劇的に愉しく、味わい深くなるはずだと私は思います。



以下、追記という名の蛇足です。

私事ですが、ロックバンドに夢中になった思春期の頃(今もそれが続いていますが)、
学校のクラスでは、みんなが流行の音楽の話題ばかりで、私は辟易とする毎日でした。

私は教室の隅で、独りで、ロック雑誌を夢中になって舐めるように読むキッズでした。
どインディーズの白黒印刷の小汚い音源発売の広告ページに狂喜していた時代であり、
インディーズのデモテープやCDを通販する方法とは『電話』だった時代のことです。

当時の私は、正に筋肉少女帯の『蜘蛛の糸』の歌詞そのもののキッズだったのでした。

大量の音楽雑誌とCDに毎月のアルバイト代を注ぎ込んで夢中になっていた日々でした。
田舎で、ネットもないような時代でしたので、とにかく音楽雑誌が情報源だったのです。

私が好きなロックバンドは誰にも理解されず、化粧が気持ち悪いと言われるだけでした。
私にとって、雑誌とライターさんが理解者であり、情報提供者であり、蜘蛛の糸でした。

当時の私にとって、教室の隅で独りで読むロック雑誌こそが人生の教科書だったのです。

当時から好きなライターさん、個性的なライターさんは多くて私は恵まれていたなと。
中でも、増田勇一さん、市川哲史さん、大島暁美さん、東條雅人さん、長澤智典さん、
荒川れいこさん、早川洋介さんの記事はクレジットを見るまでもなくわかりましたし、
インタビューの進め方や文体などの個性で、いつもニヤリとさせられていたものです。
味のあるライターさんが多い時代で、今思えば、私は本当に贅沢な読者だったなあと。

当時、一番わかりやすかったのは、fuck'n writer 加トちゃん(加藤祐介さん)か(笑)。

志村さんは、上記の方々に続くネクストブレイカーになると私は思っています。
今伝えるべき音楽を、今伝えるべき言葉で、届けてくれる方になるであろうと。

冷やし中華終わりました。これから、おでんの季節です。ブログ始まりました。
ブログでも商業誌の方でも、志村さんの今後のご活躍に期待したいところです。
スポンサーサイト

リンク追加のおしらせ。漫画ファンはレッツゴー!  

と言う訳で、PCのトラブルから遅れに遅れていた作業が、
ようやく完了です(PCの問題解決はもう少し先ですが)。

先生ご本人から快諾して頂いたので、うちからもリンクを。

今回、二件追加させて頂きました。取り急ぎご報告を……。
サイドバーの一覧から探してみて頂けると嬉しく思います。

落ち着いたら、またおいおいご紹介や感想も書きたいです。

支援できるネタは存分にある状況ですし、早く書きたーい!
このタイミングでPCトラブルが本っ当にもどかしいです。
ああんもう、書きたくて書きたくてウズウズしていますー。
一部の『週刊ヤングジャンプ』読者にはお馴染みで、
ツイッターで関連アカウントをあれこれ抑えている方には(つまり私もそうか)、最早説明不要かな。

ギャグ漫画界の期待の超新星・浦田*カズヒロ先生のご紹介です
(※お名前の『』マークは重要なのです。省略、付け忘れは不可。私が認めません)。

浦田先生ご本人から快諾して頂き、
ご厚意によってリンクさせて頂き、
この度ご紹介の運びとなりました。

浦田*カズヒロ先生Official Blog浦田●JAPAN』です。

ちなみに、Twitterアカウントはこちらです。

また、過去の作品集も、読者に読みやすいようにと、纏められております。
このご配慮が実に嬉しいところです。こちらの方も是非ともご覧ください。
pixivへ纏められた作品集は、こちらです。

漫画の感想記事でも、ほぼストーリー漫画のみのこの私がご紹介する、
というところから、どれだけツボな面白さか察して頂ければ幸いです。
ヤンジャン繋がりでアイドル者(ももクロちゃんヲタ)の方だなんて、私が推さずにはいられないじゃないかッ!

ヤンジャン本誌で浦田先生のギャグ漫画が連載される日を願って、
これから力入れて浦田先生を推していきたいと思って紹介記事を。

上記のpixivでの作品集は勿論、
公式ブログにも無料で楽しめる漫画、イラストが盛り沢山ですので、
是非ともご一読くださいませ。笑える作品が多々あるはずですから。

私的には『フェイスブッ君』が特にお気に入りです。

先日も感想記事に挙げた大石浩二先生、昨年の大亜門先生に続き、
次は浦田先生の出番だなと、今からワクワクして待っております。

よっしゃぁ~浦田*カズヒロ先生行くぞぉ~!

藤原亜姫先生、『苺の夢を見て』連載開始  

件名の通り、我らが藤原亜姫先生から嬉しいニュースが届きましたね。

待望の最新作『苺の夢を見て』が、
国内最大手の電子書籍サイト『E☆エブリスタ』にて新連載開始!!
 
藤原先生、NON先生の読者には言わずもがなですが、
藤原先生は、小説版『デリバリーシンデレラ』の著者でもあり、
上記のサイトの『E☆エブリスタプレミアム』にて小説ランキング1位を獲得されたことでも有名ですね。

PC、モバイル共にアクセスができて、無料で読めますので、是非ともご一読を。
無論、私も愛読しています。期待してこの時を待っていたので、喜びも一入です。

先生の公式サイトも、うちからPC版モバイル版共にリンクさせて頂いてます。

本作については、また続報や拝読した感想も、お届けできればと思っております。

まったりな別宅をリンク追加  

飾りじゃないのよブログは~♪ ハッハーン♪

と言う訳で、ここもサボリじゃないのですよ。
ネタがありすぎて、逆に困っているくらいで。
デリシンは勿論、アイドルや特撮などの記事も、
書いてないだけで、インプットはしております。

じゃあ書けよってのは承知してますが(笑)。

今回はリンク追加のおしらせです。

アイドル者、そして特撮者として私なんぞより遥かに知識も造詣も深い方で、
文体や着眼点、そして何よりも卓越した比喩表現が魅力の方がおられまして、
以前にも記事でご紹介しましたが、
リンク追加と共に改めてご紹介を。

るれいさちゅわん(ル・令佐)氏がそのお方です。
先述の通りの魅力溢れる表現力で、アイドル者として尊敬しております。

同じ思春期中高生モジモジマインドでもここまで違うのかと(笑)。
氏の方がずっと大人だしクレバーだといつも痛感してます(苦笑)。

客観的視点、初めての人や知らない人にも読みやすくわかりやすい文章、
それでいて決してドライではなく、必ず臭さがあるのが素晴らしいです。
最近は主にツイッターでお世話になってますが、ここでも唸らされます。

氏のブログが、こちらの『ラブミー東京デラノーチェ since11.1.1』

そして、この度新たに別宅のブログを開設されました。
リンク快諾してくださって、ありがとうございました。

別宅はこちらの『開店休業 俳句結社ヲレ』です。

このネーミングからしてニヤリでしたが、
肝心の中身も実に味わいがあるのですね。

本館のどっぷり感に対して、
こちらのまったり感も秀逸。

オーケン作品で言うと、
『スケキヨ』『アオヌマシズマ』(ソロプロジェクト『UNDER GROUND SEARCHLIE』名義)と、
『プライベート・アンプラグド』の違い。

筋肉少女帯のアルバムで言うと、
『キラキラと輝くもの』における『機械』と『冬の風鈴』の落差であり、
『最後の聖戦』で言えば『境目のない世界』と『哀愁のこたつみかん』。

そういうことだと、私は思うのです。
つまり、当然ながら本質は同じ人で。

ナンノで言うと、
『悲しみモニュメント』と『夏のおバカさん』か。

東京パフォーマンスドールで言うと、
『JUST LIKE MAGIC』(ゴルビーズ)『CATCH!!』『ダイヤモンドは傷つかない』
この辺りの直球&王道のイントロから高まる強さが本館だとしたら、
『ひらき直りの芸のうち』(ViVA!)辺りの遊び心かなと思ったり。

段々自分でもズレてきているように思いますが(笑)。
そういう印象ですね(シリアスか否かの話ではない)。

こういう時、ご本人なら適切な比喩を出されるのだろうなと思ったりもする訳です。
新設された意味も読んでみれば納得だと思いますので、是非二つともご覧ください。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。