日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一つ前の日記に書いたことに加え、こちらの待機中です。

と言う訳で、ツイッターのリプライや記事の更新が遅れます。

ラジオ好きの私にとって、『オールナイトニッポン』は当然聴いてきた番組です。
ナイナイは安定感抜群で、本当に長く続いてくれただけに、終わるのは淋しいですね。

私が最もよく聴いていた時代から、ナイナイはずっと継続ですからね。
ましゃ(福山雅治さん)、
イエモンのロビン、
石川よしひろさん、
松村邦洋さん、
ウッチャンナンチャン、
JUDY AND MARYのYUKIちゃん、
ユーミン。
あの時代を思い返して、しみじみとしたり。

もっちん(本谷有希子さん)に続いて、最も熱心に聴いてきた曜日だったかも。

今日の最終回だけはリアルタイムを逃す訳にはいきませんね。
スポンサーサイト

JFN『face』吉木由美さんの最終回。心から感謝。  

漫画の感想など、直接関係のない記事で触れてきたことはありましたけれど、
ここは一つ、ちゃんと書いておきたいと思いました。

JFNのラジオ番組『face』は2013年の4月からスタートしました。
放送開始以来、私は今まで欠かさず聴いています。
元々、前番組の『flowers』も聴き続けていたので、そのままシフトした形でした。

『flowres』の松本英子さん、Chigusaさんのトークが大好きで、
いつも楽しく聴いていただけに、最終回は淋しかったのも本音です。
最終週の火曜にはChigusaさんの前任パーソナリティーの真木ひろかさんがスタジオに、
そして、グランドフィナーレとなる木曜にはCHIHIROさんも出演されました
(CHIHIROさんは主題歌ご提供のみならず、番組のサウンドクリエイターもご担当)。

正に大団円の最終週、最終回であっただけに、次番組はどうなるのかなと。
どんな番組で、どんな方が担当されるのかなと、正直期待も不安も淋しさも同居していました。

■『face』放送開始

『flowers』は、松本英子さんが月曜・火曜、Chigusaさんが水曜・木曜ご担当でした。
『face』は、それぞれの曜日につき、お一人ずつ。つまり、日替わりでした。

なるほど、そういう形式なんだなあと思いながら、引き続き聴きました。

中でも、水曜の吉木由美さんの美声とトークが、私的には最もしっくり来ました。
「水曜日が一番好きだなあ」と最初の週で感じました。

もう言葉にできないときめき、そして癒されるこの感覚。

ラジオで番組名が『face』というのも逆説的で実に素敵だと感じました。

「あなたのfaceを笑顔にしたい」というコンセプトの元、番組は始まりました。

結論から申し上げます。

ゆみりんが最高。

ゆみりん(吉木由美さん)のおかげで、毎週水曜のお昼は最高に癒されました。
この一年半、一度足りとも欠かさず聴き続け、本当に楽しい時間でした。

ゆみりんに心から感謝しています。

ちなみに、「ゆみりん」というニックネームは番組内でも使われていて、
私が好んで使うのも理由があり、ちゃんとしたオフィシャルですからね(笑)。
二つ理由があります。リスナーの方には言わずもがなですね。

JFNをメインに、仕事中は運転しながらラジオを聴くことが多いです。
中でも、水曜はゆみりんface専用ルートということで、長距離のスケジュールを組んでます。
邪魔を排除して、一秒でも長く、気兼ねなくじっくり聴けるように、毎週対策は万全です(笑)。

ついでに申し上げますと、水曜は更にゆみりん用スケジュールを徹底。
途中でTSUTAYAに寄る→
ここで休憩時間にする→
ゆみりんがご担当の店内放送『WAVE C3』のシャワーを浴びる→
faceまでパワーチャージでスタンバイ

そういう流れがいつからかお約束に。

本当、ゆみりんのfaceは最高の番組でした。
コンセプト通り、ゆみりんの美声と楽しいトークのおかげです。
あの時間は本当に笑顔になれたし、心が洗われました。
自分が健やかな心になれていることを実感できる喜びがあります。

リスナーに寄りそうように、それでいて自然体のトークで、
時に笑いあり、下ネタあり(笑)で、本当に欠かせない番組でした。

水曜ゆみりんfaceほど癒された番組は他にありませんでした。
もう、ゆみりんほど自分にフィットするパーソナリティーの方には巡り逢えないと思ってます。

正直、淋しさもありますが、敢えてそれを強調したり連呼したりはしません。
それは、ゆみりんも望んでないはずですから。

最後の最後まで明るく楽しく、素敵な時間を与えてくれたゆみりんに対して、
そんな言葉を送り付けて締めるのは失礼というものです。

ゆみりんのおかげで笑顔になれたのですから、やはり最後も笑顔で応えたいのです。

ゆみりんには、ただただ感謝です。本当にありがとうございます。

ますますのご活躍を願ってます。
と言う訳で、久々にお酒解禁してみました。晩酌しながら書きました。

ゆみりん、またラジオに戻ってきてね。待っとるけんねー♪

JFN『Oh! Happy Morning』ささかまコンビのスタート!  

月曜から金曜まで、毎朝楽しく聴いているラジオ番組です。
先日も記事を描いた通り、今日から新たなコンビ誕生です。

四月から九月いっぱいまでは蒲田健さんと井口玲音ちゃん、
お二人によるガマグチコンビで、楽しく聴いておりました。

九月で井口玲音ちゃんが番組卒業ということで記事も書き
今日からは、佐々木麻衣ちゃんがアシスタントとして加入。

ささかまコンビ初回の感想としては、とても良かったです。
全く問題なく楽しめましたし、私的には大満足と言えます。
朝のラジオ番組だと、特に爽やかなトーンが大切でしょう。
それについても問題なく、清々しい気持ちになれましたね。

無論、ガマグチコンビの楽しい時間は決して忘れませんし、
その上で、これからも期待して楽しく過ごしたいところで、
今後も変わらず、ハピモニはどの曜日も欠かさず聴きます。

『Oh! Happy Morning』→『ONCE』→『デイリーフライヤー』→
→『face』(金曜は『FRIDAY GOES ON』)

というのが、平日の私のお決まりコースで、黄金体験です。

JFN『Oh! Happy Morning』井口玲音ちゃん卒業式  

今年の三月いっぱいで、森一丁さん&なごみちゃん(中込真理子さん)コンビが卒業で、
そして四月からは、水曜と木曜は蒲田健さんと井口玲音ちゃんのガマグチコンビで開始。

正直、大好きだった『flowers』が三月で最終回を迎えたこともあり、
改変期である四月当初の自分には、まだ戸惑いがあったのも本音でしたね。
しかし、ガマグチコンビは初回からしっくり来て、これなら愉しめるなと。
以来、初回から今まで欠かさず聴いてきました。このお二人も良いなあと。

ところが、玲音ちゃんが九月いっぱいで卒業とのことで、愕然としました。

それでも、ご本人にとって意義のある前向きな決断だった訳なのですから、
ここで悲観するの筋違いで失礼な話です。前向きに送り出すべきなのです。

と言う訳で、ツイッターの方でも呟いてみようかなと思っていたのでした。

番組公式アカウントや、そちらからのリツイートなどを確認しながら拝聴。

そこで素敵なハッシュタグを見つけました。これは使わない手はないぞと。

#井口玲音卒業式

ツイッターのタイムラインもリアルタイムで凄まじい盛り上がりを魅せて、
ハッシュタグの楽しさがようやくわかった気がしました。凄かったなあー。

そして、番組放送終了後のお昼頃に、更に驚かされることになったのです。

リスナーの方が、一連のツイートを纏め上げられたとのことで、ビックリ!

なんと粋な計らい!

基本的にまとめサイトやまとめブログは嫌いなのですが、これは例外です。
リスナーが同じ想いの元に発した言葉が一つに集約されるのは、別物です。
なるほど、こういうツイートまとめなら健全で有意義だと感動しましたね。

『Togetter』の方に纏められていました。私もいました(笑)。

纏め作業をされた方にお礼を申し上げておき、仕事に戻ったのですが……。

なんと、玲音ちゃんご本人がご覧になったそうで、玲音ちゃんから返信が!

その夜は、夢にも思わなかった事態に驚きました。なんというハッピー!!



玲音ちゃんのおかげでハッピーな朝を過ごせていました。
卒業されても、ガマグチコンビの五ヶ月間は忘れません。

玲音ちゃんに感謝しています。どうかハッピーな一日を。

今後のご活躍、玲音ちゃんのお芝居なども期待してます。

JFN『flowers』に心から感謝。  

先日書いた松本英子さんの最終日である火曜に続き、
遂に番組の最終回である木曜を迎えることになって、
今までのことが思い返されて、特別な気持ちでした。

いつもそうですが、特に今日この日は絶対に聴き逃せないと、
月末進行でハードですが、今日この日の為に時間を確保して、
仕事の進行から時間調整、休憩の段取りまで完璧に計算通り。

正に準備万端で、待ち構えることができたことは僥倖でした。

最終日前日となる水曜の企画、リスナーに直接感謝の言葉を、
という想いから、リスナーと電話で話したコーナーに続いて、
いよいよ最終日となる木曜には、お馴染みのツイッター企画、
更にはChigusaさんのお気に入り楽曲もたっぷり目に流れて、
Chigusaさんのラジオが大好きな自分には堪らない時間です。
Chigusaさんも楽曲が流れる中で歌っておられたようですが、
自分もChigusaさんと同じく、全曲一緒に歌っておりました。

そう、ハピモニもそうですが、こちらも明るく前向きな想い。
それこそ、素敵な笑顔の花を届けるこの番組だねと痛感です。

水曜と木曜は、特に一分一秒でも聴ける時間を確保する為に、
仕事の段取りもあれこれと試行錯誤して、その手法を確立し、
それも今となっては、本当に良い想い出の一つになりました。

そして、番組自体の最後のフラワーゲストとなる御方は……。

やっぱり来てくださって感激! あの松本英子さんがご登場!

そして、番組主題歌のみならずサウンドクリエイターであり、
番組から生まれたスペシャルユニットにもご参加のあの御方!

CHIHIROさんまで駆けつけてくださって感激!

火曜の松本さんの時から期待はしていましたが、
ここで集結とは、もう嬉しくて涙が流れました。

火曜のスタジオのブースの外には、CHIHIROさんと、真木ひろかさんがいらして、
これはCHIHIROさんが最終日のゲストかと期待したリスナーも多かったはずです。

このお二人が来てくださったら、あの名曲中の名曲は欠かせないところでしょう!

スペシャルユニット〝flowers〟の名曲『もっともっと〜Pray for flowers〜』が!

火曜の時もそうでしたが、やはり泣いてしまいましたね。
そして一緒にラジオの前で歌いました。本当に名曲です。

もう涙で仕事にならないじゃないかと(苦笑)。

でも、後ろ向きな涙ではなく、
勿論、感動と感謝の涙ですよ。

そして、心が浄化される感覚。



今日も帰宅してから、勿論CHIHIROさんのベストアルバム『BEST 2007-2013』を聴いてます。

そして、『もっともっと〜Pray for flowers〜』も聴き返してます。

ハピモニもそうですが、お昼の時間帯に欠かせない、
本当に堪らなく好きな、最高のラジオ番組でしたね。

松本さんの爽やかでありながらも、凜とした強さとあたたかいトークが大好きだった月曜と火曜。

Chigusaさんの元気いっぱい天真爛漫でノリノリなトークが大好きだった水曜と木曜に感謝です。

そして、すっかり各種ジングルの順番も心身に沁み入り、口ずさみ堪能したCHIHIROさんのサウンド。

そして最高の主題歌。

自分にとって、本当に大切な時間、大切なラジオ番組でした。
ここまで好きになれた番組に、果たしてこの先出逢えるのか、
そんなことさえ想ってしまうくらい、とにかく大好きでした。

音楽の花。話題の花。そんな素敵な花を全国に届けて咲かせようというコンセプト、
そして、今までずっとそれを貫いてきたこの番組は、本当に素晴らしいと思います。

パーソナリティーのお二人と、前任の真木ひろかさん、CHIHIROさん、そしてスタッフの皆様。

そして、楽しいメッセージで番組を盛り上げてくださった全国のフラワーズリスナーの皆様に、

心から感謝です。言葉では言い表せない感謝の気持ちでいっぱいです。

『flowers』の『s』は我々リスナーも含めた全国の花。

何も大仰なニュース、大きな話題ではなくとも、
日常に寄り添った話題や、ささやかな幸せなど、
ちょっぴり微笑むことができるあたたかさなど、
ともすれば見落としがち、見失いがちな喜びを、
この番組では、ずっとずっと届けてくれました。

それは、日常に寄り添ったみんなの幸せであり、
街中や足元にひっそりと咲く喜びの集まりです。

正に、日常の中で見かける『花』そのものです。

その『花』は、これからも咲き誇るのでしょう。



その声から、みんなに。

その手から、この手に。

ヒトリから、フタリに。

花咲く笑顔、咲き誇れ。

みんなの心には花束を。
みんなの街には花園を。

We are flowers.

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。